スキップ
床で使える“コイルマットレス”を発売(リコイルマットレス)

床で使える“コイルマットレス”を発売(リコイルマットレス)

床への直置きに向かないと言われるコイルマットレスが進化!「タンスのゲン」より床で使える“コイルマットレス”を発売開始

湿気で内部のコイルが錆びやすく、マットレス自体の重量で手入れも難しいコイルマットレスを床敷仕様に!床に置いて使用できる『Re:Coil mattress(リコイルマットレス)』を発売開始

タンスのゲンは、床置きに適した、三つ折りコイルマットレス『Re:Coil mattress(リコイルマットレス)』を発売開始しました。お部屋にベッドが置けない方も、スペースを気にせずにコイルマットレスで快適に眠ることができます。

本製品は
・三つ折り ボンネルコイルマットレス
・三つ折り ポケットコイルマットレス
・三つ折り 高密度ポケットコイルマットレス
3種類の取り扱いとなり、各種〈シングル〉〈セミダブル〉〈ダブル〉のサイズ展開となります。
製品については以下になります。

◇マットレスを床に置いて使うメリット

マットレスを床に置いて使うことにはいくつかのメリットがあります。
まず、ベッドに置いて使用する場合と比べ設置スペースを取らず、高さも抑えられるためお部屋を広く感じられることです。また、ベッドフレームの費用を抑えることもできるので、初めての一人暮らしの方や快適な睡眠を追求しながら限られたスペースを有効活用したいという方におすすめの使用方法です。
その他にもお子様やペットの落下防止策として床に置いて使用することもございます。

◇床で使いづらいコイルマットレスを再開発した
“Re:Coil mattress(リコイルマットレス)”

マットレスの床置きにはデメリットもあります。
床にマットレスを置くと湿気の逃げ場がなくなり、床材とマットレスにカビが発生しやすくなります。こまめに立てかけるなど湿気対策をする必要がありますが、コイルマットレスのように分厚く重量もある物は取り扱いが難しく、そういったメンテナンス作業が面倒になりやすいため床での使用には向いていません。また、コイルマットレスに使われるコイルは金属製のため湿気でさびてしまい劣化の原因にもなります。

(↑一般的なコイルマットレスを床置きすると見た目に違和感が。)

タンスのゲンはこういった床で使いづらいコイルマットレスの常識を打ち壊し、床でも快適に眠れる「Re:Coil mattress(リコイルマットレス)」を新たに開発しました。商品の特徴が以下になります。

■コンパクトで取り扱いやすい厚さ10cmの三つ折りタイプ

従来のコイルマットレスは折りたたみできるものが少なく、女性の方や高齢の方は持ち上げて移動することが困難でした。本製品は新技術“Re:coilパック製法”により、コイルマットレスを3分割にして着脱カバーを使用することで三つ折りタイプとなりました。コンパクトに折りたたむことができるので、使わないときは折りたたんでデッドスペースに収納することもできます。また、厚さ10cmとコイルマットレスの中でも薄型となっており、重量もどのタイプもシングルサイズで10kg台なので女性でも持ち運びができるほどの軽さ、コンパクトさになっています。

■床に置いても自然な見た目の洗えるカバー

一般的なコイルマットレスはその凸凹とした見た目のため、床に置くと違和感がありましたが、本製品は床に置いても違和感のない敷布団のようなデザインになっております。
また、カバーは2種類からお選びいただくことができ、優しく温かみのある肌触りの〈パイル生地〉と通気性抜群の〈メッシュ生地〉がございます。どちらも取り外して洗濯することができるので、床置きの際に埃が気になる方も安心してご使用いただくことができます。

◇販売情報

各種マットレスはタンスのゲン本店にて取り扱っております。
価格や納期などの詳細は下記製品情報・商品ページをご参照ください。

◇製品情報

※商品ページURLはシングルサイズのみ記載しております。その他のサイズは販売ページ内からご参照ください。

■“Re:Coil mattress” 三つ折りボンネルコイルタイプ

ひとつひとつのコイルを連結させることで、一つの土台となっているボンネルコイルタイプのマットレスです。300個のコイル(シングルサイズ)が面となって体を受け止めるため緩やかに沈み込むようなしっかりとした硬めの寝心地です。
また、通気性にも優れており、湿気が気になる床置きにピッタリなタイプです。

【販売ページ】
https://www.tansu-gen.jp/products/77500009

■“Re:Coil mattress” 三つ折りポケットコイルタイプ

コイルひとつひとつを不織布の小さな袋に入れてマットレスに敷き詰めたポケットコイルタイプのマットレスです。コイルが独立して体を点で支えるため耐圧分散性に優れ、理想の根姿勢とされる背骨のS字カーブをキープします。
ボンネルコイルタイプと比べ柔らかめの寝心地となっており、独立して動くコイルが身体にフィットして包み込まれるような寝心地を実現します。

【販売ページ】
https://www.tansu-gen.jp/products/77500012

■“Re:Coil mattress” 三つ折り高密度ポケットコイルタイプ

一般的なポケットコイルマットレスのコイル数はシングルサイズで、400~650程ですが、こちらの高密度タイプにはシングルサイズで1224個ものコイルを使用しております。コイル数が多くなることで荷重がそれぞれの点に分散し、寝るときにかかる負担も軽減され、より快適な寝心地となります。
三つ折りで厚さ10cmとコンパクトなサイズ感ながらも、抜群の寝心地を実現しています。

【販売ページ】
https://www.tansu-gen.jp/products/77500015

前の記事 人気とろりん生地シリーズの着る毛布を発売