スキップ
コンパクト座椅子のおすすめランキング!腰痛対策も

コンパクト座椅子のおすすめランキング!腰痛対策も

ソファやラウンジチェアを置くスペースはないけれど、座布団やクッションでは物足りない。そんな悩みを抱えた方におすすめしたいのが、コンパクトな座椅子です。省スペースでもゆったりとくつろげるのが、小型な座椅子の魅力。不要なときは簡単に位置を移動できるので、掃除や来客の際に便利ですよ。今回は、おすすめのコンパクトな座椅子をランキング形式でご紹介します。モデルによって素材や機能など様々な特徴があるため、選び方のポイントについてもまとめました。ぜひ自分にぴったりの一台を見つけて、快適なリラックスタイムを満喫してくださいね。

コンパクト座椅子の魅力とは?

軽量なので移動が楽で扱いやすい


コンパクトな座椅子は、一般的な座椅子と比べて軽くて扱いやすいのが特徴です。位置を移動して使用することも想定して設計されているため、素材も軽くて丈夫な物が多く用いられます。そのため、お年寄りや女性でも苦労せず持ち運びができますよ。ソファやラウンジチェアなどと違い、掃除の際にさっと移動できるのも嬉しいですね。

小型なので省スペースに収納できる


使わないときに収納スペースに片付けることができるのも、コンパクトな座椅子の利点です。モデルによっては、収納用の形状に折りたためるものもあります。もとよりサイズが小さいため、省スペースでの収納が可能ですよ。座椅子の収納を考えている場合は、事前に座椅子と収納スペースのサイズを確認するようにしましょう。

コンパクト座椅子の種類

リクライニングタイプ

自由に角度が調節できるので好みの姿勢でリラックスできる

背もたれの部分がリクライニングになっており、好みの角度に調節して使用できます。モデルによっては頭や脚の部分など、複数箇所をリクライニングで調節できるものも。それぞれの角度を調節すれば、何百通りにもなる組み合わせの中から、自分好みのスタイルでくつろぐことが可能です。

リクライニングタイプの利点は、シーンに合わせた使い分けができることです。テーブルや座卓と合わせて使うなら、背もたれを起こして使うことで正しい姿勢をキープしやすくなります。休憩時にはリクライニングを深く倒すことで、体重を預けてゆったりとリラックスすることができますよ。リクライニングの段階は、モデルによって異なります。10段階前後あるものが、様々なシーンに対応しやすく使いやすいでしょう。

ビーズクッションタイプ

身体にフィットするのでゆったりとくつろげる

クッション素材に小さいビーズが使われており、身体に合わせて形状が変化します。座った人の身体のラインにぴったりとフィットするため、体重が分散されて疲れづらいのが特徴です。体重を預けて使用するため、作業用ではなくリラックス用として選ばれることが多くなっています。

ビーズクッションタイプの座椅子は、中に入っているビーズのサイズやカバーの素材によって、使用感が大きく異なります。特にビーズのサイズと量は、座り心地を左右する重要なポイント。お好みに合わせて最適なものを選択しましょう。カバーは取り外しできるものも多く、自宅で洗濯できるので衛生面も安心ですよ。

コンパクト座椅子の選び方

カバー生地の素材で選ぶ

ファブリック素材なら肌触りが良く快適に使える

座椅子やソファに使用されるファブリック素材は、ポリエステル製のものが現在の主流です。ポリエステルは型崩れしにくく、シワになりにくいといった特徴があります。通気性があり速乾性にも優れているため、汗をかいても快適に使用することができますよ。また、最近の合成素材は進化が目覚ましく、天然素材のシルクやウールのような見た目や肌触りを再現しています。使い心地にこだわるなら、ファブリック素材の座椅子がおすすめです。

PVC素材なら耐水性がありお手入れも簡単

PVCとは、ポリ塩化ビニールを使用した合成皮革のことを指します。天然皮革に比べて価格が安く、汚れに強いのが最大の特徴。耐水性があるため水拭きすることができ、お手入れも簡単です。一方で、通気性は高くないため蒸れやすく、特に夏場の使用は注意が必要です。本革の質感によく似ているため、アンティーク調やインダストリアルスタイルのお部屋にも合わせやすいですよ。

クッション材の素材で選ぶ

ポケットコイルなら耐久性が高くへたりにくい

小型の袋にコイルスプリングを入れたものが、ポケットコイルです。ポケットコイルを敷き詰めた座面は、体重が1か所に集中することなく分散するので、耐久性が高くへたりにくいのが特徴。ひとつひとつのポケットコイルが独立して動くため、フィット感も得られます。心地よい適度な反発力があり、全面がウレタン製のクッションでは柔らかすぎるという方に、もおすすめですよ。

低反発ウレタンなら柔らかく体にフィットして疲れにくい

柔らかく沈み込むような座り心地がお好みであれば、低反発ウレタンを使用した座椅子がおすすめです。体重をかけるとゆっくりと形を変えて身体にフィットし、包み込まれるような感覚でくつろげます。体圧が分散されるため、長時間座っていても疲れにくいことも嬉しい点ですね。注意点として、ウレタンの中でも低反発のものはへたりやすく、長く使用するのには不向きです。その分、価格面では割安なので、コストを低く抑えたい方にはおすすめですよ。

高反発ウレタンなら通気性に優れ蒸れにくい

ウレタン素材でも反発力があり、硬めの感触なのが高反発ウレタンです。身体を面で支えるため沈み込みが少なく、低反発ウレタンよりも蒸れにくいのが特徴です。形状の変化が少ないため、低反発ウレタンよりもへたりづらく、長く使用することができますよ。適度なフィット感と反発力がある座り心地がお好みの方は、高反発ウレタンを使用した座椅子を検討してみてください。

寛ぎやすさで選ぶ

多段階調節が可能なら好みのスタイルでくつろげる

寛ぎやすさを重視するのであれば、リクライニングの段階にもこだわりましょう。リクライニングの段階はモデルによって異なりますが、14段階程度のものが一般的です。頭や脚部分など複数の調節ができるモデルであれば、数千通りの組み合わせも可能になります。テーブル用であれば少ない段階のモデルでも十分ですが、自分仕様のスタイルで寛ぎたい方は、リクライニング機能が充実したモデルの選択をおすすめします。

回転式なら身体の向きを簡単に変えられる

座椅子の下に回転台が付いているモデルは、座ったままで身体の向きを変更することができます。特にテーブルと合わせて使う場合には、便利な機能です。座椅子を動かすことなく脚をテーブルの横に出すことができるため、立ち上がりやすいですよ。ただし、回転台分の重量が増してしまうため扱いづらくなるデメリットも。使用するシーンに合わせて回転機能が必要かどうか判断するようにしてください。

機能性で選ぶ

美姿勢を保てるタイプなら腰痛改善が期待できる

腰痛や肩こりに悩まされている方には、人間工学(エルゴノミクス)に基づいたデザインを採用した座椅子がおすすめです。身体に負担をかけない正しい姿勢を保てるように設計されているため、腰痛などの改善にも期待ができます。また、ストレッチャーが付属したモデルなら座った状態でのストレッチが可能。凝り固まった身体をほぐすことができますよ。

折りたたみタイプなら持ち運びに便利で収納もしやすい

折りたたみタイプは、座椅子をコンパクトにまとめることが可能です。収納時に折りたたむことで、省スペースにすっきりと収まります。また、コンパクトにすることで、持ち運びがしやすくなるのも便利ですね。座椅子は必要なときだけ出して使うという方には、折りたたみタイプも検討してみてください。事前に折りたたんだときのサイズ感も調べておくと、収納場所の計画が立てやすいですよ。

おすすめ&人気のコンパクト座椅子ランキング

ウレタン素材でおすすめのコンパクト座椅子

タンスのゲン-幅60cm 3way折りたたみ コンパクト座椅子(7,999円
3通りのスタイルでシーンに合わせて使える

折りたたみ式で3wy仕様のコンパクトな座椅子です。座面を展開すれば、脚を伸ばして使えるカウチスタイルに早変わり。背もたれのロックを外してフラットな状態にすれば、一人用の簡易ベッドとしても使用できます。クッション材はやや柔らかめなウレタン素材を採用しているため、ちょっとしたうたた寝にもぴったりですよ。

カバーはさらりとした肌触りが特徴のダリアン生地と、汚れに強いPVC生地から選択することができます。枕としても使えるクッションが付属するのも嬉しいですね。リラックスタイムを自分好みのスタイルで寛ぎたい方におすすめのモデルです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-14段階リクライニング座椅子(4,999円
自分好みの姿勢でくつろげる3点可動式タイプ

背もたれ部分に加え、頭と脚の計3ヶ所の調節が可能なリクライニング座椅子。各リクライニングはそれぞれ14段階の調節に対応しており、合計で2,744通りの組み合わせからお好みのパターンを選択することができます。フラット状態にすることもできるため、ベッドスタイルで休憩することもできますよ。

カバーには、さらりとした肌触りが特徴のダリアン生地を採用。2色の糸を織り交ぜることで生地に表情を持たせ、高級感のある雰囲気を演出しています。全面に低反発ウレタンが使われており、どんな姿勢でも優しく受け止めてくれるので快適です。シーンに合わせて座椅子の角度を細かく調節したい方におすすめのモデルです。

→商品詳細へ

ポケットコイル座面でおすすめのコンパクト座椅子

タンスのゲン-自重ストレッチ座椅子(9,999円)
ストレッチャー付きでいつでも簡単にストレッチできる

座面にポケットコイルを採用した、ストレッチャー付きの1人掛け座椅子。ウエスト部分に当たるストレッチャーが特徴で、自重を利用して、座りながら簡単にストレッチをすることができます。ストレッチは筋肉をほぐすだけでなく、リラクゼーション効果にも期待がもてるため、寛ぎたいとき行うと効果的です。

座面はフラットではなく、おしりの形を考慮した立体構造を採用。ポケットコイルが適度に荷重を分散してくれるので、一度座るとやみつきになる快適な座り心地を実現しています。快適なだけでなく、健康的にリラックスタイムを楽しみたいという方におすすめのモデルです。

→商品詳細へ

ビーズクッションタイプでおすすめのコンパクト座椅子

タンスのゲン-メガ盛 充填量4.5kg もちっとフィットビーズクッション(11,999円
メガ盛り超極小ビーズでマシュマロフィットを実現

座椅子スタイルをはじめ、多彩な使い方ができるビーズクッションタイプのコンパクトソファ。0.5mmという超極小のビーズを贅沢に4.5kg使用しているのが特徴です。カバーには伸縮性があり、もっちりとした感触のポリウレタンが配合されています。そのため、極小ビーズと合わせてマシュマロのような柔らかいフィット感を実現していますよ。

ボリュームがあるので底付き感がなく、大人でも全身を預けてリラックスすることが可能。ビーズが細かくつぶれにくいので、長く使えるのも嬉しい点です。アウターカバーは取り外して手洗いができるため、清潔に使うことができますよ。ビーズクッション特有の包み込むような座り心地が好みという方は、こちらのモデルを検討してみてはいかがでしょうか。

→商品詳細へ

まとめ

自分好みの座り心地で扱いやすいコンパクト座椅子がおすすめ

コンパクトな座椅子を選ぶ際は、一番に座り心地を重視しましょう。座り心地に満足がいかなければ、収納しっぱなしで使わなくなってしまうことも考えられます。予算に都合がつくのであれば、長く使えて身体にフィットするポケットコイル式のモデルもおすすめですよ。今回は、おすすめのコンパクトな座椅子をランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分の好みの座り心地の座椅子を見つけて、リラックスタイムを快適に過ごしてくださいね。

前の記事 ハイバック座椅子のおすすめランキング!ロングタイプも
次の記事 座椅子ソファのおすすめランキング!二人掛け用も