スキップ
クッション座椅子のおすすめランキング!おしゃれなタイプも

クッション座椅子のおすすめランキング!おしゃれなタイプも

普段は座椅子を使っている方でも、少し体勢を変えたい時にクッションが欲しいと思うことはありませんか。もしくは、クッションがもう少し大きければ座って使うこともできるのに、とお考えではありませんか。そんな時におすすめしたいのが、クッションとしても座椅子としても使えるクッション座椅子です。一つで二役なので、お部屋が狭い方も使うことができますよ。今回は、おすすめのクッション座椅子をご紹介します。サイズや素材など、選び方についても詳しく解説。お家でのリラックスしたひとときのために、ぜひ参考にしてくださいね。

クッション座椅子の魅力とは?

厚めの座面が心地よい

底つき感のない厚みのあるクッション性が、クッション座椅子の特徴となります。床の上で使うことで、床の硬さや冷たさを感じることがなく、快適に過ごせますよ。また、厚みがあることで体が支えられ腰痛予防にも効果があります。

様々な体勢でくつろげる

クッションとしても使えるため、柔らかめになっているのもクッション座椅子のいいところ。体重がかかると、程よく形を変えて沈み込んでくれるので、様々な体勢に対応できます。横向きになったりうつ伏せになったりと、色々なシチュエーションで使用できますよ。

クッション座椅子の種類

ビーズ製

形が変化して体にフィットする

内部に詰まったビーズが動くことによって、優しく体を包み込まれるような座り心地になります。また、一般的なソファのように一部分だけがへこむということもありません。ビーズを追加して使える物もあり、長期間使用できることも魅力ですね。

ビーズのサイズによって、座り心地や耐久性が変化します。大きめのビーズでは安定感のあるしっかりした座り心地、小さめのビーズでは体に沿って更にフィット感が増します。小さめのビーズの方が粒がつぶれにくくへたりにくいので、ビーズの交換回数が減りますよ。

ウレタン製

弾力があって疲れにくい

化学反応によって作られた、ポリウレタンという合成樹脂の略称がウレタンです。製造過程によって、硬めのものや柔らかめのものなど様々です。程よい弾力で体圧分散に優れているので、疲れにくいのが特徴ですよ。長時間使われる方にもおすすめです。

ウレタンは、水洗いすることが出来ません。高密度なので、水分を含むとなかなか乾くことがなく、形も変形する可能性があるからです。そのため、カバーリングのものを選ぶのがポイントですよ。本体は基本的に陰干しすることで長持ちさせることができます。

クッション座椅子の選び方

ファブリックの素材で選ぶ

ムレが気になるならメッシュ素材

高温多湿の夏場は特に、クッションに長時間座っているとお尻のあたりがムレてくるということがあります。そんな時におすすめなのが、メッシュ素材のカバーです。ベタベタの不快感を和らげて、年中サラッと快適に過ごすことができますよ。汗かきさんや、お子様と一緒にクッションを使うという方にも、メッシュ素材が向いています。

より体に密着させるならストレッチ素材

特にビーズクッションと相性のいいのが、ストレッチ素材のカバーです。ビーズの動きに合わせて生地も伸びるので、気持ち良いフィット感を味わえます。一度座ってしまうと立ち上がりたくなくなるような、そんなやみつきになる座り心地が魅力的。大きめの物だとより伸縮するので、複数人で使用しても、それぞれにピッタリと密着します。

機能性で選ぶ

背もたれ付きなら身体を支え腰痛対策になる

大きめのビーズクッションなら座り方に一工夫することで、背もたれ付きにできます。背もたれ付きなら、しっかりと体を支えて背中の方にまで体圧を分散できるので、腰痛予防に効果がありますよ。また、小さめのクッション座椅子でも、三角の形の物なら背もたれとして使えるのもポイント。設置スペースがあるなら大きなもの、スペースが少ないなら三角形の小型クッション座椅子とお部屋に合せて選んでみてくださいね。

低反発加工付きなら長時間座っていても疲れにくい

低反発なら、もっちりとした程よい弾力でお尻を包み込んでくれるため、長時間座っていても疲れにくいです。じんわりと沈み込むことでお尻を優しく受け止めて、体重を分散してくれます。分散してくれることによってお尻が痛くならず、快適に座ることができますよ。デスクワークやテレワークなどで何時間も座りっぱなしという方にも、負担が少なくておすすめです。

サイズで選ぶ

一人で使うなら身体にフィットする幅60cm前後

一人用として使用するなら、お尻を乗せてちょっと余る幅60cmくらいがちょうどいいでしょう。それより小さいと少し物足りない感じになりますし、大きすぎても持て余すようになります。また、抱き枕としても使用するなら、もう少し小さめの50cmから55cmくらいが抱きかかえるのにちょうどいいサイズになります。もしくは、三角形の物も抱きかかえやすいですよ。

家族で使うなら一緒に使ってもゆったりくつろげる幅100cm前後

複数人で使用するなら、幅100cmくらいがおすすめです。このくらいあれば、横に並んで座ったり寝そべったりとゆったり寛ぐことができます。うつ伏せでお子様に絵本を読んであげたり、座って一緒にテレビを見たりするのにもぴったりですね。また、お昼寝をするような未就学児がいるなら、100cmくらいのクッション座椅子があれば、そのまま寝かしつけもできるのでおすすめですよ。

おすすめ&人気のクッション座椅子ランキング

コンパクトでおすすめのクッション座椅子

タンスのゲン-へたりにくい三角ビーズクッション(3,990円)
コンパクトなので持ち運びにも便利

まるで雫のような三角が可愛い、ビーズクッションです。三角部分が背もたれになるので、体重を支えてリラックスすることができます。また抱き枕としてもちょうどいい形なので、うつ伏せでスマホを見たり読書をしたりするのにもおすすめですよ。

また、持ち運びがしやすいように取っ手が付いていて、便利です。本体は2.7kgと軽量なので、女性でも持ち運びが楽にできますよ。またサイドには側面ポケット付き。ちょっとした小物やスマホなどを入れることもできて、使い勝手が良いですよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-メガ盛 充填量4.5kgもちっとフィットビーズクッション(11,999円
マイクロビーズでマシュマロ触感

一見普通の座布団のような四角いビーズクッションですが、違いはビーズの充填量と粒のサイズです。一般的なビーズのサイズは2mmから3mmですが、0.5mmという超極小ビーズを使用しているため、高いフィット性を可能にしました。どこに座ってもモチモチに癒されますよ。

幅65cm奥行き95cmと大きすぎないサイズなので、一人で使用するのにぴったりです。色も、黒に近いチャコールグレーとベージュグレーがあり、どちらもシンプルな色なので、飽きがきません。どんなお部屋にも合わせることができるので、おすすめですよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-カバーリング低反発クッション(3,880円)
低反発でゆっくり沈む心地よさ

低反発なので密着度が高く、自身の体勢に合わせてゆっくり沈みこんでくれるので、体にフィットします。また低反発とチップウレタンの2層構造になっているため、下からもしっかり支えてくれます。柔らかくも弾力のある座り心地を楽しむことができますよ。

洗濯もできて安心のカバーは、カラーバリエーションが全部で8種類。2色の織り糸から作られた高級感のあるダリアン生地と、カジュアルでおしゃれ度アップのデニム調生地から選べます。形も優しい雰囲気の丸形、安定感のある四角形から選べますよ。

→商品詳細へ

おしゃれでおすすめのクッション座椅子

タンスのゲン-型崩れしにくいビーズクッション(7,999円)
色違いで何個も置きたくなる可愛さ

和菓子のような、ぽてっとしたフォルムが可愛いビーズクッションです。一般的なビーズクッションのような沈み込みが少なく、型崩れしにくいですよ。硬めなので、オットマンやサイドテーブルとしての使用も可能。また座面の白い部分は、肌触りのいい柔らかめの生地になっています。

カラーバリエーションは全部で7色。ナチュラルな色からカラフルな色まで揃っているので、リビングから子供部屋まで色々なお部屋で活躍できますよ。また2.75kgと軽量なので持ち運びも簡単。お部屋の模様替えやイメチェンにもぴったりですね。

→商品詳細へ
タンスのゲン-PiN-GU ビーズクッション(7,999円)
ペンギンのお腹のような2色の可愛いデザイン

ペンギンをイメージした配色と形が、とても可愛いです。立てかけて座ったり、横にして寝そべったりとお好みで使用できます。前面の白い部分は伸びる生地、背面のカラーの生地は伸びない生地を使用しているので、しっかりともたれかかることができますよ。

まるで本物のペンギンのようなクッションは、お部屋のインテリアにもなり、置いているだけで存在感があります。ブルーなら更にペンギンのような可愛いイメージですね。レッドやベージュでも落ち着いたおしゃれなイメージに仕上がりますよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-超ギガ盛 充填量8.5kgもちっとフィットビーズクッション(22,999円)
170cmとお昼寝にもちょうどいい

大きめサイズが特徴の、ビーズクッションです。170cmもあるので、脚を伸ばしてのお昼寝もできます。また二人や三人でも使えることから、ご家族での使用にもぴったりですよ。厚みも52cmと十分なので、複数人で使用しても底つき感がありません。

ビーズクッションを立てかけた状態から腰掛けることで、背もたれつきチェアに変身。体重をしっかり支えてくれることで、腰痛にお悩みの方にもおすすめです。クッションからベッド、背もたれつきチェアと何通りにも使えて、お得感がありますね。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅37cm 食パンクッション2way座布団(6,091円)
カバーを外せば4つに分かれて来客時にも便利

食パンそっくりの外見がとても可愛いクッション座椅子です。4つのクッションと、4つまとめて収納できるファスナーつきのカバーがセットでついているので、コンパクトに収納が可能。ふわっとした肌触りのいい生地は、食パンかトーストの2色から選ぶことができますよ。

来客時には、サッとファスナーを開けるだけで簡単に4分割できます。一枚分は厚みが7cmと、クッションというよりは座布団のイメージです。ですが、低反発でもっちりしているので見た目よりもじんわりと気持ちよく、抜群の座り心地ですよ。

→商品詳細へ

まとめ

おしゃれでインテリアにもなるクッション座椅子がおすすめ

使っていない時でも、置いているだけでサマになるおしゃれなクッションは、テンションも上がります。シンプルなデザインのものかカラフルなデザインのものかで、お部屋の印象をがらっと変えることができますよ。今回は、おすすめのクッション座椅子を紹介しました。ぜひご自身のイメージに合ったクッション座椅子で、身も心も癒されてみて下さいね。

次の記事 こたつに合う座椅子のおすすめランキング!ハイバックも