スキップ
ソファーのおすすめランキング!一人暮らしにも

ソファーのおすすめランキング!一人暮らしにも

自分のお部屋に合うソファの選び方

自分に合ったソファーとは?

インテリアの中でも存在感が大きく、部屋の印象を左右するソファー。室内の広さや使う人数に合わせてサイズを選んだり、レイアウトを組んだりすることが大切です。ソファーは大切なくつろぎの時間に座る場所なので、座り心地の良いソファーを選びたいですね。この記事では、おしゃれな人気のソファをランキング形式でご紹介します。ソファーの種類や、機能性についても詳しく解説するので、ソファー選びの参考にしてみてくださいね。

ソファーの魅力とは?

存在感があり部屋をおしゃれに見せるのに最適

存在感のあるソファ

一言でソファーと言っても、カラーやデザイン、使われている素材、サイズなど多くの種類があります。ソファーは部屋の家具の中でもサイズが大きく、存在感のあるもの。既存のインテリアを考慮したおしゃれなソファーを選べば、部屋のインテリアを格上げできますよ。また、ソファーの中にはカバーを気軽に取り替えられるものもあり、ソファーカバーを変えることで簡単に部屋の雰囲気も変えることができるでしょう。

本当に座り心地の良いソファーは生活にメリハリを与えてくれる

座り心地の良いソファ

本当に座り心地の良いソファーは、リラックススペースとして欠かせない存在です。読書をしたり音楽を聴いたり、お昼寝をしたりとくつろぐためにもソファーは欠かせません。仕事から帰った時も、座り心地の良いソファーで休むことで疲れを癒すこともできるでしょう。食事をするダイニングチェアと、仕事をする作業用チェア、くつろぐソファーと目的別に分けることで、生活にメリハリが生まれるのもソファーの魅力です。

ソファーの種類

1人掛けソファー

幅90cm~100cmの小さめサイズでワンルームに置きやすい
ワンルームに置きやすい1Pソファ

一人で座ることを目的に設計されたソファーで、一人暮らしの方や部屋が手狭な方におすすめです。またデザインがおしゃれな一人掛けソファーは、自分だけの特等席として満足感を味わうことができるでしょう。一人掛けソファーは、横幅がない分お部屋に圧迫感なく設置できるのもメリット。スペースを節約しながら、くつろげるスペースを作ることができます。

一人掛けソファーは、部屋のスペースやインテリアに合わせておしゃれなレイアウトがしやすいのも特徴です。オットマンと組み合わせれば、リラックス度も高まるでしょう。部屋が広ければ一人掛けソファーを並べて置いたり、斜めに置いたりするのもおすすめ。邸宅風のおしゃれなインテリアに早変わりします。単体で使用するのはもちろん、二人掛けソファーと組み合わせるのもいいですね。

2人掛けソファー

幅140cm~160cmの一般的なサイズで色々なくつろぎ方が可能
一人暮らしや二人暮らしにおすすめのコンパクトソファ

ソファーの中でも一番種類やデザインが多いのが、二人掛けソファー。二人掛けと表記されていても、大人二人がゆったり座れるサイズから一人でゆったり座れるコンパクトな二人掛けまで、サイズの幅も広いのが特徴です。足を伸ばして座ったり、横になったりと一人掛けのソファーではできないくつろぎ方を楽しめます。

デザインや色の種類が多い二人掛けソファーは、家具やインテリアに合わせたレイアウトを組みやすいのが特徴です。たとえば、二人掛けソファーを向かい合わせに配置すればカフェ風の雰囲気に。木製のメインの家具がリビングにある場合、肘掛けや脚部分が木製のものを選べばインテリアに統一感が生まれます。ナチュラルインテリアや北欧風のインテリアに早変わりするでしょう。

3人掛けソファー

幅170cm~200cmの大きめサイズで家族みんなでくつろげる

大人も子供もゆったりと座ったり横になったりできる三人掛けソファー。家族並んでテレビを鑑賞するときや、リラックスしたい時も圧迫感なくゆったりと座れます。ちょっとした仮眠にも使いやすいでしょう。三人掛けは横幅が最大200cmほどになるものもあるので、設置すると存在感のあるものに。置き場所の確保をしてから購入するようにしましょう。

三人掛けはサイズが大きいので、その大きさの特徴を活かしたレイアウトがおすすめです。リビングとダイニングがつながった、LDKの真ん中に三人掛けソファーを配置するのもいいですね。スペースを仕切って空間にメリハリを与えられます。また三人掛けの圧迫感を軽減するために壁に沿って配置するのもおすすめ。圧迫感が軽減し、部屋を広々見せる効果もあります。

ソファーの選び方

少数世帯向けで選ぶ

一人暮らしや二人暮らしには小さめに設計されたコンパクトソファー

二人掛けのソファーを置きたいけど、部屋が手狭で置き場所の確保が難しい方はコンパクトソファーを検討しましょう。二人掛けのソファーよりも横幅や座面を短く設計しており、動線を邪魔せず設置が可能です。横幅は100cmから115cmサイズ、座面の奥行きは80cm前後が一般的。一人で座るのには余裕があり、二人でも難なく座れるサイズになっています。

スペースが限られるなら一台二役のソファーベッド
一台二役のソファーベッド

部屋が大きくなくても、ソファーとベッドの両方を置きたいと考えている方はソファーベッドがおすすめです。背もたれをフラットに倒すタイプや、足元のフレームを引き出すことでベッドのような奥行きを出せます。ソファーとベッドの二役を兼ねるので、予算を抑えながら家具を設置したい方におすすめ。また来客用のベッドとして用意しておくこともできますね。ベッドも毎日使うことを考慮してソファーベッドを購入するなら、体圧分散に優れているものやポケットコイル入りなど寝心地の良いものを選びましょう。

ファミリー向けで選ぶ

3人以上の家族や来客が多いならカウチソファーやコーナーソファー

家族や来客が多く、みんなでゆったりソファーで過ごしたいならカウチソファーやコーナーソファーがおすすめです。カウチソファーとは足を伸ばして座れる長椅子付きのソファーのこと。コーナーソファーは複数のソファーを組み合わせたL字型のソファーです。どちらのソファーも、足を伸ばして座れるだけでなく、ゆったり横になれるのが特徴。ソファーの上でさまざまなくつろぎ方をしたい方に選ばれています。

子供やペットがいる家庭には清潔に保てるカバーリングソファー

ペットの毛や子供の食べこぼし対策にカバーリングソファーは最適。カバーの取り外しが可能なので、定期的に洗濯できます。特にファブリックソファーは汚れやすく、アレルゲンも発生しやすいのでいつでも清潔に洗濯できるカバーリングソファーは重宝するでしょう。また、季節の模様替えや部屋のインテリアに合わせてカバーを交換できるのもメリット。インテリア性を重視する方にも選ばれています。

食卓テーブルと合わせるなら食事がしやすいダイニングソファー

ダイニングテーブルと組み合わせるソファーが欲しいなら、ダイニングソファーがおすすめです。通常のソファーよりも座面や背もたれがしっかりしており、体を真っ直ぐ伸ばしやすくなっています。座面の奥行きも狭めなので、背もたれに体を預けながらも食事がしやすいですよ。食事だけでなく、ダイニングテーブルで宿題や勉強をするのにも重宝します。ダイニングソファーを選ぶときには、手入れのしやすさを考慮して選ぶのが大切。水拭きができて手入れが楽な合成皮革や、洗濯できるカバーリングタイプがおすすめです。

耐久性で選ぶ

ポケットコイル入りだとへたりにくく座り心地が良い

ソファーはスプリングが劣化すると一気に座り心地が悪くなります。ソファーの耐久性を維持して、へたりにくいソファーを選ぶためにもバネやコイルの種類や形状のチェックが必須です。耐久性を重視して選ぶならポケットコイルを採用したソファーがおすすめ。独立したコイル形状で、座った場所に合わせて点で体を支える仕組みになっています。心地よい身体へのフィット感とヘタリにくい形状で、長く快適な座り心地を保てるでしょう。

耐久試験に合格していると長く使えて高コスパ

メーカー独自や国内の第三者機関などで行なった耐久試験の結果は、品質の高いソファーを選ぶ際には大切なチェックポイントです。試験成績書の証明書や実際の試験の様子が掲載されているソファーなら、安心度が高く、長く快適に愛用することができるでしょう。耐久試験済みのものを選ぶときには、背もたれや座面をそれぞれ別にチェックしているかも確認。より細かなチェックで、買ってすぐの破損や緩みを避けられます。

機能性で選ぶ

リクライニング機能付きならソファーでゆったりくつろげる

くつろげるソファーを探しているならリクライニング機能付きがおすすめです。背もたれを自動や手動で倒すことのできる機能で、楽な姿勢に調節できます。テレビを見る姿勢や横になりたい時に、快適と感じる角度は人それぞれ。リクライニング機能があれば、自分好みの角度に背もたれを調節してリラックスできるでしょう。リクライニングソファーを選ぶときには、何段階の調節ができるかをチェックするのがポイント。無段階調節や段階数が多いソファーほど、自分好みの姿勢に調節しやすくなります。

収納付きならお部屋の収納力が格段にアップ
収納付きのソファ

お家にクローゼットがない場合や、今後物が増えることを想定している場合は、収納付きソファーがおすすめ。引き出しや跳ね上げ式の座面に、大容量の収納スペースがあれば部屋の荷物を片付けられます。布団や衣類などの生活感の出やすいものを、ベッド下に格納すれば部屋がスッキリと片付くでしょう。引き出し式か跳ね上げ式かは、収納したものを取り出す頻度に合わせて選ぶのが大切。引き出し式は利便性が高く、頻繁に取り出したいものを入れておくのに重宝します。跳ね上げ式は収納スペースが広いので、オフシーズンの衣服や絨毯など頻繁に取り出す必要がないものを入れるのにおすすめです。

おすすめ&人気のソファーランキング

1人掛けでおすすめのソファー

タンスのゲン-天然木フレームの1人掛けソファー (12,800円)
天然木フレームで部屋に優しさと温かさをプラスできるおしゃれソファー
一人掛けおすすめソファ

部屋の中にアクセントをプラスしたい方におすすめの1人掛けソファーです。優しい印象のファブリックとメンズライクなPVCレザーからソファー生地を選べます。天然木フレームとのMIXデザインで、部屋の中で存在感を放つ存在に。オットマンをプラスしたり2人掛けソファーと合わせたりして、自分好みのレイアウトを作ることができるでしょう。

座り心地の良さもこの1人掛けソファーの魅力。程よい硬さの座面と背もたれは、長時間座っても痛くなく、心地よく過ごせます。読書をしたり音楽を聴いたり、自分だけの時間を過ごすのにぴったり。肘掛けも広くゆったり体を預けられるでしょう。

→商品詳細へ
タンスのゲン-ヴィンテージ1人掛けソファー(16,800円)
ヴィンテージ感溢れるデザインとリラックスして過ごせる機能付きソファー
座りやすいヴィンテージソファ

古めかしさと上品さを併せ持ったアンティーク風ソファー。部屋に置くだけで部屋の印象が格上げされ、高級感のある洗練されたイメージに仕上がります。肌に触れる箇所には滑らかなソフトレザーを採用。上質な触り心地と柔らかさで体を包みます。

座面が広く、男性でもしっかり体を預けられるサイズが特徴。座面の上であぐらをかいてリラックスできるほどのサイズになっています。座って過ごすだけでなく、寝転がれるのも魅力。背もたれはレバー式の180度無段階リクライニング、ヘッドは5段階に角度調節可能です。好みの姿勢でリラックスできるので、1日中快適に過ごせるでしょう。

→商品詳細へ
タンスのゲン-オットマン&ミニテーブル付き1人掛けソファー(79,800円)
1日中足を伸ばしてリラックスして過ごせる贅沢ソファー

自分専用のソファーで、ゆっくりくつろいで過ごしたい方におすすめです。ふかふかクッションで座り心地がよく、体を包み込むので快適に過ごせます。95度から133度の無段階リクライニングなので、過ごしやすい角度に調節できるのも魅力。読書時や昼寝時などシーンごとに使い分けられるのはいいですね。

肘掛け部分もソファーと同じヌバック調生地を使用しているので、腕が痛くなりません。サイドテーブルは、読みかけの本やコーヒーカップを置くのにも最適です。左右どちらにも取り付け可能で、置き場所や利き手によって付け替えられますよ。オットマン付きで足を伸ばしてゆったり座れますし、椅子を回転させることによりオットマンを避けて椅子から降りるのも簡単です。

→商品詳細へ

2人掛けでおすすめのソファー

タンスのゲン-2WAY2人掛けソファー(10,999円)
インテリアや好みに合わせてカラーを選べるベーシックソファー
2人掛けおすすめソファ

ひとり暮らしのようにスペースが限られた空間や、狭い寝室にも置きやすい2人掛けソファーです。2人で座るのはもちろん、1人でゆったり座りたい方にもおすすめ。どんなインテリアにも馴染みやすいシンプルなデザインで、部屋の雰囲気を壊すことなく配置できるでしょう。価格は1万円台とリーズナブルで、新生活を始める方にもおすすめです。

価格は安価でも、見た目以上にしっかりしているのも魅力。体重がかかる座面には復元力が高いSバネを使用し、ヘタリにくい構造になっています。12cmのソファー脚は取り外しができて、使いやすさをアップさせていますよ。脚をつければ、お掃除ロボットもなんなく通れるので清潔に保てます。部屋の圧迫感を軽減させるために、脚を外してローソファーにするのもおすすめ。好みに応じて使い分けられます。

→商品詳細へ
タンスのゲン-超広々座面3WAY2人掛けソファー(49,800円)
ゆっくりリラックスして過ごしたい方向けの贅沢な広座面が魅力

このソファーの魅力はゆったり座れる座面の広さ。座面の奥行きは107cmもあり、ゆったり座るのはもちろん横になってうたた寝もできます。背もたれ部分は可動式になっているので、手前にセットすればスタンダードな2人掛けソファーに組み直すことも可能。奥にセットすれば超広々座面に早変わりします。シーンに合わせて選べるのもいいですね。

7段階のリクライニングができるので、肘掛けが邪魔にならずにゴロンと横になれます。程よいクッション性で心地よく、リラックスして過ごせるでしょう。玄関や廊下が狭いアパートや古いヴィンテージマンションでも搬入しやすいよう、コンパクトに梱包して配送してくれますよ。入口が狭く大きめのソファーの導入を諦めていた方におすすめできるソファーです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-リバーシブルツートン2人掛けソファー(39,800円)
その日の気分に合わせてカラーチェンジできるリバーシブルデザイン

その日の気分に合わせてイメージチェンジが可能な、リバーシブルデザインのソファーです。背もたれや座面部分が、エレガントで女性らしいピンクとナチュラルなベージュの2色展開になっています。それぞれのカラーで異素材を使用することで、グラデーションになっているのが魅力。自分好みのソファーにしあげることができますよ。

背もたれ部分はふっくら、座面はやや硬めと部位ごとに硬さを変えているのも特徴。身体をしっかり支える座り心地で、ヘタリにくくなっています。また生地の縫製密度が高いため、生地に物が引っかかりにくいのも魅力です。ペットを飼っているご家庭でも快適に使えるでしょう。

→商品詳細へ

3人掛けでおすすめのソファー

タンスのゲン-ヘッドレスト付き3人掛けソファー(52,800円)
レイアウトを固定しないライフスタイルに合わせた自由な配置が可能

好みの形に仕上げることができるカウチソファーです。ヘッドレストは、背もたれ1つ1つについて取り付けるかどうかを選ぶことが可能。取り付けたヘッドレストは、好みの高さや角度に調節できますよ。家族のみんなが自分好みのソファーに座ることができるので、とても快適に感じられるでしょう。

ソファーの素材には贅沢な質感のソフトレザーを選ぶことも可能。高級感を高めるだけでなく、汚れたらサッと一拭きできる手入れのしやすさも魅力です。ファブリックはインテリアに馴染みやすく、温かさと優しさをプラスします。座り心地と耐久性にこだわった9層構造で、身体をしっかり支えて快適に過ごすことができるでしょう。

→商品詳細へ
タンスのゲン-跳ね上げ式収納付き3人掛けソファー(49,800円)
部屋がスッキリ片付く収納スペース付きカウチソファー
便利な収納付きソファ

部屋に物が多く、大型のソファーを置くと圧迫感を感じてしまうなら収納付きがおすすめです。カウチ部分には収納スペースがついており、溢れている荷物をたっぷりと収納できます。奥行きがあるため、掃除機のような長さがあるものも楽々収納可能。生活感を隠してソファーを主役として配置できます。

脚元を引き出せば、座面の拡張ができるのが魅力。カウチの奥行きと同じ長さまで拡張することができ、ベッドスタイルに変身します。座ってくつろぐだけでなく、だらだらしたい日の休日スタイルにアレンジすることができるでしょう。幅広い使い方ができる高機能ソファーを探している方におすすめです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-カバーリングカウチソファー3人掛け(49,800円)
取り外して洗えるカバーリングでいつでも清潔に使用できる

4つのパーツを好みに応じて組み替えられる、レイアウト自在のソファーセットです。1人掛けソファーやオットマンのパーツを組み替えて様々な置き方が可能。その日の気分や座る人数、模様替えに合わせてソファーのレイアウトを変更できます。どんな部屋にも馴染みやすい爽やかなカラーリングも魅力的。飽きずに長く使えるでしょう。

どこに座っても快適な座り心地で疲れません。ボリューム満点の背もたれやアームレストで、ふんわりと身体を包み込みます。座面や背もたれ、付属クッションのカバーは取り外してクリーニングできるので清潔に使えますよ。お子さんやペットのいるご家庭でも安心ですね。

→商品詳細へ
タンスのゲン-アイランドソファー3人掛け(138,000円)
座面高40cmのダイニングテーブルにも合わせやすいアイランドソファー
ダイニングにピッタリのアイランドソファ

360度どこからでも座りやすく、さまざまな使い方が可能なアイランドソファーです。高さ65cm前後のダイニングテーブルに合わせるのもおすすめ。背面からソファーに座ることもできるため、さまざまなシーンで活躍します。家族みんなで座るダイニングテーブルソファーとしても使いやすいでしょう。

リビングとダイニングの間に置けば、それぞれの使い方ができるのもアイランドソファーのメリット。背クッションの配置次第で、前後左右どこでもくつろいで座れます。背クッションはどっしりと重厚感があるので、配置後もぐらつかずに身体を預けられるでしょう。高密度ウレタン生地でヘタリに強く、快適な座り心地が長く続きますよ。

→商品詳細へ

まとめ

レイアウトしやすいおしゃれで機能的なソファーがおすすめ

ソファには、サイズや素材、デザインなどの違いにより、とても多くの種類があります。リクライニング機能や収納スペースなど機能性に長けたソファーもあり、使いやすくくつろげる空間作りに役立ちます。ソファーを選ぶ際には、部屋が窮屈にならないよう空間に合わせたサイズのものを選ぶことも大切。部屋のインテリアや空間にピッタリあった、お気に入りのソファーを選んでくださいね。

 

前の記事 ローソファーベッドのおすすめランキング!選び方も