種類
umou1204


羽毛布団 選び方

羽毛布団 選び方

羽毛布団の選び方

〜  羽毛布団の選び方  〜


軽く、暖かく、吸湿・放散性がよく、フィット感がある羽毛布団。

冬の寝具として、多くの方にとても人気があります。

タンスのゲンでは、100種類以上の羽毛布団をご用意させていただいております。

こちらのページでは、お客様によりぴったりな羽毛布団をご選びいただけるよう、

羽毛布団選びのポイントについて、ご説明させていただきます。



まずは、サイズを選ぶ

羽毛布団のサイズを選ぶ

まずは、羽毛布団のサイズには、どんなサイズがあるのか確認しましょう。
主に5種類のサイズがございます。
それぞれのサイズを知って、ぴったりのサイズの羽毛布団をお選びくださいね♪
サイズ 長さ 人数 ひとこと
シングルロング >> 150 210 1人 1人用のスタンダードなサイズ
セミダブルロング >> 170 210 1人用におすすめ!ゆったり眠りたい方や男性に
ダブルロング >> 190 210 2人 2人用のスタンダードなサイズ
クイーンロング >> 210 210 2人で眠るのにゆったりめのサイズ。
キングロング >> 230 210 2人でさらにゆったり。もしくは小さなお子様と3人で
★One Point★
包まって眠りたいから少し大きめのセミダブルサイズ、普段はご夫婦でダブルベッドをご使用いただいていても羽毛布団はシングル2枚で1人ずつ、などベッドのサイズにとらわれない選び方もありますよ♪
※実際のサイズは商品ページにてご確認ください。また、お布団は測る場所や測り方によってサイズが変わります。お布団サイズの測り方はこちらをご参照ください。

羽毛布団の特徴を知る

羽毛布団にはどんな種類がある?

羽毛布団の特徴を決める要素は、大きく「羽毛の品質」「生地」「構造」の3つに分けられます。

よりよい羽毛布団をお選びいただくために、
羽毛の品質」「生地」「構造」のそれぞれについて、ご紹介いたします。

■目次
 1.羽毛の品質で選ぶ
 ├ 羽毛布団と羽根布団の違い
 ├ ダウンの種類(マザーグースとは?)
 ├ 「寒い地域でとれた羽毛のほうが暖かい」は本当?
 ├ 新基準「ダウンパワー」とは?「かさ高」との違い
 ├ 羽毛布団の品質を決める用語集
 └ 品質がひと目でわかる!CILギャランティーラベル ★注目★

 2.生地で選ぶ
 └ ポリエステル生地と綿生地

 3.構造で選ぶ
 ├ キルティングについて
 └ オールシーズン!2枚あわせ羽毛布団

 4.迷ったらコレ!おすすめの羽毛布団 ★注目★


ポイント1:羽毛の品質で選ぶ

羽毛布団 と 羽根布団 の違い | 羽毛布団の選び方(品質)

羽毛布団の中綿には、「ダウン」と「フェザー」が利用されています。
ダウン比率が大きいものほどより高価格の羽毛布団となります。

 羽毛布団・・・ダウン50%以上 
 羽根布団・・・ダウン50%未満。フェザー布団


しかし、ダウンの比率が80〜90%を超えるものの方が保温性も高いと言えます。
より高価なランクの羽毛布団としては、93%95%というものがございます。

ダウン50%以上であれば羽毛布団という名前を表示できます。
羽毛布団の中綿には「ダウン」と「フェザー」が利用されています。
ダウン比率が大きいものほどより高単価の羽毛布団となります。

羽毛の量 | 羽毛布団の選び方(品質)

同じ品質の羽毛でしたら、量を増やすほど暖かくなります。しかし、重くなるために軽さが損なわれてしまいます。たとえば、お年寄りのかたは、寝返りがしづらいなどございますので、ご考慮にいれてお選びください。

ホワイトダック?マザーグース? | 羽毛布団の選び方

シルバーダック ホワイトダック シルバーグース ホワイトグース
羽毛の種類には、ダック(あひる)とグース(がちょう)の2種類があります。
グースの方がダックに比べ飼育期間が長く、ダウンボール(タンポポの綿毛のようなふわふわとしたもの)が大きくなり、より保温性に優れているといわれています。また、グースよりもダックのほうが羽毛布団特有の動物のニオイが強い場合もございます。(鳥の種類・飼育方法・飼育肥料などが関係していると考えられます。)
そのため、グースのほうが高級ランクの羽毛布団となります。

>>ホワイトグースダウンはこちら


世界最高峰 アイダーダックダウン

優れた保温性と軽さが特徴で、究極の羽毛布団とも言われます。

アイダーダックは自らの胸の羽毛をとって子育てに使い、 巣立ちのあとに人の手で集めるため、
他に類を見ない希少な羽毛といえます。
採取する量も限られており、一つの巣から得られる量はわずか20g。
世界で年間わずか約3000kg(お布団にすると約3000枚分)しかその羽毛をとることができません

アイダーダックの羽毛は、小さなやわらかい核心から放射状に広がる細かい羽枝でできています。
羽枝の先端がかぎ状になっていることから、一般的なダウンよりも羽毛同士が絡み合い、中の空気を閉じ込め、熱を逃がしません。

希少価値の高い羽毛布団 アイダーダックダウン
当店でもお取り扱いがございますので、世界最高峰の羽毛布団をお探しの方は、ご検討くださいませ。

世界最高峰アイダーダックダウン(アイスランド産)
アイダーダックダウン
シングル
998,000円 (税込)
アイダーダックダウン
セミダブル
1,180,000円 (税込)
アイダーダックダウン
ダブル
1,380,000円 (税込)

羽毛の産地について 「寒い地域でとれた羽毛のほうが暖かい」は本当? | 羽毛布団の選び方(品質)

経度の高い冷感地や寒暖の差の激しい地域で取れた羽毛の方が、
クオリティが高いとする業者もありますが、それらは訪問販売で羽毛布団が売られていたころからの根拠のない俗信です。

科学が発展した現在はもっと明確な形(ダウンパワーなど)で羽毛の品質が表すことができるようになっています。
ご購入の際には純粋な羽毛の品質とその内容の信頼性で比較されることをおすすめいたします。


「ダウンパワー」とは?「かさ高」との違い  | 羽毛布団の選び方(品質)

羽毛のかさ高性の国際的な評価基準として、「体積表示」が一般的になっており、
各布団メーカーもそれに合わせて表示方法を変更を進めています。
業界的な基準は、かさ高から、ダウンパワーに移行しました。

かさ高、ダウンパワーとはいったいなんだったのかを以下に解説致します。

かさ高はフィーリングパワーとも呼ばれ、羽毛自体が持つふくれる力を数値化しております。日本羽毛製品協同組合が定めた測定方法により、 羽毛の膨らむ力をcmで表します。30gの羽毛を内径29cmの測定器に入れ、120gの円盤を乗せて2分後に測定。 この数値が高いほど、羽毛布団としての保温力が高いとされています。
布団の厚みとは本質的に異なりますので、ご注意ください。

また、「ダウンパワー」とは、羽毛原料1g当たりのふくらみ具合を体積で表示したものです。
ダウンパワーの値が大きいほど、弾力性に冨み保湿力もアップします

これまでの「高さ表示」ではなく、「体積表示」になるので、
いままでより羽毛のボリューム感がイメージしやすくなりました





品質がひと目でわかる!CILギャランティーラベル | 羽毛布団の選び方(品質)

品質を決定するには、さまざまな要素がございます。
当店では多くの羽毛布団を販売しておりますが、ひと目でお客様に品質がわかるように
CILギャランティーラベルを採用しております。
CILギャランティラベル ダウンパワー かさ高 WWR-m
CILグリーンラベル CILグリーンラベル ★★ 240dp以上 100mm以上 170〜220
CILレッドラベル CILレッドラベル>> ★★★ 300dp以上 120mm以上 240〜270
CILシルバーラベル CILシルバーラベル>> ★★★★ 350dp以上 145mm以上 270〜290
CILゴールドラベル CILゴールドラベル>> ★★★★★ 400dp以上 165mm以上 290〜310
CILブラックラベル CILブラックラベル>> ★★★★★★ 440dp以上 180mm以上 310〜330

★One Point★
CILギャランティラベルは、財団法人「科学技術振興会」が運営する快適寝室環境研究所が発行する品質保証ラベルです。よりよい羽毛布団をご提供したいという思いから今年はCILギャランティラベル取得の羽毛布団をタンスのゲンでは多数ご用意させて頂いております。

1:羽毛の全ロット事前検査を実施
2:検査項目が豊富
3:従来の品質基準より厳しい基準値を設定
4:検査は全て検査室での再現性があり、検査後のトレースが可能
5:シリアルコードナンバーが発行され、台帳管理される


羽毛布団に使われる用語集・加工一覧 | 羽毛布団の選び方(品質)

用語 説明
WWR-m 対重量保温性(warmth to weight ratio)。羽毛原料1gあたりの軽暖性能。
かさ高 フィーリングパワーとも呼ばれ、羽毛自体が持つふくれる力を数値化したもの。日本羽毛製品協同組合が定めた測定方法により、 羽毛の膨らむ力をcmで表します。布団の厚みとは異なりますので、ご注意ください。
ダウン =羽毛。水鳥の胸に生えている胸毛にあたる部分。タンポポの綿毛のように、芯がない。吸湿発散性に優れており、軽くてたっぷりと空気を含んでいる。
ダウンパワー 羽毛のふくらみを1g当たりの体積(cm3/g)で表示したもの。ダウンパワーの値が大きいほど、弾力性に冨み保湿力も高い。
2枚あわせ布団 合掛けと肌掛けを組み合わせて使うタイプのお布団。分けてそれぞれで使うこともできるので、オールシーズン使うことができる。
羽根布団(フェザー布団) ダウン50%未満、フェザーが入っているお布団。通気性にも保温性にも優れている。
フェザー 水鳥の羽の羽軸をもっている弾力性のある部分。枕やクッションに使われることが多い。
(番外)スモールフェザー 水鳥の羽の羽軸をもっている弾力性のある部分。翼側の羽根とは違い、腹部などに生えている少しカーブした羽根軸を持つ羽根の事。普通の羽根布団よりも、お布団がやわらかく仕上がります。
羽毛の原料は輸入品になります。
羽毛布団の高い品質を保つメーカーでは、原産地の洗浄だけでは除去しきれない、
羽毛に混じった不純物や汚れを、国内洗浄しています。

さらに、国外から輸入したばかりの羽毛はぺったんこになっていますので、
より高品質な羽毛布団では、その羽毛本来の膨らみを復活させたり、
さらに臭いを軽減したりなどの加工が施されています。


羽毛布団の加工 説明
国内パワーアップ加工 日本国内たった13台のパワーアップマシンを使い、羽毛を丁寧にほぐし、きれいに洗浄し、羽毛ひとつひとつを丁寧に乾燥させ、本来の膨らみを取り戻す加工です。
オゾンスペシャルエイド加工 オゾンを利用し、科学の力で羽毛を除菌・除臭します。オゾンO3は、酸素O2に酸素原子Oが結合した構造です。オゾンは酸素原子1個(O)を放出して、より安定した酸素O2に戻ろうとする性質があります。その際に放出される酸素原子Oは、除菌や防臭の効力を発揮してくれます。オゾンは時間経過とともに、安定した酸素O2へ戻るため、全く残留物を残さないので安全な加工です。
アレルGプラス 花粉やダニの糞・死骸・ハウスダストなどに対応し特殊生成された無機塩をしようする加工です。有害物質ゼロで無害なので、加工を行った商品は赤ちゃんのいるご家庭でもご使用いただけます。



ポイント2:生地の種類で選ぶ

ポリエステル生地と綿生地 | 羽毛布団の選び方(生地)

一般的には、生地はポリエステル生地(TCC)と綿生地が使われています。
ポリエステル生地は、綿と比較すると、軽量生地になるため、よりふっくらと感じられます。しかし合成繊維となるため、静電気などが発生しやすく、吸水性が低いため、羽毛への水分移行が綿と比較すると悪くなります。

一方、綿生地のお布団は、ポリエステル生地に比べると重みがあります。 また、綿の中でも、綿の糸の細さによって、その肌触りが変わり、超長綿と表記のあるものは、特に羽毛布団の柔らかさを損なわない、高い品質のものとなります。

それぞれの特徴を比較し、お好みの生地をお選びください。


ポイント3:構造

キルティングについて | 羽毛布団の選び方(構造)

キルト
直接上の生地と下の記事を縫ってしまう
平キルトでは、締め切られた縫い目から
暖かな空気が抜け、外からの冷気が
入って来てしまいます。





立体キルトは表・裏記事の間に「まち」と呼ぶ生地を
入れて、表生地と裏生地を直接縫いつけてはいません。
まちを設けて箱型にすることで、キルティング部分からの
冷気の侵入を防ぎ、羽毛の偏りを防ぐ技法です。
平キルトでは、締め切られた縫い目から暖かな空気が
抜け、外からの冷気が入って来てしまいます。






表生地と裏記事の間に中布を設け、
キルトの縫い目が上下同じ位置に
重ならないように縫製されます。

オールシーズン活躍! 2枚あわせのお布団 | 羽毛布団の選び方(構造)

合掛け・肌掛け2枚をボタンであわせたり独立させたりすることで、1年中使いまわしがきく、機能的な掛け布団です。肌掛け・合掛け・2枚合わせの3パターンの暖かさを調節でき、季節毎の掛け布団の衣替えが楽になります。
収納場所が少ない、お一人暮らしの方や単身赴任の方には、特におすすめです。


お店 価格 で選ぶ

羽毛布団をご検討の際は、ぜひ、当店をご利用ください

タンスのゲンは、信頼できるメーカーと継続的に直接取引を行い、大量に仕入れ、もともと大型家具を中心に販売していたことからできた配送面への他店にはない工夫から、通常よりもお買い得な価格で、販売させていただいております。
また、当店には寝具・羽毛布団に特化した専門チームがあり、国内海外を行き来しながら多くのメーカーとタッグを組んでおります。本当に良いものをお届けしたいという思いから、専門チームのスタッフは老いも若きも、全力で、一生懸命、日々の商品企画・改善に努めています。

近年では、羽毛の値段が高騰しております。しかし、比べていただければわかりますが、当店の羽毛布団は安いです。問屋を介さず、メーカーから大量に仕入れ、大型家具の配送に試行錯誤し続けてきた当店だからできる配送面での他店以上の企業努力により、最安の価格での販売を実現しております。

どうして安いの
こちらの商品は、通常ならば工場から問屋、問屋から小売店へ通る過程を省き、
製造工場から直接大量に仕入れる事によって、余計なマージンをカットする
ことでお客様に安く提供させて頂くことができるようになりました!

※B品やアウトレット品ではございませんので、ご安心ください。




>> タンスのゲン取り扱いの 羽毛布団 はこちらから <<


>> 迷ったらコレ!おすすめの羽毛布団はこちらから <<


0120-861-373

●メールでのお問い合わせ・ご注文  
 24時間お受付しております、Eメールアドレスは以下になります。
 shopmaster@tansu-gen.jp

footer 下線

頑張る家具屋 タンスのゲン は お客様第一主義 でご対応!


会社風景

タンスのゲンでは、お客様に本当に楽しんでショッピングして頂くた為に、
日々勉強、改善し、インテリアショップのプロフェッショナルとして「デザインのある暮らし」をご提供致します。
タンスのゲンでは、お手頃な価格にて家具・寝具・雑貨を販売しております。
通常は海外の生産工場から複数の仲介業者を通して家具や布団を仕入れるのですが、
当店は直接コンテナ単位で自社倉庫に仕入れている為、お手頃な価格での家具や布団の通販が可能となっております。
どうぞ安心して、ショッピングをお楽しみください。