スキップ
完成品のテレビ台おすすめランキング!日本製も

完成品のテレビ台おすすめランキング!日本製も

テレビの高さ調節ができるだけでなく、収納もできて、インテリアとしても存在感を放つテレビ台。完成品だと組み立ての手間がなくて助かりますよね。とはいえ、どんな選び方をすればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの完成品のテレビ台をランキング形式で紹介します。テレビ台の特徴や選び方のコツなども合わせて解説しますので、ぜひ参考にして最適なテレビ台を見つけてみてください。

完成品のテレビ台の魅力とは?

組み立ての手間が不要なのですぐに使える

完成品のテレビ台のメリットは、なんといっても組み立ての手間が不要なことです。通常のテレビ台は各パーツがバラバラに届くため、ドライバーやレンチなどを使って組み立てる必要があります。一方、完成品のテレビ台なら届いたらすぐにテレビやAV機器を載せて使うことができますよ。

職人が組み立てているので強度や精度に優れる

工場の職人がプロ仕様の機材を使って組み立てているため、強度や精度が高いのも完成品のテレビ台の特徴です。ネジ止めの甘さや歪みなども最小限に抑えられているので、引き出しや扉の開閉が滑らかなのもポイント。輸送費や価格は高くなりがちですが、長く愛用したいなら完成品のテレビ台がおすすめです。

完成品のテレビ台の種類

ロータイプ

床やソファに座ってテレビを見るのに最適

高さ50cm以下のテレビ台がロータイプに分類されます。床やソファからテレビを見るのにちょうどいい高さにテレビを設置できます。背が低くてかさばらないので、すっきりとテレビを置きたい人におすすめですよ。部屋も広く見せることができます。

見た目はスタイリッシュですが、多くのロータイプでは録画機器などを収めるスペースがきちんと確保されていますよ。背が低い分重さも抑えられているため、模様替えや引っ越しの際にも動かしやすいのが特徴です。横幅がコンパクトなタイプも多いので、一人暮らしの部屋にも適していますよ。

ハイタイプ

収納力が高く椅子に座った状態でもテレビが見やすい

一般的に高さが50cm以上のテレビ台がハイタイプと呼ばれます。背が高い分収納スペースが豊富。テレビを囲うように棚や引き出しが複数用意されているため、録画機器などのテレビ関連のものだけでなく、本や雑誌などもたっぷり収納可能。リビングをすっきり片付けたい人におすすめです。

やや高めの位置にテレビを設置できるので、椅子に座ってテレビを見たい人におすすめ。リビングダイニングなどの広い空間に置くのに適しています。また、ハイタイプには重厚で高級感のあるデザインのテレビ台も多いです。リビングの主役となるインテリアと言えるでしょう。

コーナータイプ

部屋の角に収まるのでデッドスペースを作らない

背面がカットされていて、部屋の角にぴったり収まるのがコーナータイプのテレビ台です。デッドスペースを作らないのが最大のメリット。リビングなどの団らんの場を有効活用できます。すっきりと配置できるので、部屋を広く見せたい人にもおすすめですよ。

コーナータイプにも様々な高さのテレビ台が用意されています。よって、床に座ってテレビを見る人、椅子に座ってテレビを見る人、それぞれライフスタイルに合わせて選べます。そして、収納力が高いのもポイント。部屋をすっきり片付けられますよ。

完成品のテレビ台の選び方

サイズで選ぶ

32インチテレビを置くには横幅90cmから150cmがおすすめ

テレビ台の横幅はテレビの横幅より大きくなければいけません。テレビの上の端とテレビ台の左右を結んで二等辺三角形になるバランスが理想。32インチのテレビを置くなら、横幅90cm以上のテレビ台がそれにあたります。たとえスタンドが収まっていても、フレームがテレビ台からはみ出していたら振動などで転倒しやすくなってしまいます。そのため、32インチテレビを置くなら幅が広めな90cm以上のテレビ台がおすすめとなりますよ。

人気の50インチテレビには横幅150cmから200cmがぴったり

最近は大型のテレビが主流になりつつあり、なかでも人気なのが50インチ前後だと言われています。50インチのテレビの横幅は約110cm。それゆえ、バランスよくテレビを置くには、テレビ台の横幅が150cm以上あるのが理想的です。スペースに余裕があるのなら、さらに収納力がアップする横幅200cmのテレビ台がおすすめですよ。

収納方法で選ぶ

モノの大きさに合わせて調節したいなら高さを変えられる移動棚付き

テレビ台を選ぶ際には収納スペースにも注目しましょう。高さを調節できる移動棚付きなら、収納したいもののサイズに合わせた棚に変えられます。それにより、無駄のない収納が可能。棚の移動はいたって簡単です。また、たいていの場合高さを細かく調節できるので、レイアウトの自由度も高いですよ。物が増えたり減ったりしても対応できます。

たくさん収納したいならフルオープンの引き出し付き

引き出しがフルオープンになるタイプなら、奥までしっかり収納できます。そして、物の出し入れもスムーズ。奥にしまったものが取り出しにくいというストレスがありません。デッドスペースを作らず収納したい人におすすめ。フルオープンの引き出しにはスライドレールが付いているものがほとんど。引き出しの開け閉めにも力がいりません。

機能性で選ぶ

オープンスペースがあれば熱がこもらず配線しやすい

オープンスペースのあるテレビ台なら、配線がスムーズにできるので便利。また、熱がこもりにくいのでAV機器やゲーム機を置くのに適しています。さらに、見せる収納をしたい人にもオープンスペース付きのテレビ台がおすすめです。オープンスペースがたくさんあるテレビ台なら、収納ボックスなどを用いてより自分らしく収納することもできますよ。

電波を通す強化ガラス扉なら閉じたままリモコン操作が可能

AV機器を収める棚の扉もテレビ台を選ぶ上でポイントとなります。ガラス製ならリモコンの電波を通すので、扉を閉めたまま操作が可能。安全性を考えると強化ガラス製がおすすめです。また、扉付きのテレビ台はホコリが入りにくく掃除が楽になるメリットもあります。扉が手前に開くフラップタイプは物の出し入れがしやすく、引き戸タイプは開け閉めにスペースを必要としないので、狭い部屋に置くのに向いていますよ。

キャスター付きなら移動が楽で掃除もしやすい

底にキャスターが付いているテレビ台なら、軽々と移動することができて便利です。テレビ台の裏や下など、ホコリがたまりやすい場所をこまめに掃除できますよ。また、移動しやすいので模様替えがしやすいというメリットもあります。気軽に気分転換が可能。キャスターが隠れているタイプなら、野暮ったい印象にならずスタイリッシュ。

おすすめ&人気の完成品のテレビ台ランキング

一人暮らし向けでおすすめの完成品のテレビ台

タンスのゲン-幅140~230 伸縮式テレビ台(49,800円)
部屋の広さに合わせて自在にレイアウトできる

引き出しが伸縮式になっているテレビ台です。引き出しを収めた状態だと横幅が140cmとコンパクト。引き出しを最大限伸ばすと横幅230cmになり、収納スペースがぐんと広がりますよ。縦型の収納スペースも設けられているので、雑誌などもすっぽり収納できます。

黒と白の2種類から選べます。黒は一部がウォールナット、白は一部がメープルの無垢材でできているため、木のあたたかみや木目の美しさを楽しむことができますよ。さらに、強化シートを採用しているので、傷や焼けに強くなっています。長く使いたい人にもおすすめ。国内で職人が丁寧に仕上げた一品です。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅150 和モダンテレビ台 レイニー(39,999円
高級感のある格子デザインがおしゃれな日本製

格子デザインを採用し、和風モダンな雰囲気を醸しだすテレビ台です。少しずつ幅の違う格子を使用することでリズム感のあるデザインになっています。そのため、いつまでも見飽きることがありません。部屋におしゃれなアクセントを加えたい人におすすめですよ。

ウォールナット、ホワイトオーク、そしてホワイトの3種類から選べます。それぞれ無垢材を使用しているため、高級感と木のぬくもりが感じられますよ。見た目だけでなく、収納力においても優れています。奥までたっぷり収納できる引き出しが2つあり、スライドレール付きなので開け閉めも楽々です。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅160 テレビ台(24,800円)
脚高構造で掃除がしやすくスタイリッシュ

シンプルなデザインで脚高構造になっている、すっきりした印象のテレビ台です。脚の高さが12.5cmあり、テレビ台下にお掃除ロボットも楽々入ります。綺麗好きな人に最適です。また、裏にはAV機器などのコードを通す穴が開いているので、配線もすっきりまとめられますよ。

横幅は160cm。32から42インチのテレビを置くのにおすすめです。スタイリッシュな見た目ながら耐荷重は約50kgあるので、テレビ以外に物を置きたい場合も安心。DVDが30枚入る引き出しが両サイドにあるので、収納面でも申し分ありません。

→商品詳細へ

50インチテレビ向けでおすすめの完成品のテレビ台

タンスのゲン-幅174 テレビ台 アトラス(34,800円)
大型テレビを置いても安心な耐荷重80kg

横幅が174cmあり、耐荷重は80kg。50インチテレビをバランスよく置けるテレビ台です。AV機器などのコードの通り道となる配線スペースが設けられていて、テレビ台を壁にぴったりくっつけられます。デッドスペースを作らず、見た目もすっきり。

家具の街といわれる福岡県大川市で丁寧に作られた完成品で、4色から選べます。シンプルなデザインなので、どんなインテリアともなじみますよ。扉は物の出し入れがしやすいフラップタイプで、閉じたままでもリモコン操作が可能。使い勝手のいいテレビ台を探している人に最適です。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅174 ロータイプテレビ台(19,999円)
シンプルなデザインで使いやすい国内製

シンプルなデザインで、どんな部屋にもなじみやすいロータイプのテレビ台です。カラーは2色から選べますよ。AV機器を置くのに適したオープンスペースが3つと、奥までたっぷり収納できる3つの引き出しが付いています。使い方もシンプルで無駄がありません。

テレビ台の裏には、配線をすっきりまとめられるコード穴が設置されています。横幅が174cm、耐荷重は80kgあり、大型テレビも安心して置けます。国内生産品でありながら価格は抑えられているので、コスパ重視の人にもおすすめですよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅180 大理石調テレビ台ロータイプ GOD(39,999円)
大理石調で高級感があり機能性も抜群

大理石調のデザインで部屋をラグジュアリーな雰囲気にしてくれるテレビ台です。黒と白の2色から選べます。背面にはコードを逃がすスペースが設けられていて、壁にぴったりとくっつけて置けますよ。スタイリッシュなテレビ台を探している人にぴったりのテレビ台です。

中央には出し入れしやすいフラップタイプ扉収納が設けられています。ガラスの扉は閉じたままでリモコン操作が可能。さらに、棚は移動棚で高さ調節ができます。そして、両サイドには奥まで収納できてスムーズに開閉可能な引き出し収納を完備していますよ。

→商品詳細へ

収納力抜群でおすすめの完成の品テレビ台

タンスのゲン-幅210 テレビ台ロータイプ GOD(54,999円
豊富な収納スペースとすっきりした見た目が魅力

使い勝手のいいフラップ扉収納に加えて2杯の引き出しを完備した収納力抜群のテレビ台です。フラップ扉収納には4台のAV機器と小型ゲーム機1台を収納可能。扉は手を離してもゆっくり開くようになっているので安全です。扉を閉めたままのリモコン操作もできますよ。

引き出しは開閉が楽なスライドレール付きでフルオープン。奥までしっかり収納できます。引き手が隠れているので見た目はスタイリッシュです。裏面にはコード穴が設置されていているので、配線もすっきり。部屋になじみやすい3色から選べるのも嬉しいですね。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅210 和モダンテレビ台 レイニー(59,999円
広めのオープンスペースにたっぷり収納できる

天然木を用いた見た目の美しさと収納力が魅力のテレビ台です。AV機器やゲーム機を収納できるオープンスペースは熱がこもりにくく、配線もしやすいのが特徴。扉がないので物の出し入れや掃除も楽にできますよ。さらに、棚が不要な場合は取り外すことも可能。

大容量の引き出しには、なんとDVD52枚とCD115枚が収納可能。そんな引き出しが2杯用意されているので、物が増えがちな家庭にもおすすめ。スライドレールがついたフルオープンタイプの引き出しで、物の出し入れも楽々ですよ。しかも、安心の国内生産品です。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅150 テレビ台 ゼウス(59,800円)
収納力抜群で配線もすっきり片付く

横幅150cmとコンパクトながら、大容量の収納スペースを完備したテレビ台です。高さ約5cmの引き出しと、高さ約14cm引き出しを両サイドに設けています。細々したものをすっきり片付けられますよ。さらに、中央にはAV機器を置くのに適したフラップ扉収納があります。

フラップ扉内は移動棚になっていて、高さを3段階で調節可能。無駄なく収納できますよ。ウォールナットとアルダーから選べ、2色とも天然木を使用して作られています。さらにフラップ扉はブラックガラス製。部屋に高級感をもたらしてくれますよ。落ち着いた印象のテレビ台を求めている人に最適。

→商品詳細へ

まとめ

好みの高さと幅を持った完成品のテレビ台がおすすめ

テレビをちょうどいい高さに設置することが、テレビ台を置く最大の目的ですよね。そのため、まず高さをチェックすることは重要です。それから、テレビをバランスよく安全に置くことも大事なので、横幅もしっかり確認してください。その上で、デザインや収納など、自分が重視する点を比較してみましょう。そうすることで、使い勝手がよくバランスのいいテレビ台を見つけることができるはずです。今回ご紹介したテレビ台の特徴やおすすめ商品などをぜひ参考にしてみてくださいね。

次の記事 120cmのテレビ台のおすすめランキング!おしゃれなウォールナット製も