スキップ
キャットタワーのおすすめランキング!大型猫にも

キャットタワーのおすすめランキング!大型猫にも

室内で暮らしている猫のストレス解消で役立つアイテムといえば、キャットタワー。キャットタワーには色々な種類があり、部屋の広さや猫の特徴に合わせて適しているモデルを選ぶのが大切です。今回の記事では、キャットタワーのおすすめ人気ランキングをご紹介します。キャットタワーの種類や、選び方についても詳しくお話しするので、キャットタワー選びの参考にしてみてください。

キャットタワーの魅力とは?

室内飼いの猫の運動不足解消に役立つ


猫を屋外に放し飼いにすると感染症や交通事故の危険があるため、最近は猫を室内で飼うのが主流です。室内飼いで猫を飼うのは安全ですが、活動範囲が狭くなるため運動不足による肥満になりやすいのが難点。そんな時に便利なペットグッズが、キャットタワーです。キャットタワーがあれば猫が自由に上下運動ができるので、室内で暮らしていても運動不足になりにくいですよ。

猫がリラックスする場所としても活躍


キャットタワーは猫の遊び場所としてだけではなく、猫が安らげる場所としても役立つのが特徴。警戒心が強い猫は本能的に周りを見渡せる高い場所を好むため、背が高いキャットタワーに登ると安心してリラックスできます。また猫は身を隠す習性があるので、キャットタワーに付いているハウスに隠れることでも安心感を得られますよ。

キャットタワーの種類

据え置き型

置くだけの設置で移動も簡単にできる

据え置き型のキャットタワーは、設置するだけで手軽に使えるタイプです。面倒な設置作業が不要で、さらに場所の移動も簡単なのが特徴。また、設置用の固定器具も必要としないため、壁や床の傷を避けたい賃貸住宅でも気軽に導入できますよ。

据え置き型は強度が高く安定感に優れているキャットタワーが多いため、活発に上下運動をする猫に向いています。支柱の数が多いキャットタワーの方が安定性に優れているので、より安定感を重視する場合は支柱の数をチェックするようにしましょう。据え置き型はサイズの種類が幅広いため、部屋のスペースに合わせて選びやすいのも魅力です。

突っ張り型

スリムサイズなので部屋で邪魔になりにくい

突っ張り型は、伸び縮みする棒を天井に押し当てて固定するタイプのキャットタワーです。床から天井までの高さを使ってたっぷり遊べるので、運動量が多い成猫に向いています。一番上まで登るとかなり高いため、警戒心が強い猫も周囲を気にせずリラックスして過ごしやすいのが特徴。

縦のスペースを有効活用できる突っ張り型はスリムなモデルも多いため、置き場所があまりない家にも人気。スリムサイズでも高さが十分あるので、猫の運動不足の解消に役立ちます。突っ張り棒の固定具合が緩んでしまう場合があるため、定期的に突っ張り具合をチェックするようにしましょう。

キャットタワーの選び方

素材で選ぶ

ファブリック製なら猫が滑りにくくて安全

キャットタワーは素材によって特徴が異なるので、素材選びは大切なポイント。全体にポリエステルの生地を張り付けたファブリック製のキャットタワーは、猫が上下運動する時に滑りにくく実用性が高いです。ファブリック製のキャットタワーはインテリアに馴染みにくいのが難点でしたが、タンスのゲンならファブリック製でもおしゃれに置けるモデルが多いですよ。

木製なら部屋のインテリアとしておしゃれに映える

ナチュラルな木製のキャットタワーは、他の家具との相性が良くインテリアの邪魔にならないのが魅力。大型のキャットタワーは部屋の中で目立つので、デザイン性が高い木製のキャットタワーはインテリアにこだわる人に人気が高いです。木製のキャットタワーはファブリック製に比べると棚板が滑りやすいので、気になる場合は滑り止めマットを使うようにしましょう。

高さで選ぶ

活発な成猫が使うなら高さ150cm以上が理想

キャットタワーの高さは愛猫のライフステージに合わせて選ぶのがポイントです。1歳から6歳までの成猫は運動量が多くアクティブに上下運動するため、150cm以上のできるだけ高めのキャットタワーを選ぶようにしましょう。背が高いキャットタワーは遊ぶ場所やリラックス用スペースが多いので、多頭飼いの場合でも使いやすいですよ。

シニア猫が使うなら高さ100cm前後で十分

7歳を過ぎたシニア猫は運動能力が高くないので、楽に上下移動ができる100cm前後のキャットタワーを選ぶのがポイントです。また、低めのキャットタワーでも台座が2つ付いているモデルならジャンプして遊べるので、スペースがあまりない場合は成猫用としてもおすすめ。ライフステージに合わせて棚板の高さを調節できるキャットタワーもあるので、長く使いたい場合に便利ですよ。

部品で選ぶ

爪とぎポール付きなら爪とぎのしつけに役立つ

キャットタワーの部品で特にチェックしたいのが、爪とぎポールです。爪とぎはマーキングやリラックスを目的とした猫にとって大切な習性ですが、壁や家具で爪とぎをされると困りますよね。キャットタワーに爪とぎポールが付いていれば、猫に爪をとぐ場所をしつけやすいですよ。支柱の全てに爪とぎポールが付いているキャットタワーなら、猫が好きな時に爪をとげるのが魅力です。

階段付きならシニア猫や子猫が上下移動しやすい

1歳未満の子猫や7歳以上のシニア猫は成猫のように上手にジャンプできないので、上り下りがしやすい階段付きのキャットタワーがおすすめ。子猫やシニア猫は高い場所に登っても下に降りられないことが多いため、階段が付いている方が安全に使えますよ。また、棚板が広い作りのキャットタワーは下に飛び降りた時に安定感があるので、猫も安全に遊びやすいです。

ハウス付きなら猫がリラックスして過ごしやすい

キャットタワーは猫のリラックス場所としても活躍するので、ハウスやベッドなどのくつろぎスペースの有無もチェックしておきたいところ。特にシニア猫の場合は1日の中で寝ている時間が多いため、居心地が良いハウスやベッドは重要です。タンスのゲンにはオリジナルの透明ボウルが付いているキャットタワーがあるのが特徴で、猫がくつろぎやすく、汚れた時のお手入れも簡単です。

おすすめ&人気のキャットタワーランキング

据え置き型でおすすめのキャットタワー

タンスのゲン-据え置きキャットタワー150㎝(6,799円)
シンプルデザインがおしゃれ

幅広いライフステージの猫が使いやすい、程よい高さのキャットタワーです。高さ150cmのキャットタワーは成猫でも楽しく遊びやすい高さで、部屋に圧迫感が出にくいところが魅力。上り下りがしやすい階段が付いているので、シニア猫や子猫でも安心して使いやすいです。

コーラルベージュやダークグレーなどニュアンスカラーのファブリックが特徴的で、インテリアに馴染みやすいのが人気。起毛ではなくサラッとした生地を使用しているため、どんな季節でも快適に使えます。支柱に全て麻ひもが巻かれているので、思う存分爪をとげますね。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅145㎝×高さ120㎝ 木製キャットタワー(25,800円
インテリアに映えるおしゃれな木目調デザイン

インテリアにこだわる人におすすめの木目調のおしゃれなキャットタワー。木目調のプリント化粧繊維板を使用しているキャットタワーで、表面に塗装が施されているため汚れをサッと拭き取れるのが便利です。丈夫な板材を使用していて安定感に優れた構造なので、猫が勢いよく飛び乗っても安心。

オリジナルの透明ボウルが付いているのが人気で、猫ちゃんがくつろいでいる可愛い姿を下から眺められるのが魅力です。ボウルが体がフィットしやすい形状のため、猫ちゃんが安心してリラックスできます。くつろぎスペースがたくさん付いているので、シニア猫の多頭飼いにもおすすめですよ。

→商品詳細へ

突っ張り型でおすすめのキャットタワー

タンスのゲン-高さ230~253㎝ 突っ張り式(9,299円)
インテリアの邪魔にならない突っ張り式

置き場所があまりない家でも使いやすい、スリムサイズのキャットタワーです。横幅が約60cmのスリムなキャットタワーですが、5段式でたっぷり上下運動ができるので活発な成猫におすすめ。思う存分爪とぎができる全面の麻ひもポールや身を隠せるハウスなど、猫ちゃんが喜ぶ仕掛けがたっぷり付いています。

今人気のくすみカラーのファブリックを使用しているのが特徴で、インテリアでおしゃれに使えるのが魅力。壁紙に馴染みやすい色が揃っているので、背が高くても部屋に圧迫感が出にくいです。ハウスやハンモックなど4つのくつろぎスペースが付いているので、多頭飼いでも使いやすいですよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅110㎝ 木製突っ張り式(39,800円)
色々な置き方を楽しめる大型タワー

インテリアの主役になるようなキャットタワーが欲しい人におすすめの木目調のモデルです。木製家具のようなデザインがおしゃれで、北欧スタイルをはじめとしたナチュラルなインテリアにきれいに馴染みます。背面もきれいに仕上げているため、リビングの中央に置いて仕切りとして使うのもおすすめ。

くつろぎスペースの透明ボウルは下から猫ちゃんの愛らしい姿が見えるだけではなく、汚れたら取り外して洗えるのが便利。ボウルを取り外せば通り道としても使えるので、猫のジャンプ力に合わせて使えます。3つのハウスにはフワフワのクッションがそれぞれ付いているため、お昼寝が好きな猫ちゃんもきっと喜びますよ。

→商品詳細へ

多頭飼いにおすすめのキャットタワー

タンスのゲン-据え置きキャットタワー 193㎝(7,980円)
高い所が好きな猫も満足するトール型

2匹から3匹の多頭飼いにおすすめの高さ193cmのキャットタワーです。4つの支柱でしっかり支えているので、トールサイズでも安定感に優れているのが特徴。台座や棚板は全てファブリック素材なので、滑りにくく猫ちゃんが安全に移動しやすいです。

階段が2か所に付いているため、降りるのが苦手な猫でも安心して遊べるのがグッド。ハウスや台座などのくつろぎスペースがたっぷりあるので、複数の猫ちゃんが同時にリラックスできます。大型サイズのキャットタワーですが、ナチュラルな色味のファブリック素材を使用しているのでインテリアの邪魔になりにくいですよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-据え置きキャットタワー 172㎝(7,999円)
爪とぎが思う存分できるよう全面麻ひもを使用

猫が好きなフワフワの生地を全面に使用したキャットタワー。台座には全てファブリック素材を使用しているため、滑りにくく安全に使えます。成猫が遊びやすい高さ172cmのキャットタワーですが、階段が2か所付いていているのでシニア猫や子猫も上り下りがしやすいです。

全ての支柱に麻ひもが巻かれているのが特徴で、猫が好きな場所で自由に爪とぎができます。ハウスやハンモックなどのくつろぎスペースがたっぷり付いているため、多頭飼いにもおすすめ。アイボリーやグレーなど3色から選べるので、インテリアに合わせて使えますよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-高さ195㎝ 頑丈キャットタワー(19,800円)
活発に遊んでも揺れない安全性

安定性と遊びやすさに優れた、高さ195cmの据え置き型キャットタワーです。頑丈に設計されているのが特徴で、6本の支柱が土台を支えているため、高さがあっても安定性に優れています。上の台座も4本の支柱でしっかり支えているので、大型の猫ちゃんが台座に乗っても安心。

キャットタワーの中材には割れにくく耐久性が高い素材を使用しているため、人間の成人男性が2人乗っても安心の強度です。最上階から見渡せる台座や身を隠せるハウスなど、猫が楽しめる場所がたくさん付いているところも人気の理由。コーラルベージュとグレーの優しい色味のキャットタワーなので、インテリアに自然に馴染みますよ。

→商品詳細へ

小型サイズでおすすめのキャットタワー

タンスのゲン-幅100×高さ118㎝ 木製キャットタワー(21,999円)
お手入れがしやすい木目調

一人暮らしのマンションでも使いやすい、コンパクトサイズのキャットタワーです。オープンラックのように開放的なデザインのキャットタワーは、狭い部屋でも圧迫感を出さずに置けるのが魅力。ハウスの内側の壁が白いので、白い壁に置けばインテリアにより開放感が出ますよ。

キャットタワー全体に水や汚れに強いラッカー塗装が施されているため、汚れが付いてしまっても水拭きで簡単にきれいになります。高さ118cmの背が低いキャットタワーは全体をきれいにお手入れしやすいので、清潔に使い続けたい人にもおすすめ。木目調デザインのナチュラルなキャットタワーは、幅広いインテリアでおしゃれに使えます。

→商品詳細へ
タンスのゲン-猫が遊べるキャビネット(29,800円)
トイレも置ける小型式

キャットタワーを置くスペースがない家に人気のキャビネット型のキャットタワーです。収納キャビネットとキャットタワーがひとつになっているのが特徴で、おもちゃやおやつなど猫グッズの収納にとても便利。天然木を使用したナチュラルな雰囲気のキャットタワーは、木製家具を基調としたインテリアにおしゃれに映えます。

下の大きな収納スペースには猫用トイレも置けるので、トイレの置き場所に困っている人にもおすすめ。トイレ用スペースの横には直径14cmの穴があるため、前の扉を閉めていても猫が出入りできます。横の穴からコードを通せばペット用のホットカーペットも置けるので、冬のくつろぎスペースとしても使えますね。

→商品詳細へ

まとめ

安定性に優れたキャットタワーがおすすめ


キャットタワーを選ぶ時に、特に重視したいのが安全性です。特に高さがあるキャットタワーの場合は猫が勢いよく飛び乗ってもグラつかないように、安定性と強度に優れたキャットタワーを選ぶようにしましょう。また、運動能力が落ちてきたシニア猫の場合は、上り下りがしやすい階段付きを選ぶのも大切なポイント。ぜひ今回の記事を参考にして、自宅で使いやすいキャットタワーを見つけてくださいね。