羽毛布団のお手入れ方法


普段の使い方
適正なサイズのお布団カバーをかけてご使用いただくことをおすすめします。 布団カバーをかけなくても使用は可能ですが、襟元の汚れが酸化した場合などはクリーニングなどでも除去は困難です。 またカバーをかけないときより、カバーをかけたほうが、暖かさ・保温力が向上します。

※タンスのゲン布団カバーの商品一覧はこちら>>
多くのお客様がアクリルもしくはポリエステル毛布をお使いの場合が多いため、毛布を羽毛布団の上にかけてお使い頂くことを推奨する場合が多いです。 それは羽毛布団の吸湿発散性・フィット性が通常の毛布より優れており、また上記の毛布がすべりやすいこともあり朝起きた時羽毛布団がどこかに行ってしまうという ことが起きるため羽毛布団の下に使用することに向かないことに由来します。 薄手の純毛毛布(アルパカ・カシミヤ)等十分に吸湿発散性を持ち、肌触りの良い毛布であれば、羽毛布団の下に入れてお使い頂くことがよい場合もあります。 お客様のお持ちの毛布の特性をご確認の上、羽毛布団の上にかけるか、中にいれるか検討いただけましたら幸いです。


羽毛布団を干すときには乾燥して、 風通しのよいところにところで陰干ししていただくだけで十分です。お部屋の中でも同条件が作れれば問題ありません。 羽毛布団の日光消毒などのために日干しされる方は、月に1〜2回、1〜2時間程度を目安にしてください。その際には、直射日光によって羽毛布団の側生地が痛まないように布団カバーを掛けたままの状態で干すことをお勧めします。

ほこりをとる目的で、羽毛布団を叩くのはおやめ下さい。羽毛布団の側生地が痛むとダウンプルーフ加工(目づめ)した部分から大切な羽毛が噴き出す原因になります。 また、羽毛自体が痛んでしまう原因にもなりますので、結局羽毛布団の寿命を縮めてしまいます。


羽毛布団を長期間保管する場合には、事前に十分に乾燥させて、カバーをはずし汚れ等を確認する必要があります。 汚れが大きい際にはお布団のクリーニングが必要になりますが、その場合羽毛が若干劣化することは否めません。大きな汚れができないよう、普段から布団カバーによる手入れをおすすめ致します。 羽毛布団の縫い目にたまったホコリなどは取り除いて、熱をもった状態であれば十分にさましてから収納を開始してください。

通気性に優れたケースをご用意頂くか、シーツなどの広い布を用意して、羽毛布団をたたんでいれて下さい。 羽毛ふとんは、ビニール袋などの通気性のないものに入れてはいけません。また、羽毛布団を圧縮袋に入れて保管する事は推奨できません。 保管場所も押入れの湿気が心配な場合は、押入の床とか壁にすのこを敷いてみてください。 布団の丸洗い(クリーニング)に出した時などは、ビニールの袋に入った状態で戻ってきますが、そのまましまっておきますと袋の中で蒸れて臭いがきつくなったり、羽毛自体の品質の低下を招くおそれがありますので、 必ずビニールの袋か出して通気性の良いものに入れ替えてしまってください。

布団の中身の羽毛自体には製品化の工程で、殺虫・殺菌処理がしてあります。そのため虫がわく心配はございませんが、 湿度の高い押入れなどではダニが発生して布団の表面に付くことがあります。次のシーズンに使った時、布団の表面に付いたダニに刺されない為ににおいの少ない防虫剤を入れて置くことをお奨めします。

シングルサイズの場合は長さ方向に3つ折り(ダブルサイズは4つ折り)にして、細長くたたんだ羽毛布団を両サイドから3分の1のところで内側にたたみ込むと コンパクトに収納することが可能です。
無理に押しつぶしたり、他のものを上から重ねた状態で収納すると、羽毛が潰れて品質が低下します。羽毛自体のパワーが無くなって広がらなくなり空気の層を作れなくなってしまうのです。上記の理由から、必ず保管する場所は押入れに入っている品物の一番上にしまってください。湿気などの面からも、下の段より上の段にしまう事をお奨めします。




快適な羽毛布団をご利用いただくために

羽毛布団をお探しですか?


footer