スキップ
ローソファーベッドのおすすめランキング!選び方も

ローソファーベッドのおすすめランキング!選び方も

ソファーとベッドのどちらも置きたいという願いを1台で叶えてくれるソファーベッド。しかし、サイズが大きいので部屋に圧迫感が生まれるのが心配ですよね。そこでおすすめなのが、ローソファーベッド。座面が低く、狭い部屋でも広々とした印象になりますよ。今回はおすすめのローソファーベッドをランキング形式で紹介します。使いやすさを考えた選び方についてもお話ししているので、是非参考にして自分のライフスタイルに合ったものを選んでくださいね。

ローソファーベッドの魅力とは?

お部屋に開放感を与える

空間を広くするローソファ
ローソファーベッドとは、座面が低いソファーベッドのこと。通常のソファーベッドに比べて床に近い位置に座ります。立って部屋を見回した時に、ソファーベッドが視界に入りにくいため、部屋に開放感を与えられます。空間が広く見えるので、よりリラックスして部屋で過ごせますよ。

他の家具と合わせやすい

他の家具に合わせやすいローソファ
ローソファーベッドは床に近いという特徴から、インテリアと合わせやすいのが魅力です。こたつや畳との相性も良く、和テイストの部屋にもぴったりですよ。もちろん、北欧テイストやナチュラルな雰囲気の部屋とも相性が良いです。種類が豊富にあるので、自分の部屋に合った雰囲気のものを選んでみてくださいね。

スペースを有効活用できる

スペースが有効活用できるローソファ
ソファーとベッドの両方を置くと部屋が狭くなりますが、ローソファーベッドならその悩みを解消できます。ソファーとベッドの2つの役割を果たすので、省スペースに収まります。1Rなどの一人暮らし向けの狭い部屋でも、広々使えますよ。空いたスペースを有効活用して、棚やテレビ台といった他の家具を置けますね。

来客用ベッドとして使える

来客時はベッドとしても使用可能
友達や親などが頻繁に部屋に遊びにくる場合、困るのが布団です。来客用の布団を収納する場所がない人におすすめ。ローソファーベッドなら、すぐにソファーからベッドに変形できるので、便利ですよ。既にベッドを持っている人が2台目として購入するのも良いですね。

ローソファーベッドの種類

2WAYタイプ

スタンダードな形で種類が豊富

2WAYタイプは、1台でソファーとベッドの2役を果たすローソファーベッド。スタンダードなタイプなので、他のものに比べてデザインが豊富にあります。3WAYほどには多くないものの、脚付きタイプもありますよ。デザインを重視して、部屋のインテリアに合わせて選びたい人におすすめですね。

また、1段階しか変形が出来ない分、簡単に形を切り替えできるのがメリット。手間が少ないので、毎日切り替えて使いたい人にぴったり。2WAYタイプのものは背もたれ部分を倒すタイプが多いため、ソファにした時に幅広のものが多いです。ソファをメインとして使いたい場合には、生活動線を塞がないように配置しましょう。

3WAYタイプ

リラックス効果が高く使い勝手も良い

ソファーとベッド以外に、カウチや枕付きベッドとして使うことができます。多段階で形状を変えられるので、その時の気分に合わせてリラックスしやすい体勢で過ごせます。2WAYタイプのものと比べると、脚を伸ばして寛ぐことができるので、昼寝もしやすいですね。

また、3WAYタイプは布製が多く快適さがプラスされるので、お家時間を充実させたい人におすすめです。一方、変形数が多い分、ベッドとして広げる時には、切り替える手間が多くなります。そこで、平日はベッドとソファの切り替えのみにし、休日には多段階で利用するなど、変形時の負担が掛からないように使うと良いでしょう。

4WAYタイプ

折りたたみのマットレスとして使える

4way臨機応変に用途が変えられソファマットレス
ローソファーベッドの中では最も変形数が多いです。ソファとして使いたい時には、コンパクトなソファとカウチソファの2種類。普段のティータイムを楽しむならコンパクトなソファとして、映画や読書などを楽しむ時にはカウチソファとして使うと良いでしょう。

就寝時には、枕付きのマットレスとして使えます。枕を収納するスペースがない人には嬉しいですね。ベッドではなくマットレスなので、厚みのあるウレタン素材のものが多いです。角張った感じとボリューム感があり、デザインの幅が狭いのがネック。デザインよりも使い方の多様さを重視する人におすすめですよ。

ローソファーベッドの選び方

ベッドにした時のサイズで選ぶ

長さは身長よりも15cm以上が目安

ベッドとして使うには、自分の身体が収まるサイズか確認する必要があります。快適に眠るには、自分の身長×1.05+15cmが基準とされています。基準に合ったものを選べば、枕を少し足元側にずらして置いたり、寝ている間に動いたりしても、身体がベッドからはみ出ません。この基準はあくまで快適に眠るための数値です。そのため、自分の身長よりも15cm以上のものを選べば、最低限の寝心地は確保できるでしょう。

幅はシングルやダブルなどの規定サイズ以上

マットレスのサイズの選び方
寝返り時にベッドから落ちて床に出ないようにするためには、幅も確認しましょう。布団やベッドと同様、シングルやダブルなどの規定サイズを参考にすると良いですよ。一人用として使うなら、シングルサイズの97cm以上。一人でもゆったりと寝たいなら、セミダブルサイズの120cmがおすすめです。二人用として使うならダブルの140cm以上ですね。しかし、大きなサイズを選ぶとたくさんのスペースが必要。寝やすさと部屋の広さとのバランスを考えて、サイズ選びをしてくださいね。

張り地で選ぶ

ベッドをメインに使うなら通気性が良い布(ファブリック)

通気性が良いファブリック生地
人は寝ている間に、約350mlの汗をかくと言われています。その汗がこもると不快感が生まれ、ゆっくりと寝られません。布製なら、汗が乾きやすく蒸れの心配が少ないので、快適に寝られます。ベッドをメインとして使いたい人や寝心地の良さを重視したい人におすすめ。しかし、布は合皮に比べると、汚れた時の掃除が面倒な点がデメリット。カバーリング仕様のものを選ぶと、汚れた時に洗いやすく清潔に保てますよ。

ソファをメインに使うなら掃除が楽な合皮(レザー)

手入れが簡単な合皮(レザー)
ソファをメインに使う場合には、ソファ周りで飲食をすることが多いでしょう。合皮は表面がつるつるとしていて、汚れが付いても拭くだけ。お手入れが楽なので、掃除が苦手な人や普段忙しい人にぴったりです。しかし、通気性が悪く、汗で蒸れて寝心地が悪くなるというデメリットがあります。そのため、ベッドとして使いたい時には、敷きパッドを使って蒸れ感を軽減させると良いですね。

内部構造で選ぶ

へたりにくく長く使える高反発ウレタン


長く使える高反発ウレタン
ローソファーベッドは、部屋の雰囲気を左右する大きな家具です。何度も買い換えるのは面倒ですよね。長く使いたいなら、1立方平方メートル当たり23kg以上の密度を持つ高反発ウレタンがおすすめ。優良ウレタンフォームと位置付けされているウレタンで、へたりにくく長く使えますよ。身体全体を支えてくれるのも特徴の1つで、腰が沈んで傷める心配がありません。合わせて、Sバネが使われていればさらにおすすめです。ウレタンのみと比べると、耐久性が高まりますよ。

柔らかく心地がよい低反発ウレタン

柔らかく心地がよい低反発ウレタン
包み込まれているような感覚が好きな場合には、低反発ウレタンがおすすめ。高反発ウレタンと比べると柔らかく、ゆっくりと身体が沈み込みます。座って休憩したい時に、よりリラックスして過ごせますよ。低反発ウレタンは比較的安価なものが多いので、買いやすい点も特徴の1つ。その分、弾力を失いやすくへたりやすいというデメリットがあります。少しでも長く使うためには、ウレタンが厚いものを選びましょう。マットレスの主流が厚さ10cmなので、10cm以上を目安にすると良いですね。厚ければ厚い程、へたった時の床に身体が付く感覚が少なくなりますよ。

おすすめ&人気のローソファーベッドランキング

座り心地でおすすめのローソファーベッド

タンスのゲン-14段階リクライニング3wayソファーベッド (12,800円)

3WAYタイプなので、就寝時以外にも様々なシーンで活用できる便利さが魅力です。普段はソファスタイルで使用。よりリラックスタイムを楽しみたい時には、カウチスタイルに変形して脚を伸ばしてくつろげます。座面を折りたたむことですぐに変形できるので、手間がありませんね。

背もたれは、14段階のリクライニング機能付きのハイバッグ仕様。好みの角度にして、身体を預けることができるので、自分の好きな体勢で過ごせます。ハイバックならではの身体を支えてくれる感覚も加わり、高いリラックス効果がありますね。家で過ごす時間が多く、ソファとしての座り心地を重視したい人におすすめです。

→商品詳細へ

おしゃれでおすすめのローソファーベッド

タンスのゲン-3way2人掛けコーデュロイソファーベッド (11,800円)

ボリューム感があるコーデュロイ生地のソファーベッドです。存在感があり、部屋のワンポイントになりますね。コーデュロイ生地が部屋を一気におしゃれにしてくれますよ。3色展開なので、ナチュラルな部屋やメンズライクな部屋など、部屋の雰囲気に合わせて選べるのも良いですね。

ベッドやカウチとして使う時には、座面が10cmと厚めです。床に付いている感覚が少なく、寝やすいですよ。ソファーとして使う時は厚さが倍の20cmになり、ふっくらとした厚みが身体を包み込んでくれます。厚みがあっても、ローテーブルやこたつと合わせやすい高さなので、使い勝手が良いですね。

→商品詳細へ

寝心地でおすすめのローソファーベッド

タンスのゲン-2wayソファーベッド (18,800円)

ファブリック生地を使っている幅広のローソファーベッド。通気性に優れていて、夏でも汗で蒸れずに快適に寝られます。幅が114cmとシングルサイズ以上の大きさなので、一人用として使うなら寝返りを打っても大丈夫。寝心地の良さを重視したい人におすすめです。

基本的にはソファーとベッドの2WAYですが、ソファーの一部を切り離して使えるのが便利。切り離した部分はオットマンにできるので、脚を乗せて浮腫みを予防しながら寛げます。普段歩くことが多い人や脚が疲れやすい人も、身体をゆっくりと休められますね。

→商品詳細へ

まとめ

用途に適したローソファーベッドがおすすめ

ローソファーベッドがおすすめ
ローソファーベッドはソファとベッドのどちらをメインに使うかを考えて、座面の厚さや生地を選ぶと良いですね。ベッドとしての使用頻度が高い人は、実際に寝転がったときのサイズ感もしっかりチェックしておきましょう。今回は、おすすめのローソファーベッドを紹介しました。自分に合ったローソファーベッドを手に入れて、空間を有効活用しつつ、お家時間を充実させてくださいね。

前の記事 カウチソファのおすすめランキング!北欧風も
次の記事 ソファーのおすすめランキング!一人暮らしにも