スキップ
ベビーサークルのおすすめランキング!選び方も

ベビーサークルのおすすめランキング!選び方も

赤ちゃんを安全に遊ばせることができるベビーサークル。家事などでどうしても赤ちゃんから目を離さなくていけないときも、ベビーサークルの中で遊ばせていれば安心ですよね。この記事では、人気のベビーサークルをランキング形式でご紹介します。種類や選び方についても詳しく解説していきますので、ベビーサークル選びの参考にしてみてくださいね。

ベビーサークルの魅力とは?

安全なスペースで赤ちゃんを遊ばせることができる


ハイハイをおぼえて動きが活発になった赤ちゃんは、怪我や事故の危険性が高まります。気をつけて見ているつもりでも、いつの間にか危ない場所まで行ってしまうことも。実は、家の中には危険がたくさん潜んでいます。ベビーサークルの中で遊んでいれば、赤ちゃんがいつの間にか家の中を歩き回って、危険な場所に近づいてしまうこともありませんよ。

一時的に赤ちゃんから目を離さなくてはいけないときも安心


料理に掃除、洗濯と、ママの仕事はたくさんありますが、家事をしながら赤ちゃんの様子を常に見守るのは至難の業です。どうしても赤ちゃんから目を離してしまうとき、忙しくて確認する余裕がないときもありますよね。そんなときも、ベビーサークルの中に赤ちゃんがいれば安心。赤ちゃんの安全を守ることはもちろん、親の負担も軽減することができるのがベビーサークルの魅力です。

ベビーサークルの種類

木製タイプ

頑丈で長く使用できる

木製タイプは作りがしっかりしていて頑丈なので、兄弟で長く使いたいという人におすすめ。フレーム自体に重量があるため、つかまり立ちをしても安心なのもポイントです。木製のベビーサークルは部屋にもなじみやすいので、部屋の雰囲気を壊すことなく設置することができますよ。

木製タイプのベビーサークルは、重量があり安定感がある一方で、気軽に移動することはできません。頻繁に設置場所を変えたり、持ち運んで使うには不向きといえるでしょう。木製タイプは気軽に使うのではなく、設置場所を固定して、しっかりと使いたいという場合におすすめです。

プラスチックタイプ

組み立てしやすくお手入れが簡単

プラスチックタイプは、お手入れがしやすいのが最大のポイント。軽く拭くだけで汚れを落とすことができるので、忙しいママやパパにおすすめです。また、軽量で組み立ても簡単なものが多いので、ママ一人でも設置ができる手軽さも魅力ですよ。

プラスチックタイプは値段もリーズナブルなものも多く、軽量でお手入れも簡単なので、気軽に使うことができます。ただし、他のベビーゲートに比べ、劣化が早い傾向も。兄弟みんなで長く使うというよりは、赤ちゃん時代の短期間のみ使うのに適しています。

メッシュタイプ

軽量かつ折りたたみ式で移動がスムーズ

掃除の際に片付けたり、部屋を移動して使いたいのならば、軽量のメッシュタイプがおすすめ。折りたたみ式もあるので、持ち運びに便利です。また、全面が柔らかいメッシュ生地で覆われているため、赤ちゃんがぶつかっても怪我の心配がありません。柵がないので外からサークルの中がよくみえることもポイントです。

折りたためて移動に便利なメッシュタイプは、車にも積み込めるため、ベビーサークルの中で唯一外に持ち出すことも可能です。頻繁に祖父母の家に行くなど、家の外でも使いたいならばメッシュタイプを選ぶとよいでしょう。ただし、全面がメッシュで覆われているため、強い力を加え続けるとメッシュが伸びてしまうことも。力があまり強くない0歳から1歳くらいの時期に使うのがおすすめです。

マットタイプ

赤ちゃんが転んでも安心

怪我のしにくさを重視するならば、マットタイプがおすすめ。クッション性のあるマットが衝撃を吸収してくれるので、転んでも怪我をする心配がありません。また、ベビーサークルを使用しなくなったあとも、プレイマットとして使い続けることができることもうれしいポイントです。

マットタイプは、ベビーサークルとしてだけではなくマット単体でも使えるので、長く使用したい人におすすめです。ただし、ベビーサークルとして使う場合は、側面もマットのため、中身が見えにくい場合も。柔らかいマットが敷き詰められているため怪我の心配は少ないですが、月齢が小さいうちは、ベビーサークル内で一緒に遊ぶ際に使うと安心です。

ベビーサークルの選び方

扉の有無で選ぶ

扉がないタイプなら赤ちゃんが勝手に外に出る心配がなくて安心

扉の閉め忘れによる赤ちゃんの脱出が心配ならば、扉が付いていないベビーサークルを選びましょう。出入りできる場所がどこにもないため、赤ちゃんが自分で外に出て行ってしまう心配がありません。ただし、出入りのたびに柵をまたがなくてはいけないので、身長の低い人は出入りが大変なことも。また、赤ちゃんを抱っこしたまま柵をまたいで出入りをするので、大きくなるにつれて負担を感じる場合もあります。扉が付いていないタイプを選ぶときは、自分の身長や、いつまで使うのかも考慮し、無理なく出入りできる高さのものを選ぶとよいでしょう。

扉付きタイプなら柵を跨ぐ必要がなく出入りが簡単

背が低く、ベビーサークルをまたいでの出入りが大変という場合は、扉付きのベビーサークルがおすすめです。扉を開けて誘導すれば、赤ちゃんが自分でサークルの中に入ることができます。赤ちゃんを抱っこして柵をまたぐという動作が不要なため、背が低い人でも負担を感じることがありませんよ。ただし、赤ちゃんが勝手に扉から出ていってしまう心配もあるので、外側からロックがかけられるタイプを選ぶとよいでしょう。

サイズで選ぶ

省スペースタイプなら狭い部屋でも設置できる

部屋が狭く、ベビーサークルを置くと圧迫感が出てしまうという場合は、省スペースタイプがおすすめ。動き回れる範囲は狭くなりますが、おもちゃなどを充実させれば、赤ちゃんはサークルの中で楽しく遊んでくれます。部屋に置くと存在感が出てしまうベビーサークルは、大き過ぎると部屋の雰囲気を壊してしまうばかりか、動線の邪魔になり、生活に影響を及ぼしてしまうことも。実際に部屋のサイズを測って、ちょうどいいサイズのものを選びましょう。

縮小・拡張が可能なタイプなら設置する場所を変えても対応できる

置く場所を将来変える予定があるのならば、縮小・拡張できるタイプを選びましょう。パーツを増やすことで大きさを変えられるタイプならば、部屋に合わせて最適な大きさで使うことができます。また、正方形だけでなく、長方形やL字型などに変形できるタイプならば、どんなレイアウトにも対応可能。引っ越しの可能性がある場合などにおすすめです。

インテリアとの調和で選ぶ

木製ならフローリングや他の家具ともなじみやすい

木製のベビーサークルは、ナチュラルテイストの部屋との相性が抜群。存在感が大きいベビーサークルですが、木製ならばフローリングや他の家具と色味を合わせることができるので、インテリアの邪魔になりません。デザインもシンプルでおしゃれなものが多いので、部屋の雰囲気と調和させたいならば、木製を選ぶとよいでしょう。

プラスチック製なら豊富なカラーバリエーションの中から選ぶことができる

子どもらしいポップな色や、モノトーンカラーを選びたいのであれば、プラスチック製がおすすめ。カラーバリエーションが豊富なので、きっと欲しい色が見つかります。また、窓がかわいい形にくり抜かれていたりとデザインのバリエーションが豊かなのも魅力。色やデザインにこだわりたいという人はプラスチック製を選んでみてください。

おすすめ&人気のベビーサークルランキング

扉付きタイプでおすすめのベビーサークル

タンスのゲン-幅167cm片手でロックできる ベビーサークル ハイタイプ (12,999円
抱っこしたままでも出入りが楽

片手でロックできる扉が付いたおしゃれな木製のベビーサークルです。SG基準に基づいて設計されているので安全性も抜群。食品衛生法規格試験にも合格しているので、赤ちゃんがなめてしまっても安心です。柵の高さを子どもが乗り越えにくい65cmのハイタイプを採用しているのも嬉しいポイントですね。

背が低い人におすすめの扉付きベビーサークルです。片手でロックできるので、出入りのたびに赤ちゃんを下ろす必要がないのも助かりますね。パネルを差し込むだけでジョイントできるので、組み立ても簡単。正方形以外にも、長方形やL字型に変えられますよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-ハイタイプベビーサークル扉付き15枚セット(12,999円
柵の高さが最大66cmのハイタイプ

ツートーンカラーがおしゃれなプラスチック製の扉付きベビーサークルです。扉にはドアロックが付いているので、赤ちゃんが勝手に外に出る心配もありません。柵の高さは、扉付きならではの66cmのハイタイプ。子どもが乗り越えにくい高さに設定されているのも嬉しいですね。

落ち着いたカラーのプラスチック製のベビーサークルは、モノトーンやくすみカラーが好きな人におすすめ。色も形も、とにかくかわいいおしゃれなベビーサークルです。扉付きなので背の低い人でも楽に出入り可能。外側のドアロックとハイタイプの柵で、赤ちゃんの安全を守ってくれますよ。

→商品詳細へ

またいで入るタイプでおすすめのベビーサークル

タンスのゲン-幅163cm ベビーサークル 8枚セット(8,999円
SG基準に基づいた安心設計

安全な製品として定められているSG基準に沿って、柵の高さが56cmに設計された木製のベビーサークル。またぎやすさと安全面を兼ね備えた高さになっています。食品衛生法規格試験にも合格しているので、赤ちゃんがなめても安心。2セット購入することにより、2倍の大きさに変えることもできますよ。

扉のないシンプルなベビーゲートは、赤ちゃんが外にでる心配がないので安心。柵の高さが赤ちゃんの安全とまたぎやすさの両方に配慮されていることもポイントです。形を変えられることはもちろん、パーツを追加することにより大きさも自由に変えられるので、どんな部屋にでも臨機応変にレイアウトすることができますよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-ベビーサークル 136×136cm 8枚セット(7,999円
狭い場所にも置ける省スペースタイプ

コンパクトな木製のベビーサークルは、狭すぎず広すぎないちょうどいい大きさ。正方形の他にも長方形、L字型に変えることができるので、小さな部屋や、家具の配置に合わせた狭いスペースにも置くことができます。柵の高さも56cmと、赤ちゃんの安全性とまたぎやすさを両立した高さとなっています。

省スペースのベビーサークルは、部屋が狭い人や、ベビーサークルによって部屋が圧迫されたくないと考えている人におすすめ。コンパクトでナチュラルな木製のベビーサークルは、部屋の雰囲気を壊すこともありません。置きたいスペースに合わせて形を変えられるのも嬉しいですね。

→商品詳細へ

まとめ

安全性とインテリア性を兼ね備えたベビーサークルがおすすめ

ベビーサークルは、赤ちゃんの安全を守ることはもちろんですが、存在感があるものなのでデザイン性も重要です。ベビーゲートにはさまざまな種類があり、機能も見た目もそれぞれ異なります。長く使いたいのか、手軽なものを選びたいのか。ナチュラルなものがよいのか、カラーにこだわりたいのか。人によって、選ぶポイントは異なります。安全性はもちろん、使いやすさやインテリア性も考慮して、家族みんなが満足できるベビーサークルを選んでみてくださいね。

前の記事 学習椅子のおすすめランキング!中学生にも
次の記事 ベビーゲートのおすすめランキング!突っ張り式も