スキップ
ビーズクッションのおすすめランキング!洗濯できるカバー付きも

ビーズクッションのおすすめランキング!洗濯できるカバー付きも

ビーズクッションは、中身のビーズが流動的に動くため体重をかけると身体に密着します。包み込むような感触がとても気持ち良いですが、種類が豊富にあります。今回の記事では、ビーズクッションの選び方や種類ごとにランキング形式で解説します。ベッドの代わりになるものやデザインが可愛い物も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ビーズクッションの魅力とは?

包み込まれるような感触が楽しめる


ビーズクッションに座ると、自分の身体に合わせて座面がフィットします。お尻だけでなく腰や背中まで支えてくれるため、心地よく過ごせます。中のビーズが動いてくれるため、どんな態勢にも柔軟に対応できるのがビーズクッションの利点ですね。

スタイリッシュなデザインが部屋に彩りを与えてくれる

ビーズクッションは丸や四角、涙型がなど、形が個性的な物もあります。ナチュラルな色を選んでも形が個性的ならインテリアの1つとしてアクセントになります。また、形は普通でも生地の色にこだわると、カジュアルなイメージになります。1人用が多いので、いつもと違うデザインに挑戦してみるのもいいですよね。

ビーズクッションの種類

ベッドタイプ

大型なので寝転がることもできる

ベッドタイプのビーズクッションは、150cm以上の大きさでとてもボリュームがあります。そのため2人で寝転んでも、余裕のある大きさです。ソファと同じような置き方になりますから、部屋のインテリアに合わせた生地で選ぶと統一感が出ますよ。

ビーズクッションには硬いフレームが使われていません。そのため、横になって動いてもぶつかる心配がありませんから、小さな子どもがいるファミリーにおすすめです。大きさがありますので、複数人数用のソファ代わりにリビングに置いてもよいでしょう。

ソファタイプ

三角形や涙型など座りやすい形状になっている

ソファタイプのビーズクッションは、三角形や涙型といったデザインが凝った物が多くあります。三角部分がちょうど背もたれになるため、座椅子代わりにいいですね。椅子として使うなら1人用ですから、ワンルームや自分の部屋用に置くのがおすすめです。

ソファタイプにも長方形があり、横に寝かせると2人で使用可能です。中のビーズが重さに合わせて移動するため、2人でビーズクッションにもたれかかるとちょうど良い角度に変形してくれます。椅子としても、枕代わりにも使えて便利ですね。

キューブタイプ

持ち運びが簡単なので狭いお部屋にもぴったり

キューブタイプはビーズクッションの中で一番ポピュラーなタイプです。正方形をしている物が多く、座ると背中まで包まれます。圧迫感を感じるような高さもないため、ローテーブルとの相性が良いですよ。ソファほど大きいものは要らないけれど、座る物が欲しい方におすすめです。

柔らかな素材からシックなデニム素材が使われている物もあり、素材のバラエティーが多いのも特徴です。部屋に置くなら1つより、友達が来た時用に複数あると良いでしょう。重量も軽いため持ち運びしやすく、初めて1人暮らしをする方やワンルームの方におすすめです。

ピロータイプ

縦長形状で抱き枕や背もたれとして使える

ピロータイプの形は、縦長で細長い形や抱き枕の形など様々です。単体で使用されるより、ベッドタイプのビーズクッションの上に背もたれ代わりとして置くなど、組み合わせて使われることが多いです。抱いたり頭をのせたりする事が多いため、自分好みの触り心地のいい素材を選ぶと良いでしょう。

サブ的な使い途を連想しがちですが、長いタイプをU字に曲げて身体を包むようにして使うと気持ちよいですよ。枕の高さもちょうど良いですから一石二鳥です。短い物を2つ購入して、足の下に置くフットピローとしての使い方もありますし、車用のネックピローとして購入しても良いですね。

ビーズクッションの選び方

ビーズサイズで選ぶ

1mm以下は包み込むような柔らかさ

ビーズクッションの中身はビーズですが、大きさによって座り心地が異なってきます。1mm以下のビーズなら加重が分散されて、へたりにくいです。また、細かいビーズが身体を包み込むため、より密着感のあるゆったりとした座り心地が楽しめますよ。もたれかかって座りたい、密着感を重視したい方は、ぜひビーズが1mm以下のものを選んでみてくださいね。

2mm以上は沈み込まない座り心地

2mm以上のビーズを使ったビーズクッションは、ほどよい座り心地で沈み込まないのが特徴です。座面が固い方が好きな方はこちらを選ぶと良いでしょう。お尻が沈み込まないためビーズクッション自体も床からの高さが出て、腰や膝が痛い方にはちょうど良い角度になります。もたれかかっても気持ちよいですが、椅子として座ることを重視したい方におすすめです。

カバーの素材で選ぶ

部屋にカジュアルな印象を加えたいならポリエステル

ポリエステル製の生地で覆われたビーズクッションは柔らかい感触が特徴で、伸縮性もあるためカジュアルな印象を与えます。また、ポリエステル生地は型崩れをしないため、洗濯による変形や縮む心配がありません。。摩擦に強く耐久性にも優れているため、子ども用のクッションのカバーとしてもおすすめな生地です。気軽に使えて長持ちするのが嬉しいですね。

部屋にシックな印象を与えたいならコットン

コットン素材のビーズクッションは生地にハリがあるため、シックな落ち着いた印象を与えます。また、さらりとした手触りが特徴で、夏などの暑い時期は汗を吸収してくれますよ。肌に張り付かず快適に過ごせます。そして、ナチュラルな色のカバーが多いのも特徴の1つ。生地の自然な風合いが、北欧風な部屋の方におすすめです。

機能性で選ぶ

カバーの洗濯が可能ならいつも清潔に保てる

ビーズクッションは身体に密着しやすい構造なので、汚れたり臭いが付いてしまったりします。そのため、カバーが取り外せて洗濯可能なものがおすすめです。カバーが取り外せない場合は、汚れた部分を部分洗いするといいですよ。また、除菌消臭スプレーをして陰干しするのもおすすめです。購入したビーズクッションに合わせた洗濯方法で、清潔に保ちましょう。

中身のビーズが充填可能なら座り心地が安定する

ビーズクッションもある程度使い込むとビーズがちいさくなって、ボリュームが減ってしまいます。そんな時に、ビーズの充填可能な物を選ぶとボリュームを復活させることができ、長く使えます。また充填時に、自分好みの厚みや感触に調節できるのもポイント。サイズが大きく買い替えしにくいものは、なるべく充填可能な物を選びましょう。

おすすめ&人気のビーズクッションランキング

ビーズサイズが1mm以下でおすすめのビーズクッション

タンスのゲン-超ギガ盛 充填量8.5㎏ もちっとフィットビーズクッション(22,999円)
マイクロビーズを使用しているため経たりにくく長年使用できる

0.5mmの極小ビーズを使用しているため、身体に沿って包み込むような柔らかい感触に癒されるビーズクッションです。170cmの高さがあり、縦でも横でも身体をしっかり支えてくれます。ベッドタイプとして使用できるので、友人や家族と一緒にくつろぎの時間が過ごせますよ。

8.5kgの極小ビーズが入っており、へこみにくくなっています。また、カバーが洗濯可能なので、長く愛用できます。シックハウス症候群の原因物質をしっかり検査しているため、アレルギーを持っている方も安心して利用できるのが嬉しいですね。

→商品詳細へ

ソファタイプでおすすめのビーズクッション

タンスのゲン-メガ盛 充填量6.0㎏ もちっとフィットビーズクッション(14,999円)
2人で使用できる大きさともっちりした感触が特徴

縦に使うと、背もたれがあるチェアのように使用できるビーズクッションです。ビーズをふんだんに使用しているため座っても高さがあり、沈み込んでしまう心配はありません。長方形タイプなので、横向きにおいて寝転がるという使い方もできますよ。

2人で座れる幅があり、厚みも十分あるため底に付く感じがないですよ。極小ビーズを6kg使用しているので、どんな態勢にも対応してくれます。アウターカバーは手洗いで洗濯できますから、汚れてもすぐ洗えていつまでも清潔に保てますよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-PiN-GU ビーズクッション(7,990円)
ペンギンのお腹のような可愛い形が部屋のアクセントに

ペンギンのお腹のような、個性的なデザインがとても可愛らしいビーズクッションです。カラーはビビッドな色3つとくすみカラー1つから選べます。カジュアルすぎず遊び心のある見た目なので、インテリアのワンポイントとしてもおすすめですよ。

座面は柔らかく、伸縮する生地になっています。背中部分が伸縮しない生地ですから、座った時にも倒れすぎずちょうど良い角度になってくれますよ。また、ビーズクッションを倒すと100cmの長さになるので、寝転がるときに使っても快適ですよ。

→商品詳細へ

カバーが洗濯できるおすすめのビーズクッション

メガ盛 充填量4.5㎏ もちっとフィットビーズクッション (11,999円)
ワンルームや自分の部屋にちょうどいい大きさ

大きさは60cm程度になっており、ワンルームの狭い部屋でもちょうどいい大きさです。ビーズがボリューミーな設計になっているので、向きを気にせずに使っても、もちもちの感触を存分に楽しめますよ。使い方次第で見た目も変わるなど、デザイン面もこだわられたビーズクッションです。

カバーを取り外して、洗濯できる構造になっているのもポイント。汚れたり、臭いが気になったりしても、すぐ洗えて清潔に保てますよ。同じもちっとフィットのビーズクッションで揃えると統一感が出ますね。家族でくつろげる空間になりますので、おすすめですよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-型崩れしにくいビーズクッション(7,999円)
しっかりした座り心地で子ども用の椅子やスツール代わりにも

形が可愛らしいビーズクッションで、色も全7色と豊富です。カジュアルなイメージですが造りはしっかりしていて、子どもが座っても座面に安定感があります。カバーが外して洗えますから汚しても安心です。子ども部屋に複数おくと喜んでくれるでしょう。

4割ほどウレタンが混ぜられた、特殊な構造になっているのも特徴です。ウレタンの特性がプラスされることで、やや固めの座り心地になっているほか、型崩れにも強くなっていますよ。重さは約2.75kgと軽量なので、女性でも気軽に持ち運びできるのもポイント。オットマンやスツールとしても使える、機能性に優れたビーズクッションです。

→商品詳細へ

まとめ

おしゃれで中身が詰め替えられるビーズクッションがおすすめ

ビーズクッションは存在感があるため、部屋の大きさやインテリアに合わせた物を選ぶのがおすすめです。カバーの洗濯可能な物やビーズの充填が可能な物を選ぶと、長く愛用できますよ。今回はランキング形式でおすすめのビーズクッションを紹介しました。お気に入りのビーズクッションを見つけて、癒しの空間を作ってくださいね。

前の記事 座椅子ソファのおすすめランキング!二人掛け用も
次の記事 座椅子のおすすめランキング!ゲームやパソコン作業にも