スキップ
ソファベッドのおすすめランキング!一人暮らし用も

ソファベッドのおすすめランキング!一人暮らし用も

限られた空間の中にベッドとソファのどちらも置くことができれば、お部屋での時間をもっとリラックスして過ごせますよね。そんな時におすすめしたいのがソファベッドです。お部屋にソファベッドがあれば、日常的な使用はもちろん来客時の簡易ベッドとしても活躍してくれますよ。そこで今回は、おすすめのソファベッドをランキング形式でご紹介。ソファベッドは操作方法によって種類が分かれており、選び方にもポイントがあるので詳しく解説します。ぜひお気に入りのソファベッドを見つけて、より充実したお家時間を過ごしてくださいね。

ソファベッドの魅力とは?

ベッドとソファを兼用し限られた空間を有効活用できる


ソファベッドとは寝ること以外に、座ったりくつろいだりできる機能を兼ね備えた、ベッドに変形するソファのこと。特に、ソファを置きたいけれどスペースを取れないという一人暮らしやワンルーム住まいの方におすすめです。1台で2つ分の役割をしてくれるので、お部屋をすっきり見せたいという方にも向いています。

大型家具の購入を1台分の費用に抑えられる


ベッドやソファなどの大型家具は、一つ一つお値段が張ることもしばしば。しかし、ソファベッドであれば1台で2つの家具として利用できるため、購入費用を抑えられます。さらに、収納が付いた多機能なタイプを選べば、よりスペースを有効活用できますよ。

ソファベッドの種類

折りたたみ式

コンパクトに変形するのでワンルームにもおすすめ

ソファの座面を手前に引き出してベッドにするのが、折りたたみ式のソファベッドです。ベッドサイズからソファへとかなりコンパクトに変形するため、ワンルームや一人暮らしのお部屋にぴったり。さらにロータイプのものを選べば、圧迫感なくお部屋を広く見せることもできますよ。

折りたたみ式には3つ折りや4つ折りのもの、背もたれがリクライニングするものがあるため、利用目的によって選びましょう。ベッドサイズにした時の厚みがしっかりあれば、ソファでは底付き間のない座り心地が得られます。中には、背もたれはソファの状態で、足だけ延ばしてリラックスできる3way仕様のものもありますよ。

リクライニング式

ワンタッチで好みの角度に早変わり

背もたれをフラットにしてベッドに変形させるのが、リクライニング式のソファベッドです。折りたたみ式に比べ場所を取りますが、変形はワンタッチで楽に行うことができます。さらに、リクライニングは角度調節可能なものが多く、より好みに合わせて座りたい方やリラックスしたい方にもおすすめです。

リクライニング式には脚付きのタイプや大きな座椅子のようなロータイプのものがあり、お部屋の広さや用途に合わせて選ぶことができます。脚付きはよりベッドに近く、固めの座り心地のものが主流。ロータイプはクッション性が高く、より柔らかな寝心地を求める方におすすめです。

ソファベッドの選び方

部屋の広さで選ぶ

6畳程度ならコンパクトな折りたたみ式

6畳程のお部屋だと、ベッドとソファの両方を置くのは難しいですよね。そんな時には、コンパクトに変形する折りたたみ式のソファベッドがおすすめです。シングルベッドサイズのものであれば、ソファなら1.5人掛けほどになり、ゆったりとくつろぐことが可能。さらに、小柄な女性であれば2人で座ることもできるので、来客時にも活躍してくれますよ。

8畳以上なら収納付きのリクライニング式

8畳以上のお部屋で使用するなら、リクライニング式のソファベッドがおすすめです。少し場所を取るイメージですが、収納が付いたタイプはさらに利便性が良く、使わないときは布団などをしまっておくこともできますよ。また、ソファベッドを来客用の簡易ベッドとして使う場合にも、リクライニング式なら誰にでも簡単に操作できるという利点があります。

寝心地で選ぶ

ベッドに近い寝心地がお好みならコイルクッション

ソファベッドをメインの寝具として利用する場合、寝心地は重要ですよね。ベッドのように程よい弾力と固さを求める方には、座面にコイルクッションを使用したタイプがおすすめです。マットレスのように体の重みを均等に支えてくれるため、通常のベッドと変わらない使用感で眠ることができますよ。さらに、同じ箇所に圧がかかってもへたりにくい構造なので、耐久性にも優れています。

布団に近い寝心地がお好みならウレタンクッション

ウレタンクッションを使用したタイプは、布団のような寝心地を求める方におすすめです。ロータイプで折りたたみ式のものに多く採用されており、体を柔らかく包み込んでくれますよ。素材が柔らかいためコイルに比べて耐久性は劣りますが、その分安く買えるというメリットも。中には同じ素材のクッションがセットになったものもあり、ひじ掛けや枕としても活用できます。

素材で選ぶ

フェイクレザーなら撥水性に優れお手入れが楽

高価でメンテナンスに手間のかかる革素材も、フェイクレザーであれば手軽に取り入れることができます。特にソファとして使う際には、食べ物や飲み物で汚れてしまうこともありますよね。フェイクレザーであれば水拭きすることが可能なため、表面をより清潔に保てます。特に、小さいお子様のいるご家庭やペットを飼っている方におすすめです。

ファブリック素材なら通気性に優れ一年中快適

色や柄が豊富で、お部屋の雰囲気や他の家具に合わせやすいファブリック素材。通気性に優れていてサラサラの表面を保ってくれるので、夏場でも快適に過ごすことができます。また肌触りもよく布団に近い質感のため、より柔らかな寝心地を求める方にもおすすめ。さらに、カバーリングタイプであれば丸洗いできるので、寝汗をかきやすい方にも向いていますよ。

おすすめ&人気のソファベッドランキング

ロータイプでおすすめのソファベッド

タンスのゲン-14段階リクライニング3wayソファベッド 1人掛け(7,999円)
シーンに合わせて形をチェンジ。3wayスタイル

座ったり寝たりできるのに加えて、足を延ばしてくつろぐソファとしても使える3WAYのソファベッドです。背もたれは14段階でお好みに角度調節可能なため、よりリラックスして過ごすことができますよ。やや柔らかめのウレタンクッションを使用しており、長時間座っても疲れにくい仕様です。来客用にも使える便利グッズをお部屋のMustアイテムに。

→商品詳細へ
タンスのゲン-3way2人掛けコーデュロイソファベッド(12,999円
おしゃれなコーデュロイ生地でお布団のような寝心地

おしゃれで肌触りの良い、コーデュロイ生地が魅力のソファベッドです。折りたたみ式でとてもコンパクトに変形し、気分に合わせて3つのスタイルを楽しむことができますよ。さらに、背もたれは自由度の高い14段階のリクライニングが可能です。

底付き感のない厚手のクッションが、お布団のように包んでくれる柔らかな寝心地。4つ折りタイプで背もたれにもしっかりと厚みが出るため、よりゆったりとくつろぎたい方にもおすすめです。同じコーデュロイ素材のクッションが2つ付いており、肘置きとしてだけでなく枕としても利用できるのも嬉しいですね。

→商品詳細へ
タンスのゲン-2wayソファベッド(20,999円
クッション性に優れたファブリック素材

通気性の良いファブリック生地を使用した、引き出し式のソファベッドです。シリコンフィルとウレタンをダブルで使った28㎝の極厚のクッションで、ボリュームたっぷりの座り心地。肘掛けのあるタイプなのでソファとしての完成度が高く、くつろぎ方の幅が広がります。

座面を引き出しても背もたれとひじ掛けが残るデザインは、寝転んだ時に視界を遮り個室のようなくつろぎの空間に。さらに同素材のクッション付きで、直角の背もたれをカバーしリラックスさせてくれますよ。人気の北欧風の家具にもピッタリな、優しいカラーのソファベッドをお探しの方に特におすすめです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-パッチワーク柄ソファベッド(29,800円)
新たな魅力を引き出す当店オリジナルデザイン

ありそうで見当たらないパッチワーク柄のソファベッド。ベッド時は、男性でもゆったりとくつろげる長さの180cmです。ソファ時なら3人が座っても余裕があるワイドサイズとなってます。 「座っても寝ても気持ち良い」その理由は、羽毛のような柔らかさのシリコンフィル綿を使用しており、高密度のウレタンと基礎構造を徹底した安心設計にあります。 また木脚は着脱可能ですので、生活スタイルに合わせてローソファにも早変わりします。お部屋のインテリアに合わせることができるおすすめのソファベッドです。

→商品詳細へ

まとめ

ロータイプでボリュームがあるソファベッドがおすすめ


ゆったりとくつろげるソファベッドをお探しなら、クッション性が高くボリュームのあるものがおすすめです。さらにロータイプを選べば、大型家具でも圧迫感が無くお部屋をスッキリと見せることができますよ。特に一人暮らしの方や、お部屋にソファもベッドも置きたいけれどスペースがないという方に向いています。もし固めの寝心地が良いという方は、コイルクッションを選ぶのも良いですね。今回はおすすめのソファベッドをランキング形式でご紹介しました。是非、お部屋に合ったソファベッドを手に入れて、お家でのひと時をより良いものにして下さいね。

前の記事 ダイニングソファのおすすめランキング!北欧風も
次の記事 ローソファのおすすめランキング!2人掛けも