スキップ
リクライニングチェアのおすすめランキング!高級な電動式も

リクライニングチェアのおすすめランキング!高級な電動式も

読書やお昼寝をしたい時、テレワーク中の休憩したい時には、ゆったりリラックスさせてくれるリクライニングチェアがおすすめです。リクライニングチェアが1台あれば自宅で落ち着いてくつろぐことができますし、折りたたみ式のコンパクトなものを選べばアウトドアでも活躍します。ぜひ自分に合ったものを選びましょう。今回はおすすめの人気リクライニングチェアをランキング形式でご紹介します。リクライニングチェアの種類と選び方のポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

リクライニングチェアの魅力とは?

背もたれの角度を自由に変えられるので自分好みの姿勢でリラックスできる

リクライニングチェアは、背もたれの角度を変えられるところが一番の魅力です。自由に角度を調節することで、自分に合った姿勢でくつろぐことができます。用途に合わせた使い方ができるのは嬉しいポイントですね。自分好みの座り心地の良い角度を見つけて、リクライニングチェアの魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

1人でゆったり座れるので日々の疲れが癒せる

1人掛けなので、周りを気にせずゆったり座ることができるのも魅力の1つです。2人掛け以上になるとリクライニングソファと言って、かなり大型家具になります。自分専用なので長時間座っていても疲れにくいのが良いですね。リビングだけでなくオフィスや書斎に置いて、日々の疲れを癒したい人にも最適のアイテムです。

リクライニングチェアの種類

脚部付きタイプ

高さがあるので立ち上がるときの体への負担が少ない

脚部付きタイプは座面の高さがあるため立ち上がる動作が楽にできるため、身体への負担が少ないのが特徴です。座面の高さも高いものから低めのもの、高さ調節できるもの、脚部が回転するものなど様々な種類があります。体格や世代を問わず人気です。

脚部が360度回転するタイプのものもあります。あまり動きたくない方や足腰への負担を減らしたい方におすすめです。座っていて足が浮いていると疲れが溜まりやすいため、床にかかとが付く高さやフットレスト付きなど、自分に合ったものを選びましょう。

座椅子タイプ

ラグの上やこたつなどで足を伸ばしてリラックスできる

座椅子タイプは脚部がないため、床で足を伸ばすことができます。ラグの上やこたつなどで過ごすことが多い方におすすめです。背もたれをフラットにすることで、全身を伸ばしてくつろげます。ちょっとお昼寝したい時にも活躍してくれますね。

また、座椅子タイプは脚部付きタイプよりも軽量で比較的安価なものが多いです。リクライニングチェアを気軽に取り入れたい方に人気があります。軽量でコンパクトに収納でできるため、狭い部屋に置きたい場合や普段は使わない場合などに便利です。

リクライニングチェアの選び方

リクライニング方法で選ぶ

予算に余裕を持たせたいなら手動リクライニング

リクライニングチェアを手軽に買いたいなら、手動式のリクライニングチェアがおすすめです。手動式なら電源不要なため電気代がかかりません。置く場所も選ばず比較的安価なものが多いのも嬉しいですね。手動式にはレバー式とダイヤル式の2種類があります。レバー式は手元のレバーを引くだけで簡単に好みの角度に調節ができるもの。ダイヤル式はダイヤルを回すことで角度調節でき、見た目がすっきりしているのが特徴です。

高齢者や腰痛持ちの方なら簡単操作の電動リクライニング

電動式のリクライニングチェアは、ワンタッチで角度調節ができます。レバーを引くなどの力がいらないため、高齢者や腰痛持ちの方におすすめです。電動式の場合、コンセントにつなげる必要があり、サイズも大きくなるためある程度広いスペースを確保しなければなりません。また故障する可能性があり、重量があるため移動させにくいことも考慮しましょう。比較的高価なものが多いですが、ボリュームがあり操作が簡単なので、とても快適に過ごせるのが魅力です。

素材で選ぶ

カジュアルな雰囲気に合わせるなら優しい肌触りの布製

布製は、通気性の良さと優しい肌触りが特徴です。色や柄も豊富にあり、カジュアルなインテリアに合わせたい方に人気があります。布製は汚れが付きやすいため、衛生面を気にする場合はカバーを外して洗濯できるものを選びましょう。布製はカバーが外せないものも多いですが、長く使うためにもきちんとお手入れすることが大切です。

高級感が欲しいなら表面に光沢の出る革製

革製は表面に光沢が出るため、上質で高級的な存在感が欲しい方に人気です。革製には合皮と本皮の2種類があります。合皮は汚れに強く、気軽に革の風合いを楽しめる人工皮革素材です。本革は使い込むほど味わいが増し、耐久性に優れています。革製は蒸れやすく革の劣化によりひび割れるデメリットがありますが、撥水性が良くお手入れが簡単なので長く愛用したい方におすすめです。

蒸れが気になるなら通気性の良いメッシュ製

メッシュ製は、通気性が抜群なのが一番の魅力です。長時間座っていても蒸れにくいため、汗をかきやすい人やテレワークで一年中使用する人に人気があります。さらりとしていてフィット感も良く、座り心地が良いのも嬉しいポイントですね。メッシュ製リクライニングチェアは比較的安価でゲーミング用として販売しているものも多いですが、オフィスや書斎で使用するにも適しているため検討してみてください。

パーツで選ぶ

深くリラックスしたいならヘッドレスト付き

リラックスすることを目的にリクライニングチェアの購入を検討している場合は、ヘッドレスト付きがおすすめです。ヘッドレストは頭を支えてくれるので、安心してお昼寝できます。ボリュームのあるヘッドレストを選べば、頭を包み込んで首への負担をさらに軽減してくれるのが魅力。深くリラックスしたいならヘッドレスト付きのリクライニングチェアを選びましょう。

腰の痛みを軽減したいなら腰当て付き

腰痛予防や少しでも腰の痛みを軽減したい場合は、腰当て付きを選びましょう。デスクワークやネットサーフィンなど椅子で過ごす時間が多い方は、腰痛対策として腰当てがあると役に立ちます。長時間同じ姿勢で座っていると身体の疲労が溜まるため、こまめに身体を伸ばしてリラックスすることが大切です。身体のカーブに合わせた腰当てを選ぶと良いでしょう。

座りながら本やスマホを見るなら肘掛け付き

読書やスマホを見ながら座りたい場合は、肘掛けの付いたリクライニングチェアがおすすめです。肘掛けが付いていれば、読書する時などにも腕が疲れにくく、仮眠する時には体を傾けやすくリラックスできます。猫背予防にもなるのが嬉しいポイント。また、肘掛けに手を付けば身体を支えてくれるので、楽に立ち上がることができます。デスクと合わせて使用する場合は、肘掛けが引っかからないよう、サイズを確認しましょう。

座り心地を重視したいならフットレスト付き

座り心地重視で選ぶ場合は、フットレスト付きのリクライニングチェアが人気です。フットレストは独立型と一体型、内蔵型の3種類があります。独立型はスツールやオットマンとも呼ばれ、足を置くための台。ちょっとした荷物を置くこともでき便利です。一体型はリクライニングチェアと一体になっているタイプ。内蔵型はチェアと一体になっているフットレストが伸縮できるスライドタイプです。睡眠目的や足を伸ばしてくつろぎたいなど、用途に合わせて選びましょう。

機能で選ぶ

くつろぎ方にこだわりがあるなら角度調節タイプ

リクライニングチェアは、やはり自分好みに角度調節できるものを選びたいですよね。角度調節タイプには段階固定と無段階の2種類があります。段階固定方法はギアで角度を段階的に調節でき、ギア数の多いものを選べば好みの角度が見つかるでしょう。無段階方法は油圧やガス圧、調節ねじで角度を固定します。段階固定のように角度が決まっていないため、好きな角度を自由に設定することができます。くつろぎ方にこだわりがある方におすすめですよ。背もたれをどこまで倒せるかもチェックポイントで、仮眠したいなら160から170度を選ぶとフラットに近くなります。

座ったまま動き回りたいなら脚部360°回転タイプ

オフィスや書斎での利用を考えている方は、キャスター付きや脚部が360度回転するタイプがおすすめです。回転タイプなら、座ったまま後ろを向いたり後ろの物をとったりできます。キャスター付きなら移動も簡単。リビングでのくつろぎタイムをリクライニングチェアで自由に動き回ることができるので、高齢者や足腰の弱い方にもおすすめです。

狭い場所や外でも使いたいなら折りたたみタイプ

折りたたみタイプは、狭い部屋に置きたい方におすすめです。折りたためばコンパクトになるため、持ち運んで庭先や外出の際にも使えます。スチール製で撥水性のある素材が使われているアウトドア用のリクライニングチェアもあるので、アウトドア好きはぜひチェックしてみてください。使用しない時はコンパクトにできるため、収納しやすいのが魅力。軽量なものが多いので、来客用など使いたい時だけ素早く広げて使うことができて便利です。

おすすめ&人気のリクライニングチェアランキング

オットマン付きでおすすめのリクライニングチェア

タンスのゲン-1人掛けリクライニングチェア(20,999円
足を伸ばして寛げるオットマン付き

スタイリッシュで、フットケアやフェイシャルサロンでも人気のデザイン。ハイバックでオットマン付きなので、ゆったりとくつろぐことができるリクライニングチェアです。お尻や頭、背中の最も体重がかかる部分は、他の部分よりも柔らかめに作られています。長時間座っても身体が痛くなりにくい構造なのが嬉しいですね。

表面張地にはソフトレザーを使用しており、撥水性があります。お手入れが簡単で清潔に保つことができるのもおすすめポイントです。背もたれは140度まで倒せる無段階リクライニング調節で、好みの角度で癒しのひと時を過ごせるでしょう。

→商品詳細へ
タンスのゲン-オットマン&ミニテーブル付パーソナルチェア(79,800円)
便利なミニテーブルも付いた回転式

頭まですっぽりと包んでくれるクッションとオットマン付きで、ゆったり快適に過ごせるリクライニングチェア。95度から133度までの無段階リクライニングで、お好みの角度に調節できます。両サイドにリクライニングバーがあるため、左利きの方にもおすすめです。

脚部360度回転タイプで肘掛けも付いているので、楽に立ち上がることができるのは良いですね。使い勝手の良い円形ミニテーブルは左右どちらにも取り付け可能で、マグカップや読みかけの本を置くのに便利です。生地には水や汚れに強いヌバック調という牛革の生地を使用しており、肌触りが良くお手入れが簡単なのも魅力。

→商品詳細へ

オットマン一体型でおすすめのリクライニングチェア

タンスのゲン-1人掛け フットレスト一体型リクライニングチェア(20,999円
おしゃれなフットレスト一体型と360℃回転式

おしゃれなインテリアに馴染む明るいカラーのリクライニングチェア。足を伸ばせる一体型のフットレストは、5段階リクライニングで調節可能です。無段階リクライニング固定可能でお好みの角度に調節可でき、脚部360°回転タイプで機能性抜群。

触感が良く滑らかなソフトレザーを採用しています。座り心地の良い自分だけの空間で、おしゃれなリラックスタイムを過ごしたい方におすすめです。人の気分は色で左右されることもありますので、明るいカラーを取り入れて気分も明るく過ごしましょう。

→商品詳細へ
タンスのゲン-1人掛け オットマン一体型 リクライニングチェア(21,999円
ソフトレザー座面のオットマン一体型で省スペース

肉厚のヘッドクッションと、ウレタンたっぷりの腕置きが気持ち良い贅沢なリクライニングチェア。ふかふかのシートが身体を優しく包み込んでくれます。オットマン一体型なので、一般的なパーソナルチェアに比べて奥行きが半分の省スペースなのも魅力です。

背もたれは最大140度の無段階リクライニング。フットレストも5段階に調節可能なため、お好みの角度でくつろぐことができます。肌触りの良いソフトレザーを採用し、通気性が良くお手入れも簡単なので、小さなお子様がいる方にもおすすめです。

→商品詳細へ

電動でおすすめのリクライニングチェア

タンスのゲン-電動リクライニングパーソナルソファ(49,999円
お好みの角度へ簡単に調節できる

ボタン1つで簡単に角度調節ができる、フットレスト一体型の電動リクライニングチェア。電動でコンパクトなものを探している方におすすめです。背もたれのクッションには羽毛のような感触のシリコンフィル綿を採用し、復元性と耐久性に優れ長期間の使用にも耐えられます。

省スペースリクライニングで、リクライニング時に後方に必要なスペースはわずか9cm。省スペースで最大150度まで無段階リクライニングできるのが嬉しいポイントです。また皮革に近いしっとりとした肌触りのソフトレザーを使用しており、撥水性が良くお手入れも簡単なのは良いですね。

→商品詳細へ
タンスのゲン-本革 電動リクライニングパーソナルチェア(138,000円)
高級感のある本革でかつUSBポート付き

高級感のある本革で、ヘッドレストとフットレストが独立稼働の電動リクライニングチェア。厳しい品質基準を満たしたOKIN社製モーターを使用しています。便利なUSBポート付きで使い勝手が良いですよ。回転式なので手軽に方向転換でき、楽に立ち上がることができるのも良いですね。

背もたれの角度は最大150度の無段階調節可能で、連動して足が高く上がるため、深い角度でゆったりリラックスできるのが特徴です。宇宙飛行士が宇宙で睡眠をとる姿勢から着想を得ています。足がむくみやすい方は、ぜひチェックしましょう。

→商品詳細へ

肘掛け付きでおすすめのリクライニングチェア

タンスのゲン-肘付きリクライニングチェア(24,999円
肘掛け付きで心地よい背もたれと低反発クッション

低反発入りクッションで快適にリラックスできるリクライニングチェア。座り心地重視の方におすすめです。ボリュームたっぷりのクッションで背中全体を優しく包み込んでくれます。肘掛けにもクッションが入っているため、腕が痛くならないのも嬉しいですね。

リクライニングの角度は最大150度なので、横になって気持ち良くくつろぐことができます。内蔵フットレストで足の高さが高くなるため、心地良く全身ゆったり座れますね。足が高くなるため、むくみ解消にもなり、立ち仕事が多い方にもおすすめです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-パーソナルリクライニングチェア(30,800円)
厚さ30cmの背もたれクッションで全身を包み込む

ボリュームたっぷりのクッションで全身を包み込んでくれる、贅沢なリクライニングチェア。背もたれはなんと厚さ30cmで、ふかふかで気持ち良いシリコンフィルクッションを使用しています。肘掛けも厚さ9cmのクッションで、ウレタンフォームが詰め込まれ程良い硬さです。

フットレスト一体型で、連動して150度まで倒すことができるため、寝心地良くゆったり過ごせます。張地はソフトレザーとファブリックの2種類から選べるのも嬉しいポイントです。お手入れ簡単で高級感が欲しい方はソフトレザー、触り心地の良さを重視する方はファブリックを選ぶと良いでしょう。

→商品詳細へ

まとめ

用途や好みに合わせて寛げるリクライニングチェアがおすすめ

リクライニングチェアは、用途に合わせて自分好みにリラックスできるものを選びましょう。サイズや素材、パーツなどの組み合わせにより、とても多くの種類がありますが、回転タイプやフットレスト連動タイプなど機能性に優れたものを選ぶと便利です。素材は、耐久性に優れお手入れが簡単な革製がおすすめ。ぜひ部屋の雰囲気やスペースに合った自分専用のリクライニングチェアを選んで、自宅でゆったりと快適な時間を過ごしてくださいね。

前の記事 在宅ワーク向け椅子のおすすめランキング!長時間のテレワークにも
次の記事 ダイニングチェアのおすすめランキング!回転式も