スキップ
収納付きベッドのおすすめランキング!跳ね上げタイプも

収納付きベッドのおすすめランキング!跳ね上げタイプも

収納ベッドは、大きな荷物もベッドの下に入れられるため、1人暮らしや部屋に収納が足りない方におすすめです。しかし、収納したい荷物の量によりベッドの大きさが変わる、普段使いするかどうかで収納の仕方が変わるため、選び方や種類を知っておきましょう。今回の記事では、収納ベッドをランキング形式でご紹介します。是非参考にして、お部屋の空間を有効活用してくださいね。

収納付きベッドの魅力とは?

デッドスペースになりがちなベッド下を有効活用できる

収納ベッドは、普段は使用しないベッド下の空間を収納として活用できます。そのため、部屋に置く収納用の家具を減らせて、お部屋を広く使えます。また、湿気が気になる場合は、除湿シートやすのこを使用すると良いでしょう。

省スペースなので狭い部屋でも大容量の収納場所を確保できる


収納ベッドは普段使う物と、大きい荷物を分けてしまえるためとても便利です。旅行カバンや季節的な物など、年を通して数回しか使用しない物もベッドの下にしまえれば場所を気にせず置けますね。また、取り出しやすさも考慮して購入しましょう。

収納付きベッドの種類

引き出し式

出し入れが簡単なため洋服などの日用品の収納にぴったり

引き出しが付いている収納ベッドは、引き出しを付ける方向を左右で選べるようになっています。そのため、お部屋の空間に合わせて手軽に組み替えられますよ。荷物を入れると重くなる引き出しですが、キャスター付きやスライドレール付きで出し入れがスムーズに行えます。

引き出し収納はベッドの縦半分を占めており、残り半分に大きな物が収納できます。そのため、残りの部分を使えばかさばる冬物やスポーツ用品もすっぽり入れておけますよ。引き出し収納部分は、出し入れしやすくなっているため普段使いする洋服やタオルを収納するのに向いています。

跳ね上げ式

大容量なのでスポーツ用品やスーツケースをすっぽり収納できる

跳ね上げ式の収納ベッドは、収納を開ける時にマットレスごと上げて開けるため、引き出しが出るスペースを考えずに済む事が利点です、ベッドの横にサイドテーブルを置きたい方や2つ並べて置きたい方におすすめのベッドですよ。跳ね上げ方には、横方向に上げる形や足元から上げるタイプの2通りあります。

ベッド下が全て収納として使用できるため、スーツケースなど大きな物の収納が可能です。年を通しても数回しか使用しない物が省スペースで収納できるのが嬉しいですね。跳ね上げ式のベッドは開ける時に、多くの商品がガスの圧力を利用しているため女性でも軽々持ち上げられます。

フタ式

収納スペースが広くコスパも良いのでワンルームにぴったり

フタ式の収納ベッドは床板下にフタがしてあるという、跳ね上げ式を簡略化した作りになります。仕組みも簡単にできているため、1人で組み立てられますよ。また、フタ式も跳ね上げ式と同様にベッド周辺の空間を気にせず使用できるため、デッドスペースを有効に使いたい方におすすめの収納ベッドです。

ベッド下が全て収納になっているため、跳ね上げ式と同じく大容量です。収納スペースは区切られていないので、収納ボックスを使って衣替えの洋服を入れたり、ゴルフバッグを入れたりすることができますよ。自分の好きなようにカスタマイズできるのが特徴です。

収納付きベッドの選び方

ベッドの高さで選ぶ

床から35cm以上の高さなら収納スペースを広く確保できる

ベッドの高さが高くなるほど、収納する量が増えます。部屋に家具を置くスペースのない方や、小さい子どもがいて余計な荷物を出しておきたくない方は、ベッドの下へ省スペースに収められて便利ですね。また、35cm以上の高さになると、2Ⅼの水が立てて収納可能ですから備蓄にもいいですね。冬用の布団や扇風機なども入れられます。

床から26cm以下の高さなら腰かけた時の足つきが良い

収納ベッドは26cm以下の高さを選ぶと腰かけても足つきの良い高さになります。そのため、寝相が悪い方や子ども部屋に1人で寝かせる場合におすすめです。収納が付いているので衣替えの洋服がしまえますし、学校で使う道具を出し入れしやすいのが利点です。そして、ベッドが低い位置にある分、天井までの空間が広くなるので部屋が広く感じますよ。

床板の種類で選ぶ

カビ対策をするなら通気性の良いすのこ床

すのこを床板に使用した収納ベッドなら、通気性が良くベッド下に収納した荷物にも空気が通ります。また、マットレスを使う場合でも、定期的に立てて置くだけで湿気対策ができるのもポイント。さらに、湿気による反りや割れに耐えられるように工夫されている物もあり、耐久性も心配ありません。直接敷布団を敷けるため、布団で寝たいけどベッドの高さが欲しい人にはおすすめです。

耐久性を重視するなら厚みのあるパネル床

パネルを使用した床板の利点は、全面でマットレスを支えるための耐久性があることです。また、隙間がないため冬は床からの冷気が伝わりにくく、暖かいのも特徴です。パネル床板は、跳ね上げ式やフタ式に多く使用されています。パネル床板で敷布団を使用したい場合は、床板の上に畳が張ってある物を選ぶと湿気を吸ってくれますよ。

ヘッドボードの機能で選ぶ

コンセント付きなら枕元で携帯を充電できる

枕元で手軽にタブレットやスマホの充電をしたいなら、コンセント付きの収納ベッドがおすすめです。もちろん、部屋のコンセントを使ってもいいですが、枕元にコンセントがあるだけで利便性が大きくアップしますよ。照明器具やアロマ、加湿器などの電源としても使えるので利便性を重視するなら、コンセント付きを選びましょう。

間接照明付きなら夜中に目が覚めても安心

間接照明が付いているベッドなら、寝る前の読書に最適な明かりになり、夜中トイレに起きた時にすぐ手元が見えるのでおすすめです。また、照明の暖色は入眠を促す効果があるためベッドに入ってから眠りにつくまで心地よい時間になるでしょう。照明はLEDライトになっている物が多く、長持ちします。省エネですから付けたまま就寝できますね。

おすすめ&人気の収納付きベッドランキング

大容量でおすすめの収納付きベッド

タンスのゲン-大容量収納付きベッド シングル(34,999円
引き出し以外のスペースにも330Ⅼの荷物が収納できる

こちらの収納ベッドは引き出しが4つ付いており、その他にもスーツケースや季節物が330Ⅼ入る大容量のベッドです。引き出しにはスライドレールが使われているので、引き出しも引っかかることなくスムーズに開閉できます。また、床板には半分すのこが使われており、マットレスの湿気が溜まらないですよ。

引き出しは左右どちらにも入れ替え可能で、部屋の向きに合わせて組み立てできます。5.5cmのヘッドボードがあり、コンセントと間接照明も付いて機能性が良いです。ヘッドボードと引き出し部分は完成形で届きますから、自分で組み立てるのはベッドの部分だけの簡単設計になっています。

→商品詳細へ

カビ対策でおすすめの収納付きベッド

収納付きすのこベッド シングル (18,999円)
通気性が高いすのこ仕様の床板でカビが生えにくい

約77Ⅼ入る引き出しと、それ以外の収納スペースが190Ⅼと一人部屋なら十分な広さです。すのこの床板を2枚使用することにより、ベッドの中心に重圧がかからず分散できる構造になっているので、ベッドの中央がへこむ心配がありません。すのこの材質も縦方向に繊維を揃えたLVLすのこですから、耐久性に優れています。

引き出し以外の場所に収納する時は、なるべくケースに入れて収納した方がほこりや湿気の影響を受けにくくなります。また、荷物の出し入れもしやすいですね。引き出しに手を挟まないようキャスターが付いていたり、コンセントとUSBにほこりが入らないようスライドカバーが付いていたりと、使い勝手にも配慮されています。

→商品詳細へ

ヘッドボード付きでおすすめの収納付きベッド

タンスのゲン-宮棚付き 大容量収納ベッド シングル(39,999円
ヘッドボードにフラップ扉が付いており細かい物も整理できる

ベッド横収納と、ベッド下の容量が470Ⅼと大容量な収納のベッドです。この収納ベッドには幅13cmのヘッドボードがあり、横にブックシェルフが付いています。そのため、夜寝る前に読みたい雑誌や単行本も収納可能。フラップ扉には化粧品やプライベートな物も収納できますよ。色々な物を収納できるので、家具を減らしたい1人暮らしの方にもおすすめ。夫婦でお互いの趣味の物を分けて収納してもいいですね。

大容量の収納ベッドですが、半分が完成した状態で届くため組み立てしやすいのが特徴です。また、引き出しではない収納スペースは、上がすのこになっているため通気性が良くなっています。マットレスの湿気は直に伝わってしまうので、時々マットレスを外して風を当てると良いでしょう。

→商品詳細へ

まとめ

部屋の大きさと収納物の容量に合った収納付きベッドがおすすめ


収納ベッドは、部屋の大きさや収納したい荷物の量に応じて選びましょう。普段使いするなら引き出し式が便利ですが、季節ものや使用回数が少ない物を収納したいなら、跳ね上げ式やフタ式がおすすめです。デッドスペースを上手に活用して、自分好みのお部屋にしてくださいね。

前の記事 ローベッドのおすすめランキング!一人暮らしにも
次の記事 二段ベッドのおすすめランキング!大人用も