スキップ
棚板が柔軟に調整可能なキッズラックが登場

棚板が柔軟に調整可能なキッズラックが登場

棚板の角度・高さが調整可能なキッズラック登場「現役ママが考えたシリーズ」で子供部屋をすっきり

タンスのゲンより「現役ママが考えたシリーズ」の新作キッズラックが発売開始!おもちゃや本など散らばるモノを、らくらくお片付け

家具・EC事業を展開するタンスのゲン株式会社(以下、タンスのゲン、本社:福岡県大川市、代表取締役:橋爪福寿)は、安心・安全な子育て家具シリーズの「現役ママが考えたシリーズ」より、棚板の角度や高さが調節可能な新作キッズラックを発売したことをお知らせいたします。
(本店商品ページ:https://bit.ly/3Qr8wpB

◇「現役ママが考えたシリーズ」とは

タンスのゲンで実際に働く現役ママたちが子育てをしている中での悩み、不安を解消する為にママ目線で子供用の家具を企画しているシリーズです。同シリーズでは、これまで「ジャングルジム」「ランドセルラック」「二段ベッド」等、様々な家具を企画開発しています。

◇棚板の角度を水平と斜めに調節可能

一般的にキッズラックの棚板は、水平、もしくは斜めに固定されています。
本製品の棚板は水平/斜めの2段階の調節ができます。棚板を斜めにすると入れ物の中身が見やすくなり、おもちゃなどの散らばりやすいものも、棚の収納ボックスに入れやすくなるメリットがあります。収納のしやすさは、幼少期のお片付けの習慣をつけるのに適しています。また本などの収納には、棚板を水平することで対応できます。
棚板の角度はボタンを押すだけで調節することが出来て、一度ネジを外して付け替えるという手間がないので手軽に調節できるのも魅力の一つです。

◇棚板の高さは11段階の調節が可能

最上段以外の棚板は6.5cm間隔で高さを調節することが可能で、合計11段階の調節が可能です。
収納したいものに合わせて高さを変えることができることはもちろん、お子様の成長に合わせて、使いやすい高さに調節することができます。更に、ワイドタイプは幅100cm、4段に分かれているので、収納ボックスを設置して、たくさんのおもちゃを収納することができます。

◇現役ママならではの安心設計

棚板の耐荷重は1段あたり約20kgと、安心して収納することができます。背面にはクロスワイヤーを設置することでラック全体のグラつきを防止しています。またワイドタイプは裏面にがたつき防止のアジャスタを取り付けているので、より安心してご使用いただける設計になっています。さらに、ラックの全ての角を丸くすることにより、角にぶつかっての怪我などが発生しづらく、安心してお子様に使用させることができます。

◇スリムな幅80cmも

ワイドタイプ幅100cmと同仕様の幅80cmも販売しております。幅80cmなので省スペースで設置することができます。
(本店商品ページ:https://bit.ly/3oJbSIx
※幅80cmにはアジャスタが付属しておりません。

◇販売情報

ワイドタイプ幅100cm、幅80cmともにナチュラル色とホワイトウォッシュ色の2色展開となっております。
どちらのサイズも2色ともに8月中旬入荷予定となりますので入荷次第発送いたします。

◇商品ページ

【現役ママが考えたキッズラック ワイド 100cm】
https://bit.ly/3Qr8wpB

【現役ママが考えたキッズラック 幅80
https://bit.ly/3oJbSIx

前の記事 『3WAY車中泊マット』を発売
次の記事 釣りよかでしょう。コラボ製品第2弾を発売