種類
akr21

種類


ラグマットの特徴





こんにちは!タンスのゲン本店スタッフの齋藤です。


今回は、多種多様なラグマットの特徴をいくつかピックアップしてご紹介します。


無垢材





【ラグマットの厚み】


ラグマットと一概に言っても、厚みは薄いものから厚いものまで様々です。


薄いものだと夏場などでも熱がこもりにくいもの、洗いえるものなどがあります。


厚めのものだと、防音効果や、低反発などのじんわりとやわらかく心地よいものなどがあります。




【素材】


無垢材

ラグマットの素材を大きく2つに分けると天然繊維と化学繊維に二分されます。


天然繊維は主に、ウール、絹、コットン等が多く使われています。


化学繊維はポリプロピレン、アクリルなどです。


化学繊維のラグマットのほうが価格的には安価に購入することができます。


素材を選ぶときの基準は、季節で選ぶのがベストです。基本的にコットンはすっきりと軽い素材で、春から夏に掛けて。


ウールなど動物の毛や毛足の長い化学繊維は秋から冬が最適です!





【タイプ】


無垢材

ラグマットには、毛足の長いものや短いもの、ふわふわした肌触りのものなど様々です。


毛足の短いタイプはお手入れが簡単で、掃除機でほこりなどを吸い取りやすく、人がよく集まるところに適しています。


毛足の長いタイプは毛の間にゴミが入り込みやすいですが、肌触りが非常に気持ちいいものが多くあります。


密度がありふわふわしたタイプは、保温性が高く、冬場などに適しています。



【機能】


ラグマットには、様々な機能があります。


洗うことのできるもの、ホットカーペットに対応しているもの、防炎機能付きのもの、


防臭防ダニや、防水など非常に多くの機能があります。


それぞれ使う予定の場所ではどういったことが起こりかねないかなどを考えて、


自分にあった機能性のものを選びましょう!



【形・サイズ】


無垢材

最後に、形・サイズについてご紹介します。


ラグマットの形は四角形、円形のもの以外にも、楕円形のものや、不規則な形をしたものがあります。


サイズは基本的には規格があり、100×140、140×200、200×200、200×240cmなどがあり、


それ以外の大きさは10cm〜20cm程の差で作られることが多いです。


サイズや形は選ぶ際に非常に重要なポイントとなりますので、敷く場所の広さなどしっかり確認し、選ぶようにしましょう!



http://www.tansu-gen.jp/SHOP/310571/list.html

ラグマット一覧はこちらから
GEN NOTE
footer 下線

頑張る家具屋 タンスのゲン は お客様第一主義 でご対応!


会社風景

タンスのゲンでは、お客様に本当に楽しんでショッピングして頂くために、
日々勉強、改善し、インテリアショップのプロフェッショナルとして「デザインのある暮らし」をご提供致します。
タンスのゲンでは、お手頃な価格にて家具・寝具・雑貨を販売しております。
通常は海外の生産工場から複数の仲介業者を通して家具や布団を仕入れるのですが、
当店は直接コンテナ単位で自社倉庫に仕入れている為、お手頃な価格での家具や布団の通販が可能となっております。
どうぞ安心して、ショッピングをお楽しみください。