スキップ
玄関収納のおすすめランキング!ボックスやラックも

玄関収納のおすすめランキング!ボックスやラックも

玄関は家の顔とも言われる重要な場所ですから、いつもきれいに保っておきたいものですよね。しかし、家族の人数が多い場合などには、玄関のたたきに靴があふれた状態になり、なかなか片付かないというケースもあるのではないでしょうか。すっきりした玄関を目指すなら、玄関収納をうまく活用するのがおすすめ。こちらで、玄関収納のおすすめランキングや選び方などについてご紹介していくので、購入の際の参考にしてくださいね。

玄関収納の魅力とは?

靴を数多く収納できて玄関を綺麗に保てる


家族が多いと、どうしても靴が多くなり玄関が片付きにくいですよね。一人暮らしや二人暮らしでも、ブーツやスニーカー、フォーマル用の靴、サンダルなど、季節やTPOに合わせて用意しなくてはならないので、靴が増えていきがちです。玄関収納があれば、数多くの靴を一か所にまとめて収納しておくことが可能。たたきに出す靴を減らすことができるので、玄関をいつもきれいに保つことができますよ。

コートや帽子など外出時に必要なものをまとめておける

その日の気温や天気などによって、コートや帽子が必要かどうか変わってきますよね。外に出てみて思ったよりも寒かった時、また部屋まで戻ってコートを取りに行くのは大変なものです。玄関収納の中には、靴だけではなくコートや帽子、バッグなどもまとめて収納しておけるものも。外出に必要なものが玄関に揃っていれば、出がけに慌てずに済みますよ。

玄関収納の種類

ハイタイプ

たくさん収納できるので大人数で使用可能

玄関収納の中には、高さが180cmを超えるような背の高いものもあります。靴がたくさん収納できるので、家族の人数が多い場合や、シーズンごとの靴をすべてまとめて収納したい場合にもおすすめ。収納力を一番に重視するなら、ハイタイプを選ぶのが良いでしょう。

ハイタイプを設置すると、玄関が狭くなってしまうのではないかと心配な方も多いと思います。設置できるスペースがあまりないという方は、ハイタイプの中でも幅が狭いものを選ぶようにしましょう。省スペースと、収納力の高さの両方が叶いますよ。

ロータイプ

圧迫感が少なく天板に物を飾ることもできる

収納する靴があまり多くない方や、玄関の圧迫感を無くしたいという方は、ロータイプの玄関収納を選ぶのがおすすめです。ハイタイプの半分くらいの高さなので、目の高さの空間を広く保てるのが魅力。収納力が心配という方は、幅が広めのものを選ぶことでカバーできるでしょう。

ロータイプは、天板の上に物を置けるのもメリットです。季節ごとのディスプレイを楽しむのも良いですし、鍵などを外出時にすぐ持って行けるように置いておくのもおすすめ。マスクなどよく使うものを置いて、さっと使えるようにしておけるのも便利ですね。

天袋タイプ

天井付近のデッドスペースを有効活用できる

天井に近い、高い位置に取り付けるタイプの玄関収納です。通常はデッドスペースになってしまう場所に設置することで、スペースを有効利用できるのがメリット。ブーツやサンダルなどの季節ものや、あまり使わないフォーマルシューズなどを収納しておくのにも便利でしょう。

天袋タイプの玄関収納は、ロータイプと組み合わせて使われている例も多いです。ロータイプと同じテイストのデザインを選ぶことで、統一感を演出できます。ロータイプと天袋タイプの間にスペースができるので、すっきりした印象になるのもポイント。空いたスペースでディスプレイを楽しむこともできますよ。

玄関収納の選び方

素材で選ぶ

玄関におしゃれさをプラスするなら木製

玄関収納には、さまざまな素材が使用されています。あたたかみのあるおしゃれな玄関を演出したいなら、木製を選ぶのがおすすめです。木製といっても、切り出した木材をそのまま使用する無垢材、薄くスライスした木材を基材に貼る突板仕上げなど加工はさまざま。ほかにも、合板にプリントなどを施した化粧合板が使用された玄関収納もあります。無垢材は木材そのもののぬくもりが感じられ、化粧合板はリーズナブルなど、それぞれにメリットがあるので、どのような加工がされているかにも注目して選びましょう。

耐久性の高さを重視するなら金属製

耐久性の高さ、丈夫さを重視して玄関収納を選ぶなら、金属製のタイプを選ぶのが良いでしょう。デザイン面ではシンプルなものが多いので、シックで落ち着いた玄関を演出したい場合にもおすすめ。金属製の玄関収納は、扉の付いていないラックタイプのものが多いので、靴の取り出しやすさを重視したい方にも向いているでしょう。

軽さやカスタマイズ性を重視するならプラスチック製

軽くて移動も簡単なのが、プラスチック製の玄関収納です。一足ずつ収納できるタイプや、ラックタイプなどが多いのが特徴。リーズナブルなものが多いので、同じシリーズのものを買い足せば、靴が増えた時に対応しやすい点もメリットでしょう。また、軽いので必要がなくなった際に撤去するのも簡単。状況に合わせてカスタマイズしたい方におすすめですよ。

扉の仕様で選ぶ

狭いスペースに設置するなら引き戸タイプ

扉をスライドさせて使う引き戸タイプのものは、扉が横に開閉するので、設置スペースが少ない場合におすすめ。狭い玄関でも開閉のしにくさを感じず、使用時のストレスが軽減できます。玄関のスペースが狭く、玄関収納の設置を諦めてしまっている方も、これなら玄関収納を置くことができますね。狭いスペースへの設置を考えているなら、扉の開閉方法にも注目して選ぶのがおすすめですよ。

中身の見やすさを重視するなら開き戸タイプ

扉が両側に大きく開く開き戸タイプの玄関収納は、中を見渡しやすく、お目当ての靴をさがしやすいのが魅力。さらに、玄関収納内の掃除がしやすい点も嬉しいポイントです。開き戸タイプには、取っ手が扉の表面に付いているタイプと、扉の上部に指をかけて開けるなど取っ手の付いていないタイプがあります。すっきりしたデザインが好みなら、表面に取っ手が付いていないタイプを選ぶのが良いでしょう。

お手入れ機能で選ぶ

泥などの汚れが気になるなら洗いやすい棚が取り外せるもの

玄関収納の中には、棚を取り外して水洗いができるものがあります。雨の日に履いた、泥が付いた状態の靴を収納してしまった後のしつこい汚れも、水洗いできれば、簡単に落とせますよね。棚を外して掃除できれば、大掃除も楽々です。いつも清潔に使いたいなら、棚の水洗いができるかどうかという点は、ぜひチェックしておきたいポイントです。

においを防ぐなら防臭加工付き

長時間履いた靴を収納する場合などは、玄関収納内にこもってしまうにおいが気になりますよね。防臭機能が施された玄関収納を選べば、消臭剤などを設置する手間がいらないのがメリット。また、消臭剤などを定期的に購入するコストも、設置するためのスペースも不要になりますよ。玄関収納の購入時には、防臭機能の有無もぜひチェックしてください。

湿気がこもるのを防ぐならルーバー加工付き

玄関収納の扉の中には、ルーバー加工されたものがあります。すき間が開いているので、常に風通しの良いのがポイント。中に湿気がこもってしまうのを防ぐことができます。ルーバー加工された扉の最大のメリットは、中の湿気を外に逃がすことで、カビの繁殖やにおいの原因となる雑菌などを防げる点。大切な靴をダメージから守ることができますよ。

付属機能で選ぶ

ミラー付きならお出掛け前に身だしなみを整えられる

ハイタイプの玄関収納の中には、扉にミラーが付いたものもあります。髪の乱れやネクタイが曲がっていないかどうかなどをチェックすることができ、出かける直前にさっと身だしなみを整えることができるのが魅力。また、ハイタイプに付いているミラーは、ほぼ全身が映るサイズのものが多いため、ファッションのコーディネートをチェックしやすい点もポイントでしょう。

飾り棚付きなら鍵などの小物を置ける

ハイタイプの玄関収納は小物などを置くことができないのが一般的ですが、なかには中央付近に飾り棚が付いているものもあります。玄関のインテリアのアクセントになる小物を置けば、おしゃれな玄関を演出できるのが嬉しいポイント。さらに、鍵や宅配便用の印鑑、マスクなど、さっと用意できると嬉しい小物を置いておくこともできて便利です。

おすすめ&人気の玄関収納ランキング

大きめサイズでおすすめの玄関収納

タンスのゲン-幅90cm ルーバーシューズラック(10,999円)
最大28足収納できて家族で使いやすい

幅が90cmの、ルーバータイプの玄関収納です。6枚の棚のうち5枚が可動するので、靴の高さにぴったり合わせることができる点もポイント。ロングブーツや長靴など、高さのある靴も収納することができますよ。可動棚は、少し上に持ち上げることで簡単に取り外すことが可能です。

棚の奥行きが30cmあるので、大きめのメンズシューズもしっかりと収納することができます。さらに、収納目安が最大で28足なのも魅力。たっぷり収納できるので、家族が多い方にもぴったりでしょう。奥行きの深さと収納力の高さで選びたい方に向いている玄関収納です。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅90 ミラー付ハイタイプシューズボックス(49,999円)
外出前に身だしなみを整えられて便利

高さ185cm、幅90cmの玄関収納です。収納できる靴の目安は25足から35足。大型で、収納力抜群の玄関収納が欲しいという方に向いているでしょう。棚を6cm間隔で調節できるので、ロングブーツなど高さのあるものをぴったり収納したい方も、ぜひ注目してください。

扉には全身が映る鏡が付いているので、出かける前に身だしなみを整えることができます。鏡の高さは185cm。身長の高い方でも、全身をチェックすることができますよ。さらに、ちょっとした小物が置いて置ける飾り棚も。センス良い小物を飾ることで、おしゃれな玄関を演出できます。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅85 ミラー付 シューズボックス(49,800円)
奥行きが深く大きな靴も収納可能

スタイリッシュなデザインが魅力の玄関収納です。扉の中央に縦にミラーが付いていて、便利なうえにインテリア性が高いのもポイント。ナチュラルやダークブラウン、ホワイトの3色がラインナップされているので、床の色や玄関の印象に合わせて選ぶことができます。

高さは180cmあり、最大で32足まで収納することができるので、収納力を重視して選びたい方にも向いています。棚板は6cmの間隔で高さを調節することができるので、高さのある靴も収納することが可能。また、奥行きが34cmと深いのが特徴で、靴のサイズが大きい方も安心して使用できます。

→商品詳細へ

おしゃれなデザインでおすすめの玄関収納

タンスのゲン-幅90 完成品 シューズボックス(32,999円)
大理石調でデザイン性の高さが魅力

大理石のようなデザインで、個性的な存在感を演出できる玄関収納です。シックな印象の玄関を目指したい方におすすめ。カラーはブラックとホワイトがあり、どちらを選ぶかでガラッと雰囲気が変わります。目指す玄関のイメージで選んでくださいね。

棚板は、外して水洗いをすることができます。お手入れが簡単なので、いつも清潔に使える点が魅力。棚板は傷ができにくい仕様になっており、砂利などで傷ついてしまうのを防ぐことができますよ。さらに、背板に防臭コーティングが施されているのもポイント。アンモニア臭などをすばやく脱臭します。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅80 ロータイプシューズボックス(49,999円)
奥行きの深さと通気性の良さがポイント

ナチュラルな印象が魅力の玄関収納です。扉はルーバータイプになっており、デザイン性の高さと通気性の良さを兼ね備えている点も魅力。さらに、背面化粧が施されており、裏側まできれいな点も特徴です。細かいところまでこだわって選びたい方は、ぜひ注目してみてください。

棚は可動式になっており、約3センチのピッチで調節が可能です。17段階と細かく調節ができるので、持っている靴の高さに合わせて棚をカスタマイズしやすいのもポイント。さらに、有効内寸が33.5cmと深いので、サイズの大きい靴を収納したい場合にも安心して使用できます。

→商品詳細へ

スリムタイプでおすすめの玄関収納

タンスのゲン-幅60 ハイタイプシューズボックス(28,999円)
インテリアに合わせて2色から選べる

高さ151cm、幅60cmの玄関収納です。ハイタイプでありながら、幅60cmとスリムな点が魅力。あまりスペースを取りたくないけれど、靴をたくさん収納したいという方に向いているでしょう。また、カラーはホワイトウォッシュとウォールナットの2色で、玄関のイメージに合わせて選べます。

飾り棚を挟んで上段、下段に分かれたデザインです。下段にはよく使うものを、上段にはあまり使わない季節ものなどをしまっておくのも良いでしょう。下段の可動棚は6センチ間隔で9段階と、細かく調節することが可能。上段の棚も2段階で調節が可能になっています。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅60 ロータイプシューズボックス(25,999円)
アンティーク調のデザインがおしゃれ

アンティーク調のおしゃれな扉が細かく開くようになっているのが特徴の、玄関収納です。扉の色で収納するものを変えたり、家族で色を決めて使い分けたりするのもおすすめ。家族がそれぞれ使う場所を決めておくことで靴が行方不明にならず、さがしやすいのが魅力ですよ。

背面の全体に脱臭機能のコーティングが施されているので、玄関収納内のにおい対策ができる点も魅力です。さらに、棚はPVC製で、取り外して水洗いができるのも特徴。傷もできにくいので、いつまでも美しく使うことができますよ。デザイン性の高さと、お手入れのしやすさを兼ね備えた玄関収納をさがしている方にぴったりです。

→商品詳細へ

まとめ

設置スペースに合った玄関収納がおすすめ


玄関収納を活用すれば、たたきに散らかりがちな靴をきれいに整理でき、玄関をすっきり保つことができます。しかし、不適切なサイズを購入してしまうと、玄関が狭くなってストレスを感じたり、収納スペースが足りずに結局片付かなかったりと失敗する結果に。玄関収納を置くためのスペースがどのくらいあるかチェックし、何足くらい靴を収納したいかを考慮したうえで、ぴったりのものを選んでくださいね。

次の記事 突っ張りラックのおすすめランキング!玄関やキッチンにも