スキップ
ベビーゲートのおすすめランキング!突っ張り式も

ベビーゲートのおすすめランキング!突っ張り式も

子どもの事故やケガを防止することができるベビーゲート。突っ張り式や置くだけのフェンス式などさまざまな種類があり、どのタイプがお部屋や子どもの月齢に適しているのか悩んでしまいますよね。そこで今回は、ベビーゲートのおすすめランキングをご紹介します。種類や選び方についても解説していますので、ぜひこの記事を参考にして選んでみてくださいね。

ベビーゲートの魅力とは?

子どもから少し目を離して家事ができる


毎日のご飯づくりや洗濯、掃除など、ママは家事も大忙し。そんなときに、子どもから少し目を離しても安心できるのがベビーゲートです。別の部屋に行ったり2階で洗濯物を干したりしているときも、子どもが危ない場所に入るのを防止できますよ。忙しいママの味方になるアイテムですね。

階段やキッチンなど危険な場所での事故を防止できる


子どもの動きは予想外で、気をつけているつもりなのに思わぬ危険が潜んでいることも。それを未然に防ぐことができます。キッチンや階段下、玄関などは小さな子どもにとっては危ない場所。手を伸ばして上からものが落ちてきたり、ドアを開けて外に出てしまったりということもあり得ます。そんな危険から守れるので、小さなお子さんがいるご家庭ではかなり重宝しますよ。

ベビーゲートの種類

取り付け式

壁にしっかりと固定できるので階段上にもおすすめ

絶対に入ってほしくない場所や危ない場所におすすめ。壁にネジを使ってしっかりと固定するので耐久性が強く、ネジが折れるようなかなりの衝撃でなければ外れる心配がありません。強度があるので、子どもが掴まったり、もたれかかったりしても安心できます。

取り付け式には、扉式とロール式があります。扉式はがっちりとロックできますが、段差があるものが多く閉め忘れにも注意が必要です。ロール式は段差がなく、使わないときは巻き取れば収納も可能。一方で階段上で使用するのであれば、安心感が扉式より劣ります。設置する場所や通る頻度に合わせて選ぶのが最適です。

突っ張り式

壁に穴を開けなくていいので賃貸でも設置できる

穴を開けずに取り付けられるのが、壁と壁の間で固定する突っ張り式。穴を開けずに設置できるので、賃貸の方や穴の跡を残したくない方におすすめです。勢いをつけてぶつかったり、もたれかかったりしなければずれないので安全面もバッチリですよ。

ただし、取り付ける壁の裏に下地材が入っていない場合は、強く突っ張ることで壁が押し付けられて変形することも。また、壁と壁の間が広すぎると対応するベビーゲートが売られていない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。取り外し可能なフレーム付きのものを選べば、設置したい場所が変わっても買い直さずにすみますよ。

自立式

置くだけだからテレビ前や移動させたい場所での使用に便利

どんな場所にもサッと移動させることができるのが一番の特徴。子どもを近づけたくない場所に運ぶだけでゲートができるので、柔軟に対応できます。設置のための壁との間口や傷を気にしなくていいのもうれしいですね。仕切りたい場所や家電の周りなどを囲うのに最適です。

ただし、通り抜ける際にはまたがないといけないので、急いでいるときにはやや不便です。また、月齢が高くなってくると抜け出してしまうことも。赤ちゃん期を除き、本当に危ない場所での使用は避けておいた方が無難です。固定式や突っ張り式に比べると頑丈さの面では劣るので、倒れにくい構造のものを選びましょう。

ベビーゲートの選び方

設置したい場所の幅で決める

設置幅が100cm未満なら伸び縮み可能な拡張フレーム付きタイプ

設置したい場所が変わっても、間口のサイズが合えば買い直すことなく使い続けられる拡張フレーム付きがおすすめです。入ってほしくない場所は、月齢や成長によって変わることも。そのたびにベビーゲートを購入するのは金銭的にも負担ですよね。拡張フレーム付きなら、場所に合わせてサイズを変更できるので臨機応変に対応できます。

設置幅が100cmを超えるならゆったり伸ばせるワイドタイプ

100cm以上ならワイドタイプ一択。広い間口でもしっかりと子どもを守れます。がっちりロックできる扉式と収納力に優れたロール式、置くだけ気軽に設置できる自立式が販売されています。しかし、数は多くないのでカラーやデザインにこだわることができないのがやや残念なところ。気に入るカラーがなければ、安全素材の塗料でDIYするのもおすすめです。

安全性で選ぶ

オートクローズ式のドアタイプなら閉じ忘れを防げる

忙しいママには、勝手に閉まってロックしてくれるオートクローズ式がおすすめ。急いでいるときや両手がふさがっているときにすぐにロックができなくても、その隙に子どもが入り込んでしまう事態を防止できます。ただし、角度や勢いをつけないとロックされない場合もあるので、きちんと扉が閉まっているか確認を忘れないようにしましょう。

段差が小さいタイプなら子どもやお年寄りでもつまづかない

ケガの危険を少しでも防止したいなら、段差が小さいものを選びましょう。扉式のベビーゲートは構造上段差があるものが多く、子どもやお年寄りはつまずいて転倒してしまう危険性も。段差が小さく設計されているものなら、その心配を軽減させることができます。二世帯で暮らしている方や、ペットがいるご家庭にもおすすめです。

塗装試験クリアのものなら子どもが舐めても安心

小さな子どもは何でも舐めたり咥えたりしてしまうもの。それならば、設置するベビーゲートも安全な塗料を使用しているものを選びたいですよね。塗装試験をクリアしているものなら、定められた基準を満たした安全性の高さが証明されています。月齢の低いお子さんがいらっしゃるご家庭には、安全な塗料を使ったベビーゲートがおすすめです。

おすすめ&人気のベビーゲートランキング

オートクローズ式でおすすめのベビーゲート

タンスのゲン-現役ママが考えたベビーゲート 設置幅76.5~81.5㎝(4,299円
90度以下の隙間を磁力でしっかりとロックできる

EU安全基準に合格している安全性の高いベビーゲートです。90度以下であれば、手を離しただけでしっかりとロックし、子どもを守ります。その秘密はマグネット構造。磁力で引き寄せるので、角度や勢いをつけなくてもピタッと閉まる点が魅力です。

扉の開放機能もあるので、使わないときは開けっ放しも可能。上部と下部の二重ロックで子どもには開けられないように設計されています。しかし、大人は片手で開閉できるので、抱っこしていても通るたびに子どもを下ろさなくていいのが助かりますね。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅74~84㎝ 木製ベビーゲート(4,499円
前後どちらからも開閉可能で通り抜けがラクラク

インテリアにも馴染むベビーゲートをお探しなら、木製がおすすめ。3種類のカラーから選べる天然木のフレームが、どのお家でも浮かず一体感が生まれます。もちろん機能性もバッチリ。手を離すだけで勝手に閉まり、二重ロックされるので忙しいママでも安心です。

前後に開閉するので、楽に通り抜けできるのもポイント。扉の近くに子どもがいても当たる心配がないし、荷物があっても動かさなくていいのがうれしいですね。階段上での使用はできない作りとなっているので、キッチンやリビング、玄関などにおすすめです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-つまづきにくい ベビーゲート 幅75~81㎝、幅89~95㎝(4,999円
90度以上で静止する開放機能で両手がふさがっているときも便利

拡張フレームを付ければ、最大95cmの幅まで設置できるベビーゲート。90度以上開けば静止する開放機能があるので、洗濯物を干したり料理を運んだりといった両手がふさがってしまうときでも、そのまま通り抜けができます。子どものお昼寝中や夜など、ロックが必要ないときでも便利ですね。

また、段差が約1.5cmと小さく、つまずきにくいのがこのベビーゲートの魅力。ほとんどのロボット掃除機は2cmの段差を越えるといわれているので、このベビーゲートなら難なく乗り越えられるでしょう。怪我のリスクを抑え、その上きれいも保つことができる多機能のベビーゲートです。

→商品詳細へ

拡張フレーム付きでおすすめのベビーゲート

タンスのゲン-ワイドタイプベビーゲート 幅75-152㎝(7,999円
最大152cmの幅まで細かに対応できてどの場所でも使える

拡張フレームが5枚もついているワイドタイプ。子どもの成長によって使いたい場所が変わることはよくありますが、拡張フレームの付け外しだけでどんな場所でも対応できるのが魅力です。拡張用の補強パーツも付属されているので、買い足す手間がいらないのが有難いですね。

また、段差は約1.5cmと小さく設計されています。つまずきにくいので、ペットがいるご家庭でも安心ですね。オートクローズ式や開放機能など、ママが助かる機能が満載。EU基準を満たしており、安全が証明されているのも高ポイントです。さまざまな場所に臨機応変に対応するベビーゲートを探している方におすすめです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-幅74~94㎝ 拡張フレーム付 木製ベビーゲート(5,999円
風合いの異なる自然な木目が美しくインテリアに馴染みやすい

ひとつひとつ異なる木目が魅力のベビーゲート。拡張フレームを付ければ最大94cmの幅に対応します。カラーはナチュラル、ライトブラウン、ダークブラウンの3種類。フローリングや柱の色に合わせて購入すれば、目立ってしまいやすいベビーゲートが悪目立ちせずお部屋に馴染みます。

90度以上開けると静止する開放機能付きなので、両手がふさがっているときでも通り抜けがラクラク。家事がはかどるので、より多くの時間を子どもと一緒に過ごせますよ。インテリアの雰囲気を壊したくない方におすすめのベビーゲートです。

→商品詳細へ

安全性の高さでおすすめのベビーゲート

タンスのゲン-つまづきにくい ベビーゲート 幅75~81㎝、幅89~95㎝ 2個セット(8,480円)
約1.5cmの小さい段差でどの年代の方でも安心なバリアフリー設計

ケガの危険性を少しでも抑えたいなら、段差の小さいタイプがおすすめ。一般的な突っ張り式のベビーゲートは3~5cmの段差があるものが多いですが、こちらは約1.5cmと段差を最小限に抑えています。子どもからお年寄りまでどの年代の方でも通りやすいので、つまずいて転倒するといったリスクが抑えられますよ。

また、EU基準をクリアした塗料を使用しているので、舐めても安心。上下の二重ロックで子どもには解除しにくく、危険な場所や入ってほしくない場所から守ることができます。こちらは2個セット。単品を2つ購入するよりもお手頃な価格なので、使いたい場所が複数ある方におすすめです。

→商品詳細へ

まとめ

閉じ忘れを防げるオートクローズ式のベビーゲートがおすすめ


ベビーゲートは、種類によって取り付け方や機能もさまざま。月齢や成長ペースによっても最適なタイプは異なりますが、危険の多い場所からしっかりと子どもを守ることが最も重要です。設置したい場所や壁との間口、通り抜け頻度も人それぞれ違いますが、お住まいにぴったり合うベビーゲートを選んでくださいね。

前の記事 ベビーサークルのおすすめランキング!選び方も