スキップ
カフェ向け椅子のおすすめランキング!北欧風も

カフェ向け椅子のおすすめランキング!北欧風も

カフェを開業するにあたり、内装や家具選びは大切なポイントです。特に、インテリアの中でも重要な位置を占める椅子は、座り心地とおしゃれさにもこだわって、慎重に選びたいですよね。この記事では、カフェ向けのおしゃれ椅子をランキング形式でご紹介します。椅子の種類や座り心地についても詳しく解説するので、椅子選びの参考にしてみてくださいね。

カフェ向け椅子の魅力とは?

椅子の選び方次第でカフェの居心地を変えられる


カフェの椅子選びは、お客様を呼び込むための重要なアイテムの1つ。カフェでは、ゆったりと椅子に座りながら食事やドリンクを楽しみますが、座り心地の良い椅子なら、長く滞在したくなるカフェになりますよ。友人との会話や一人でのカフェタイムを、快適に楽しめる場所になるでしょう。

インテリアに順応するデザイン性の高さ


座り心地の良さに加えて重要なのが、あの場所でお茶を楽しみたいと思えるような、空間にマッチした椅子であること。カフェのコンセプトやインテリアにマッチしたデザインの椅子であれば、その椅子がある空間にいるだけで、満ち足りた気分になれますよ。カフェの空間に自然と調和できる椅子が、理想的です。

カフェ向け椅子の種類

レザー製

高級感のあるおしゃれな雰囲気にできる

カフェ全体を重厚感のある雰囲気に演出したいなら、レザータイプがおすすめです。ダークトーンのレザーは、高級感があり落ち着いた雰囲気を演出します。どこか懐かしくレトロな雰囲気も演出できるので、年齢層が高い方の利用にも効果的です。

明るいトーンのレザーは、北欧ヴィンテージや西海岸スタイルのカフェデザインにもおすすめ。レザー独特の深みがありながらも、リラックスしやすいラフさが魅力です。本革もおしゃれで素敵ですが、手入れが大変なことも。手入れのしやすさで選ぶなら、合成皮革も検討しましょう。

ウッド製

北欧風のナチュラルな風合いが魅力

カフェ向けの椅子の中で圧倒的な人気を誇るウッド製の魅力は、温かみと落ち着きを併せ持った、カフェのイメージにぴったりのルックスを持つところです。手触りが良く、高級感もある点もおすすめのポイント。ウッド製は、使われている木材の種類によって質感や手触りが異なるので、多くの方にとって選びやすいでしょう。

メープルやパイン材は明るみがあり、ツルツルな触り心地。濃い色のファブリックや家具を配置したカフェにメリハリをプラスします。チークやウォールナットはしっとりとした触り心地で、全体的に落ち着いた雰囲気のインテリアにマッチするでしょう。

ファブリック製

座り心地が良く温かみをプラスできる

ナチュラルテイストや温かみのある北欧テイストがコンセプトのカフェには、ファブリック素材を使用した椅子がおすすめです。ファブリックは親しみやすい印象で、クッション性も高くゆったりくつろげます。座面が取り外せるものなら、手入れもしやすいですよ。清潔を保ちやすい工夫が施されたものを選ぶと良いでしょう。

ファブリック製椅子の特徴は、色や柄の種類が豊富なことです。壁紙や導入する家具との相性を考えながら、椅子選びを楽しめますね。伸縮性に優れたファブリックは、立ったり座ったりを繰り返しても劣化が起きにくく、耐久性に優れているのが魅力です。

プラスチック製

汚れをふき取るだけでお手入れが簡単

手入れのしやすさや、軽量でスタッキングしやすい機能性を重視するなら、プラスチック製もおすすめです。安価で劣化しやすいイメージですが、デザイナーズチェアにも使われるほど、高品質でおしゃれなものも増えてきました。また、ポップで明るいカフェにできる鮮やかなカラーの椅子が豊富にあるのも魅力です。

プラスチック製は、汚れが付着してもさっと拭き取るだけで掃除しやすいのも特徴の1つ。プラスチックのみで作られた一体型チェアは、丸洗いも可能なので、清潔に使えますよ。丁寧に取り扱うようにすれば、使用の衝撃で割れてしまうこともありません。

カフェ向け椅子の選び方

座面高で選ぶ

快適な椅子はテーブルと座面との差が27cmから30cm

快適に椅子に着座できるポイントは、テーブルと椅子の高さが合うことです。食べたり飲んだりするときに、身体に負担がかからない高さを選ぶと、くつろぎ感が増しますよ。テーブルの天板と椅子の座面までの高さを差尺といい、一般的に27cmから30cmnサイズが理想的と言われていますよ。テーブルの高さをきちんと測ってから、椅子を選ぶようにしましょう。

脚を伸ばして寛ぎやすくするなら座面が低いロータイプ

カフェでゆっくりと過ごしてほしいなら、座面が低く脚を伸ばして座りやすいロータイプがおすすめです。椅子自体に高さがない分、空間が広く見え、ゆったりとした気分を楽しめますよ。椅子をロータイプにするなら、テーブルの天板も低く設置するのも大切なポイントです。リラックス感をアップさせ、くつろぎやすくなるでしょう。

機能で選ぶ

360度回転式なら立ち回りがしやすい

お客様が立ったり座ったりしやすいように、360度座面が回転する椅子を導入するのも良いでしょう。後ろに椅子を下げる動作が不要なので、カフェの空間自体が狭い場合にもおすすめ。椅子自体が回れば、トイレに立つときにもスムーズです。サイズが大きく重量があるものやコンパクトサイズのものなど、カフェのスペースに合わせて選びましょう。

スタッキング式なら必要に応じて取り出せる

カフェ向け椅子の中には、スタッキング機能付きのものもあります。スタッキング機能付きなら、収納時にまとめて積み重ねることができますよ。お客様が増えた場合や、貸切などでさらに椅子が必要になったときだけ使うことができるので、空間を有効活用できますね。収納場所を取りすぎないよう、スリムで軽いものがおすすめ。出し入れがしやすく、不要な時も動線の邪魔になりません。

背もたれの高さで選ぶ

ハイバックなら身体全体を支えられるので寛ぎやすい

背中から肩まで、背面部分を広くカバーしてくれるハイバッグは、くつろぐための椅子として人気があります。体全体を包み込むようなフィット感に優れているため、長時間の着座も苦になりません。また、ハイバック椅子は高級感を演出するのにも最適です。ゆったりとくつろぎながら食事やカフェを楽しんでほしいなら、ハイバックがおすすめですよ。

ミドルバックなら種類が豊富でカフェの雰囲気に合わせやすい

少し身体を支えながらも開放感があるものが良いなら、ミドルバックの椅子がおすすめです。椅子の中でも種類が多く、好みのデザインを選びやすいのも特徴。自分のこだわるポイントが搭載された椅子を探しやすいでしょう。ハイバックと異なり視界をさえぎらないので、カフェ全体が見渡しやすいオープンな雰囲気になるのも魅力です。

ローバックなら圧迫感が少なくカフェ空間を広く見せられる

くつろぎを目的として椅子を選ぶ場合や、カフェの空間に圧迫感を与えたくないなら、ローバックがおすすめです。くつろぎの姿勢を取りやすいですよ。カフェの空間の中で椅子が目立ち過ぎないので、こだわりの詰まったインテリアを引き立ててくれるでしょう。どんなインテリアにも馴染みやすいのも、ローバックのメリットです。

おすすめ&人気のカフェ向け椅子ランキング

ハイタイプでおすすめのカフェ向け椅子

タンスのゲン-ウィザーチェア ボウルバック型 カフェ椅子(9,999円)
温もりのある天然木を使用した椅子で北欧風の空間に最適

イギリスの伝統デザインとくつろぎやすさを融合させた、おしゃれな木製ウィンザーチェアです。厚めの座面と細長い背棒、曲線の背板が特徴的。英国で今も愛され続ける洗練されたデザインで、空間に温かみと優しさをプラスしてくれるでしょう。

ボウバッグデザインは、丸みを帯びた優しい印象です。影の形も美しく、目を惹きますね。照明を落としたクラシカルな雰囲気のカフェにも、優しい雰囲気をプラスしてくれるでしょう。座面も広く強度も高いので、長く大切に愛用できますよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-ウィザーチェア 2脚セット(13,999円)
英国風カントリーカフェにふさわしいコームバックデザイン

英国風ウィンザーチェアのカムバッグタイプです。洗練されたスタイリッシュな雰囲気と温かみを兼ね備えたルックスが魅力。背中を支える櫛のような直線的なデザインが、より美しさを引き立てていますよ。天然木の温かみのある雰囲気が、見た目にもリラックス感を生み出してくれるのもポイントです。また、湾曲した背もたれは、背中に心地よくフィットし快適性も抜群です。

椅子に使われている塗料は、Fフォースターランクです。子供にも安心の塗料なので、べたべた触る子供客が多いカフェでも安心して使えますね。椅子の脚裏には、床への傷を防ぐパット付き。椅子を頻繁に動かしても、床に傷がつきにくくなっているのも特徴です。

→商品詳細へ
タンスのゲン-インダストリアルデザイン ダイニングチェア 2脚セット(17,999円
メンズライクなおしゃれなカフェにふさわしいインダストリアルデザイン

飾り気のない無骨な印象のカフェにおすすめの、インダストリアル風チェアです。メンズライクなブルックリンスタイルや、欧米の古い建物をイメージしたカフェにもマッチします。アイアンと無垢材の組み合わせが、ヴィンテージの中にも高級感をプラスしていますよ。

カフェの店内を、無骨でありながらも、落ち着いた大人の雰囲気に演出してくれるでしょう。クッション性の高いウレタンを使用しているのも、この椅子の特徴。長時間の着座でも、楽にゆったり座れます。撥水性のあるPVC座面で、汚れもさっと一拭きで済むのもポイントです。

→商品詳細へ

ロータイプでおすすめのカフェ向け椅子

タンスのゲン-天然木フレームダイニングチェア PVCレザー座面(27,800円)
漆黒カラーの天然木チェアはモダンスタイルのカフェにおすすめ

スタイリッシュでアーバン風なカフェのインテリアに仕上げたいなら、この椅子がおすすめです。漆黒のブラック一色で、高級感があります。フレームにはラバーウッドの天然木を使用しているので、単色でも十分に高級感があります。天然木の曲線が美しく体を預けやすい椅子ですよ。

漆黒カラーですが、直近で見るときの質感を残したマットな塗装を施しているのもポイント。天然木のため強度も高く、肘掛けを使って立ったり座ったりを繰り返しても、ぐらつくことがないでしょう。座面クッションにはPVCを使用しているので、手入れがしやすいですよ。

→商品詳細へ
タンスのゲン-360°回転式ダイニングチェアスチール脚 2脚セット(24,999円
360度回転座面で出入りや立ち回りが楽

デザイン性の高いおしゃれな椅子です。高いデザイン性とは裏腹に、水や汚れに強いPUレザーを使用しているので、手入れのしやすい業務用として使用できますよ。また、脚部は錆びにくく耐久性の高いスチールを使用しており、強度を高めています。

使い心地にもこだわった設計も特徴です。体にフィットする緩やかなカーブと、厚みたっぷりの背もたれが体に優しくフィットします。見た目にもこだわりながらも、立ち座りがしやすいように座面が360度回転する機能付き。スムーズに立ち回りできるでしょう。

→商品詳細へ

おしゃれでおすすめのカフェ向け椅子

タンスのゲン-リプロダクトカジュアルチェア イームズチェア(12,800円)
バイキャスト加工を施しレトロ感漂うおしゃれなカフェ向け椅子

どこか懐かしくレトロな印象の、イームズチェアです。リプロダクト製品ですが、巨匠のオリジナルデザインを忠実に再現しているので、価格以上の高級感を演出できます。飽きのこない洗練されたデザインで、長く大切に使い続けたいカフェオーナーにおすすめです。

全9色の豊富なカラー展開もこの椅子の魅力。カフェインテリアやメインカラーに合わせて、好みのカラーを選べますね。あえて別々のカラーを組み合わせた、大人な遊び心を演出するのもおすすめです。座面には合成皮革を使用し、高級感がありながらも手入れがしやすい仕様となっています。

→商品詳細へ
タンスのゲン-リプロダクト オーガニックズチェア(15,800円)
体に馴染む曲線設計で長時間の着座も疲れない

体をしっかり支える広めの座面と、ゆったり体を預けられる背面のデザインが魅力的です。椅子部分には、座り心地の良いファブリックや手入れがしやすい合成皮革を使用し、使いやすさを高めています。脚部の天然木との相性もよく、空間に高級感をプラスしてくれるでしょう。

複数のカラーをパッチワークのように組み合わせたおしゃれなデザインや、豊富なカラーから選べるのも魅力。カフェの中で、椅子が主役になるような存在感を発揮しますが、細脚なので圧迫感がありません。ローバックタイプなので、空間は広く見せられるのもポイントです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-スタッキングチェア 4脚セット(11,800円)
スタッキング機能付きで空間を広く見せるよう収納できる

シンプルで使いやすいカフェ向け椅子を探している方に、おすすめです。価格の安さがポイントで、リーズナブルに揃えられますよ。メインの椅子として使うのはもちろん、いざという時の予備用椅子として用意するのにもおすすめ。スタッキングできるので省スペースに収納しておけます。

シンプルな見た目ですが、計算された設計なのもポイント。曲げ木技術による3次元曲面は、体を包み込むような大きな背もたれとなり安心感を与えます。デンマークで誕生以降60年経った今でも、世界中で愛され続ける美しいデザインです。

→商品詳細へ
タンスのゲン-リプロダクト ファブリックイームズチェア(5,999円
ファブリックと木製脚デザインで温かみのある北欧風カフェにピッタリ

ざっくり編みのダリアン生地を採用したファブリックチェアで、温かみと高級感を演出します。流行に左右されず、どの時代のインテリアにマッチする、シンプルな佇まいが魅力。椅子があるだけで、空間のセンスがワンランクアップするようなおしゃれなデザインがポイントです。

緩やかな曲線と細身の脚部も魅力です。木脚の美しさを引き立てて、空間に抜け感を与えてくれますよ。なめらかな曲線を描く座面一体型のシェル型デザインと、3cmもの高厚ウレタンのおかげで、身体に馴染むフカフカの座り心地を実現しています。

→商品詳細へ

まとめ

座り心地がよく手入れしやすいカフェ向け椅子がおすすめ

カフェ向けの椅子を選ぶポイントは、インテリアにマッチしたデザイン性と、思わず座りたくなる椅子の形状です。身体を預けてゆったりとした雰囲気にしたいならハイバック、足を伸ばしてリラックスできる雰囲気にしたいならローバックがおすすめです。また、さまざまな方が利用するので、手入れのしやすい素材選びも重要。カフェのコンセプトやイメージにピッタリあった、おしゃれで機能的な椅子を選んでくださいね。

前の記事 メッシュチェアのおすすめランキング!腰痛対策にも
次の記事 在宅ワーク向け椅子のおすすめランキング!長時間のテレワークにも