スキップ
マットレスのおすすめランキング!直置きにも

マットレスのおすすめランキング!直置きにも

快適な睡眠を得るための1つの方法として、自分に合ったマットレスを使うことをお勧めします。睡眠の質を高めるだけではなく、通気性に優れたものや、持ち運びが便利なものなど、機能性に優れたマットレスが多数存在します。この記事では生活スタイルや用途に合わせたおすすめのマットレスをご紹介します。本記事を見れば、自分に合ったマットレスを見つけることができるでしょう。

マットレスの魅力とは?

耐久性に優れており長く使える

マットレスは耐久性が高く、長く使い続けられる寝具です。敷布団の一般的な耐久年数は3年から5年といわれていますが、マットレスは5年から10年は使えるといわれています。また、布団と比べてへたりにくいことも特徴ですので、一度購入すれば布団よりも長く快適に寝ることができます。

フローリングに直置きで使っても快適に寝られる

部屋のスペースが足りず、ベッドフレームが置けないという方は、マットレスをフローリングに直置きして使うことを検討してみましょう。10cm程度の厚さがあれば、底付き感無く寝ることが出来ますよ。寝る時以外は立てかけておくことで、部屋のスペースを有効に使うことが出来るのも嬉しいポイントです。

マットレスの種類

高反発マットレス

しっかりと身体を支えてくれるため体格が大きい方でも快適に寝られる

反発が強く体格が大きい方におすすめなのが、高反発マットレスです。反発の高低の基準ですが、反発弾性が15%以上のマットレスを高反発マットレスと呼びます。高反発マットレスに使われる主な素材として、ウレタンフォームとファイバー素材が挙げられます。

文字通り反発力が強いタイプのため、深く沈みこむことなく、しっかりと身体を支えてくれることが特徴です。体格の大きい方が反発力の低いマットレスを使用すると、沈み込みにより腰や背中に負荷が偏ってしまい、快適に寝られません。しかし、高反発マットレスの場合は身体全体を均等に支えてくれるため、身体の一部分に負担がかかることを防いでくれます。

低反発マットレス

体圧が分散されるため腰痛や肩こりを防ぐことができる

反発が弱く、身体を包み込むように寝ることができるのが低反発マットレスです。体格が小さい方は反発力が高いマットレスを利用すると、沈み込みが弱くマットレスの固さを感じて良く寝られません。低反発マットレスであれば、適度に沈み込むことで体圧を分散させ、快適な寝心地を得ることが出来ます。

低反発マットレスに使われているのは、主に反発力の弱いウレタンフォームです。低反発マットレスは身体にフィットする感覚を得られるため、寝返りの回数を少なくして睡眠の質を上げる効果があります。体格が小さく、起きた時の体の痛みを感じる方は、低反発マットレスを検討してみましょう。

マットレスの選び方

置く場所で選ぶ

フローリングに直置きするなら厚さ10cm以上のものを

1人暮らしなど、部屋が狭くマットレスをフローリングに直置きして使いたいという方は、10cm以上の厚みのあるものを選びましょう。薄いマットレスを直置きした場合、マットレス越しに床の固さを感じてしまう可能性があります。10cm以上のマットレスであれば、体重が重い方でも底付き感を感じることなく、毎日の睡眠を快適にしてくれます。

リビングと寝室が兼用なら折りたたみ可能なものがおすすめ

リビングと寝室が分かれておらず、寝る部屋で日常生活を過ごすという方は、折りたたみタイプがおすすめです。マットレスはシングルサイズでも縦200cm、幅100cmの大きさのため、常に置くには何かと不便を感じることも。折りたたみタイプであれば、リビングと兼用の部屋でもスペースを有効に活用することができるのでお勧めです。

用途で選ぶ

メインの寝具として使うなら通気性が高いファイバーマットレス

マットレスを放置しておくと、湿気によって内部がカビてしまう可能性があります。特に使用頻度が高い場合、汗をかくことでの湿気や、カバーをし続けることによる通気性の悪さがありますので、カビが生える可能性を高めてしまいます。しかし、通気性の高いファイバーマットレスを使用することで、日常的な湿気もある程度は逃がすことができるため、カビ予防に効果的です。

ゲスト用に使うなら持ち運びやすい分割式を

日常的に使うわけではないけれど、来客用に持っておきたいというのであれば、分割できるタイプのマットレスを選びましょう。これは1つのマットレスを2,3分割できますので、収納できる空間の選択肢が広がります。いざ使うという時に持ち運びが便利な点も、分割マットレスの長所といえますね。

寝る人数で選ぶ

1人で寝るなら体圧分散性に優れるウレタン素材がおすすめ

1人で寝る場合には、自分の身体にいかにフィットするマットレスを使うかが重要となります。ウレタン素材のマットレスなら、適度に体圧を分散して身体への負荷を軽減してくれます。体重に比例して反発力が高いマットレスが快適になりますので、ご自身の体格に合った反発力のものを選びましょう。ウレタン素材は身体を包み込んでくれるため、寝返りの回数を抑えられるメリットもあります。

2人以上で寝る時は横揺れしにくいポケットコイルマットレス

複数人で寝る場合、片方が寝返りを打つとその振動がマットレス全体に伝わり、横揺れが起きてしまう場合があります。一緒に寝ている相手の睡眠を邪魔しないためにも、2人以上で寝る場合は横揺れしにくいポケットコイルマットレスをお勧めします。内部のコイル1つ1つが独立しているため、振動が伝わらず、寝返りを打っても相手を起こしてしまうことはありません。

おすすめ&人気のマットレスランキング

運びやすさでおすすめのマットレス

タンスのゲン-高弾性マットレス三つ折り4㎝厚シングル(6,499円
幅がわずが22cmにまで折りたためるため収納性が高い

折りたためる上にマットレス自体の厚さがわずか4cmのため、収納場所に困ることがありません。来客用など、いざという時に1つ持っておくと便利ですね。折りたたみ時の幅も22cmしかないため、そのまま立てかけておいても邪魔になりません。

コンパクトであるにも関わらず、しっかりとした反発力があります。反発弾性率が50%以上もありますので、マットレス越しにフレームやフローリングの固さを感じることはありません。一晩におよそ30回ほど寝返りを打つと言われていますので、寝返りの打ちやすさを左右する弾性率が高いことは、睡眠の質も上げられることを意味します。

→商品詳細へ
タンスのゲン-高弾性マットレス一体型5㎝厚シングル(6,999円
コンパクト設計ながらも弾力に優れたマットレス

170Nと高弾性で体格が大きな方でも、しっかりと身体を支えて寝姿勢を安定させてくれます。厚さ5cmと収納に便利なサイズでありつつ、高反発のウレタンで底付き感がありません。程よく体圧を分散するため、今まで体の痛みに悩んでいた方は是非とも検討してみてください。

折りたたみタイプであるにも関わらず、折り目の無い一体型のマットレスです。そのため、全体的にバランスよくウレタンが施されており、身体の一部に負荷がかかることはありません。高密度35Dウレタンを採用しているため、へたりにくく長く使い続けることが出来ますよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-高弾性マットレス四つ折り5㎝厚シングル(6,499円
重さ3.2kgで片手で簡単に持ち運びが可能

扱いやすい四つ折りタイプで、収納にとても便利なサイズ感になります。折りたたんだ時の厚さがわずか20cmしかないため、収納場所を選びません。重さも約3kgしかないので、女性でも楽々と押し入れから出し入れをすることができます。

開封から1週間以内に90%のマットレス厚になることを保証する、90%復元保証もあり、安心して購入できます。また、ホルムアルデヒドが含まれておらず、子供や肌が弱い方にもお勧めです。コンパクトなマットレスが1つ欲しいという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

→商品詳細へ

横揺れのしにくさでおすすめのマットレス

タンスのゲン-極厚28㎝ポケットコイルマットレスシングル(26,999円
4層ウレタンが理想の寝姿勢をしっかりキープ

28cmとかなりの厚さを誇るマットレスですので、体格の大きい方でも安定感を感じることができるでしょう。4層ウレタン構造を採用しているため、身体を包み込みつつ、沈み込み過ぎないため、負荷が軽減されます。型崩れしにくいウレタンエッジサポート仕様も、長く使える嬉しいポイントですね。

生地は保湿性に優れたアロエ生地を採用。寝返りを打つことでの肌への摩擦が気になる方にも、安心して使うことができます。部位によって反発力が異なる3ゾーン構造が取り入れられているため、腰や背中に負担がかかりすぎることが無く、寝心地も抜群です。

→商品詳細へ
タンスのゲン-男のボンネルコイルマットレスシングル(13,999円
3Dメッシュ構造で通気性が高くカビにくい

超ハードボンネルコイルを採用しており、体格の大きい男性におすすめのマットレスです。コイルのカーボン含有量が一般的なマットレスよりも多いため、硬くて弾力のあるコイルが特徴。384個の強度の高いコイルが、身体を強く支えてくれます。

3Dメッシュ構造で通気性が非常に高いため、汗をかきやすい方もムレや内部のカビを気にせずに使用できます。寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれていますが、即時に汗を吸収し逃してくれるメッシュ構造となっています。耐久性と通気性の面で長く使える、コストパフォーマンスが高い商品と言えるでしょう。

→商品詳細へ
タンスのゲン-三つ折り ポケットコイルマットレスシングル(11,999円
バランスよく配列されたコイルで体圧を分散

折りたためるマットレスであるにも関わらず、厚さが17cmとしっかりとした大きさがあります。コンパクトさと安定感を兼ね備えた使い勝手の良いマットレスであるといえるでしょう。ポケットコイルは独立構造のため、横揺れしにくい作りにもなっています。

コイルは並行配列という方式で並んでいるため、端まで隙間が無く理想的に体圧を分散してくれます。また、これによりヨレが出ることもないため耐久性も高いものとなります。縁はヘム加工が施されていて、外側からの耐久性を上げています。

→商品詳細へ

直置きにおすすめのマットレス

タンスのゲン-ボンネルコイルマットレス 厚み17㎝ シングル(6,999円)
通気性に優れたボンネルコイルと底付き感がない厚み

バネ通しが連結されたボンネルコイルで作られているため、身体を面でしっかりと支えてくれます。また、ボンネルコイルはポケットコイルとは異なり不織布などで包まれていません。そのため、通気性も高くさらっとした肌触りを維持しやすいことが特徴です。

厚みが17cmあるため、フローリングに直置きしても底付き感が無く、快適に寝ることができます。中材のウレタンは1.5cmとしっかりと厚みがあるため、寝心地も抜群です。ボンネルコイルは反発力も高いことから、硬めの寝心地を好む方におすすめのマットレスです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-ボンネルコイル三つ折り、三分割マットレスシングル(11,999円)
270個のボンネルコイルが身体をしっかりと支える

ボンネルコイルが270個も使用されている贅沢なマットレスです。線径2,2cmと程よい大きさのコイルがぎっしりと詰まっているため、身体全体に体圧を分散させる作りになっています。高密度なコイルは耐久性にも優れており、長く使うことができます。

15.5cmと分厚いマットレスですが、3つ折りにたたむことでコンパクトに収納することが出来ます。リビングと寝室を兼用している場合でも、しっかりとしたマットレスが欲しい方は検討してみてください。3Dメッシュ構造で通気性を担保している点も特徴です。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅80㎝ ボンネルコイルマットレスセミシングル(6,499円
マンガン含有量の高い質の良いスプリングを使用

幅80cm、厚さ11cmと持ち運びができるサイズでありながら、耐久性に優れているマットレスです。一般的なマットレスと比べてコイルのマンガンの含有量が多く、スプリングの耐久力が高いことが特徴です。そのためへたりにくく、防錆加工も施されていることから、長く使い続けられるマットレスといえるでしょう。

色は白と黒の2色から選ぶことが出来ますので、汚れによる着色が気になる方への選択肢があるのも嬉しいですね。また、ボンネルコイルを採用していることからコイルの密度が高いのもポイントです。これによりきめ細かく体圧を分散して、しっかりとした寝心地を実現しています。

→商品詳細へ
タンスのゲン-高弾性マットレス一体型10㎝厚シングル(11,999円
直置きでも全く気にならない高弾性マットレス

日本国内の工場で生産されている、安心安全な国産マットレスです。安全性に優れており、マットレスから検出されるホルムアルデヒドの品質基準をクリアしています。お子さんと一緒に寝る方でも、安心して使えるマットレスとしてお勧めです。

安全性が高いだけではなく、肌触りよく快適に寝られることも特筆すべき点です。ダンボールニット生地を採用しているため、触り心地に優れており、通気性も高いため、オールシーズン快適に使うことができます。高弾性による寝返りの打ちやすさも相まって、睡眠の質を上げてくれるマットレスといえます。

→商品詳細へ

まとめ

折りたたみ構造を採用した厚めのマットレスがおすすめ

マットレスを選ぶポイントは置く場所や、使う方の体格によって異なります。しかし、直置きできる程度の厚みがあり、収納に困らない折りたたみタイプであれば、購入して後悔することは無いでしょう。1人暮らしの方も家族と一緒に使う方も、本記事を参考にご自身に合ったマットレスを選んでくださいね。

前の記事 脚付きマットレスのおすすめランキング!セミダブルも
次の記事 折りたたみマットレスのおすすめランキング!高反発も