スキップ
マットのおすすめランキング!リビングや一人部屋にも

マットのおすすめランキング!リビングや一人部屋にも

日々の生活で、いつの間にか付いてしまう床の傷や汚れ。お掃除やお手入れを頻繁にするのは、面倒ですよね。そこで活躍してくれるのは、床を傷や汚れから守ってくれるマット。屋内用と屋外用で機能性は異なり、おしゃれなデザインも数多く展開されています。そこで今回は、おすすめのマットをランキング形式でご紹介します。ぜひ、目的に合ったマットを見つけて、快適な使い心地を手に入れて下さいね。

マットの魅力とは?

色んなシーンに対応できる豊富な機能性

マットには、豊富な機能性が備わっています。洗濯できるタイプや防水タイプなど。お手入れのしやすさや使い勝手を考慮し、設計されていますよ。そのため、キッチンやダイニング、ワークスペースなどシーンに合わせて最適なものを選べるでしょう。

汚れや傷から床を守る

家の床によく採用される天然木は、あたたかみのあるナチュラルな風合いで見た目もおしゃれです。その一方、水分を吸収する性質を持ち、傷つきやすいデメリットも。マットは、そのデメリットを解消してくれる存在です。マットの弾力と厚みで、家具や生活による傷や汚れを防いでくれますよ。

マットの種類

屋内用

おしゃれなデザインで部屋の雰囲気作りに活躍

屋内用マットは、床の傷つきや汚れ対策になるだけでなく、インテリアに映える高いデザイン性が魅力です。素材や色合いも様々で、部屋の印象を手軽に変えることができます。模様替えが好きな方や部屋作りにこだわりのある方にとって、マストな存在でしょう。

なかでも玄関マットは、外の汚れを一旦リセットしてくれる役目と共に、総合的に家の印象を良くしてくれますよ。デザインや色のバリエーションが豊富なので、好みに合せて選べるのもポイントです。玄関は、家に入って一番目に飛び込んでくる場所。周りのインテリアに合わせたテイストで選ぶと、バランスのとれたコーディネートが叶うでしょう。

屋外用

靴の泥を落としたり雨水を吸い取ってくれる

外から家の中に入る時、靴に付いた泥や雨の日の汚れが気になりますよね。屋外用マットは、靴に付いた外の汚れをしっかり落としてくれる、便利な存在です。ココヤシなどの硬質な素材なら、水捌けが良いだけでなく、靴に付いた泥汚れをかきだしてくれますよ。

屋外用マットを選ぶ時の大切なポイントは、ドアの開閉がスムーズにできる厚みかどうかです。マットがドアに引っかかって、開閉の邪魔にならないようにしましょう。また、屋外でのつまずきを防止するためにも、厚みがないものがおすすめです。

マットの選び方

素材で選ぶ

ポリエステル素材は磨耗に強いため耐久性が高い

日常使いするマットは、できれば耐久性が高いものが良いですよね。ポリエステル素材は、石油や石炭を原料とした合成繊維です。摩擦に強いため、日常使いするには最適でしょう。また、熱に強い特性を持っているため、ホットカーペットや床暖房にも対応できるモデルも豊富。オールシーズン活躍してくれるので、マットの保管場所を確保しなくても良いというメリットもありますよ。一人暮らしの方にもおすすめです。

塩化ビニール樹脂素材は防水性に優れお手入れしやすい

お子さんのいるお家では、食べ物やお茶をこぼすなど思いがけない汚れが発生します。そんな時に塩化ビニール樹脂素材だと、防水性に優れているので便利です。水分を吸収しないため、水分を含む汚れをしっかりと弾いてくれますよ。お茶がこぼした場合も、乾いたタオルで拭き取ればお手入れ完了。マットに汚れが浸透することなく、掃除のストレスを軽減してくれますよ。

加工方法で選ぶ

滑り止め加工は転倒対策になり子供がいても安心

フローリングはワックスがけが施されているものが多いため、滑りやすいです。そのため、背面が滑りやすい構造のマットを使うと、転倒事故が発生する可能性も。裏面に滑り止め加工がされたマットなら、滑ったり転んだりするリスクを減らしてくれますよ。特に激しく動き回る子供や、ペットがいるおうちにおすすめ。また、滑り止め加工が施されているものは、マットがズレにくく掃除機をかける時も快適です。

アクリル樹脂加工は床材を痛めにくいので賃貸に最適

テーブルや観葉植物など重量のあるインテリアを設置する時、床に傷が付かないか気になりますよね。インテリアの下に敷くマットの裏面に、アクリル樹脂加工が施されていると、より安心です。アクリル樹脂は、床に使用されるワックス材と好相性。さらに、柔らかい材質のため、重さや衝撃を吸収してくれますよ。床へのダメージが軽減でき、特に賃貸マンションに住んでいる方におすすめでしょう。

耐熱加工は床暖房などにも対応できるためオールシーズン活躍

寒いシーズンになると、足元が冷えるので床暖房やホットカーペットが活躍してくれます。そんな時に一緒に使うとおすすめなのは、耐熱加工の施されたマット。耐熱加工は、暖房器具などの高めの温度にも対応できる加工です。対応できる耐熱温度が60度から80度なら、床暖房と組み合わせて使用しても、マットが傷むことなく安心ですよ。オールシーズン活用できて、コスパ重視の方におすすめ。

機能性で選ぶ

フリーカットタイプなら省スペースで設置できる

狭いスペースや一人暮らしのコンパクトな部屋では、その場所にぴったりサイズのマットを探すのは大変ですよね。フリーカットタイプなら、自分好みの形状やサイズにカットできて快適でしょう。カットしやすい柔らかさと薄さで、カッターやハサミも傷みません。カット分けすることもでき、色んなシーンで活躍してくれる便利なタイプですよ。

ジョイントタイプは定型サイズでレイアウトしやすい

ジョイントタイプのマットは、四角形の定型サイズを繋げて設置できる仕様になっています。枚数や繋げ方次第で、大きさや形状を手軽に変えられるところが魅力でしょう。また、汚れてしまっても、その部分だけ取り外して洗えるのもメリット。直線的にマットを設置すると、部屋に統一感が生まれて、スッキリとした印象にできますよ。

おすすめ&人気のマットランキング

お手入れ簡単でおすすめのマット

タンスのゲン-テーブルマット 45×240(3,980円)
240cmのロング幅は幅広いシーンで活用可能

キッチンなど、幅のあるスペースで活用できるサイズのマット。長辺は240cmあるため、システムキッチンのコンロからシンクまでの長い距離も、十分カバーできます。便利なフリーカットタイプなので、サイズが長すぎる場合は簡単にカットしてサイズの調整ができますよ。

アクリル樹脂加工で、床を傷めにくい仕様になっています。マットの裏面はエンボス加工で、床にぴったり吸着してくれますよ。掃除機や拭き掃除をする際、マットがずれにくいので掃除が快適になるでしょう。耐熱加工が施され、60度まで対応可能。揚げ物や熱い料理の汚れ対策としても活躍してくれます。

→商品詳細へ
タンスのゲン-180×180 透明ダイニングラグ 厚さ1.5mm(6,999円
汚れの付きにくいエンボス加工で掃除が快適に

幅180cmの正方形で、マットの領域に4人掛けのダイニングテーブルがしっかり収まるサイズです。広範囲に飛び散る食事中の汚れに対応してくれますよ。マットは透明で、フローリングの色や美しい木目などおしゃれなデザインをそのまま楽しみたい方におすすめ。

表面はエンボス加工で、サラッとした質感。素足で踏んでもベタつかず、夏場でも快適に使えるところが魅力でしょう。凹凸があるおかげで、汚れが付きにくい仕様です。食べこぼしのお掃除もティッシュやタオルなどで軽く拭くだけで、すぐ綺麗にお手入れできますよ。

→商品詳細へ

耐熱加工でおすすめのマット

タンスのゲン-150×190 透明ダイニングラグ 厚さ1.5mm(5,999円
抗菌・防カビ仕様で赤ちゃんがいても安心

幅190cmのマットで、2人掛けから4人掛けテーブルのサイズに最適。奥行きは150cmなので、ダイニングチェア周りの汚れまでケアできます。フリーカットタイプなので、テーブルの上に敷くことも可能。特に、汚れの取れにくい木製テーブルをきれいに保ちたい時も役に立つでしょう。

抗菌と防カビ、撥水加工が施されているので、幼いお子さんがいるお家に特におすすめ。赤ちゃんやまだ1歳未満の子供は、歩くことができないため、体や顔は床に近い距離で過ごすので衛生面が気になりますよね。抗菌などの加工がされたマットがあれば、安心することができますよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-200×250 高密度ラグ(18,999円
デザイン性のある柄入りラグでおしゃれな空間に

幾何学のモチーフが施された、インテリアに映えるおしゃれなマット。インテリアのアクセントになるので、部屋をおしゃれな空間にしたい方にぴったりです。高密度なラグで、ふわふわとした気持ちの良い触り心地が特徴。他のインテリアに合わせやすい、ベーシックなカラー展開も魅力でしょう。

約3畳相当の長方形で、リビングやプレイルームなど広い場所に使うマットを探している方におすすめ。ラグの幅は、3人掛けのソファーの幅と同じくらいです。そのため、3人掛けソファのフロントに設置すると、スッキリとした印象のレイアウトが叶うでしょう。

→商品詳細へ
タンスのゲン-90×120 チェアマット 極薄0.5mm(2,999円)
部屋のコーディネートを邪魔しない透明タイプ

幅は90cmで、1人掛けチェアが収まるサイズのチェアマット。デスクチェアにはキャスター付属のものが多く、フローリングが傷つくのが心配ですよね。奥行きは120cmあり、一般的なパソコンデスクと同じくらいの長さです。デスクチェアの前後に動く可動域にしっかり対応してくれますよ。

クリアマットなので、フローリングのデザインや部屋のコーディネートを邪魔しません。どんなスタイルの部屋にもマッチしてくれるところが強みでしょう。厚みは0.5mm。フローリングと段差が無く、キャスター付きラックなどを移動させる時もスムーズです。さらに、簡単に曲げられる厚さなので、使わない時はさっと丸めて保管できます。

→商品詳細へ

フリーカットタイプでおすすめのマット

タンスのゲン-90×180 チェアマット 極薄0.5mm(3,980円)
アクリル樹脂の高い吸着力でマットのズレ防止に

マットの裏面にはアクリル樹脂加工が施され、床への吸着力の高さが魅力のチェアマット。掃除機をかけてもめくれるストレスがありません。フリーカットタイプなので、チェアマット以外にも観葉植物やインテリア用のマットなど、様々なシーンで活躍してくれます。ロングサイズなら複数枚に分けられて、高コスパですよ。

幅90cmで、デスクで使用するチェアにぴったりのサイズ。また、180cmの奥行きがあるので、大人用の自転車も収まります。汚れが気になる自転車を屋内に保管したい方にぴったりでしょう。表面は撥水性が高く、泥やソースなど頑固な汚れも簡単に拭き取れます。

→商品詳細へ
タンスのゲン-90×120 貼ってはがせるチェアマット(2,980円)
のり不使用で気軽に貼って剥がせる賃貸向けモデル

厚みが0.3mmの極薄チェアマットです。0.3mmは預金通帳の表紙ほどの厚さで、どこに設置してもフラットになじむところが魅力。つまずき対策になり、安全で快適な使用が叶います。フローリングに同化する、ナチュラルな木目調デザインがおしゃれ。木目調はどんなインテリアとも相性が良いため、部屋のコーディネートの邪魔になりません。

マットのサイズは、幅90cm奥行き120cm。一般的な4人掛けテーブルと同じくらいの大きさで、使いやすいサイズです。表面は塩化ビニル樹脂加工で、防水性に優れているので飲み物をこぼしても床に浸透せず、安心できます。裏面はのり不使用で、何度も貼り直しが可能。賃貸にお住まいの方におすすめです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-180×300 透明ダイニングラグ 厚さ1.5mm(9,499円
1.5mmの厚みでフローリングをしっかり保護

幅300cm奥行き180cmで、大判サイズのダイニングラグ。約3畳ほどの大きさがあるため、6人掛けのダイニングテーブルの下に敷くこともできます。また、1円玉と同じ1.5mmの厚みがあるので、しっかりフローリングを保護してくれますよ。家具設置による、フローリングのへこみ対策におすすめでしょう。

インテリアになじむ、光沢感の無いマットな質感が魅力。おしゃれな部屋作りに活躍してくれるでしょう。また、鼻水が出たり目がチカチカしたりといった症状がでる、シックハウス症候群の対策が施されているモデルです。アレルギーに反応しやすい敏感なペットやお子さんのいるお家で、重宝しますよ。

→商品詳細へ

まとめ

用途に合った使いやすいマットがおすすめ

マットは様々な場所で使うことができるため、用途に合ったモデルを選びましょう。水の飛び散るキッチンやダイニングで使うなら、防水性が高いとお手入れが楽になりますよ。また、フリーカットタイプならシーンに応じたサイズ調整ができるので、便利です。ぜひ、あなたの使用スタイルに合ったマットを見つけて、大切なフローリング汚れや傷から守って下さいね。

次の記事 キッチンマットのおすすめランキング!拭けるタイプも